高槻 平田奈津美さん殺害事件、星野凌斗さんとプチ家出中に事件が起きていたことが明らかに


殺害された平田奈津美さんは12日夜に男子生徒と2人で出かけたとみられ、そのまま行方不明になった。

 平田さんが通う市立中木田中学3年の女子生徒は平田さんの姉と仲が良く、13日未明に平田さんとLINEでメッセージのやり取りをしたという。

 女子生徒によると、午前1時20分ごろ、「はよかえらんと」「おこられんぞ」と送信すると、男子生徒と一緒にいるとしたうえで「大丈夫」「野宿しようとおもう」と返ってきた。女子生徒は「そーなんや笑」「あほや、あめやで」と送った。

 午前3時過ぎには「おやするみー」(おやすみなさい)と連絡が入った。女子生徒が午前6時11分に「おやすみー」と返信すると、「おそ」(返事が遅い)「爆笑」などとコメントが入った。これが最後のやり取りだった。

via: <大阪少女遺体>被害者「野宿する」13日未明友人にライン (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

一緒に行方不明になっている男子生徒が事件の鍵だと思ってたら、やっぱり二人で出かけていたそうで。

今時の小中学生ならいわゆる「つきあってる」なんてのも普通なんだろう。

多分、二人で何かをきっかけにプチ家出していて事件に発展したんだろうけど、個人的には未だに見つからない男子生徒が犯人じゃないかと。

 

この夏休みに深夜に出かけられる環境にあったってことは、もともと何かを理由にして夜出かける機会のあった子だろう。

だとしたら変質者が夏休み限定で子供を誘拐して殺した、たまたまその被害にあったとは考えにくくなっちゃうわけで、少年がトラブルを抱えていた友人たちが何かで群がってやってしまったのか、深夜野宿中に喧嘩になって殺してしまったのか二択だろう。

 

車を出してくれた人が居たっぽいあたりから、単純に神戸首切り殺人みたいなものとはいえない。

察するに、被害者の少女が普通の子だったとしても、一緒にいなくなっていた少年が猟奇的な構造の不良少年だったのか。。

 

事件がどういう内容にせよ、少年少女の深夜徘徊はろくな結果を生まないという典型例になってしまった。

 

塾だったり、遅くまで電車のある環境だったり便利のいい都市生活になればなるほど日が暮れてから出かける言い訳の材料は増えていく。

門限はやっぱりそういう理由に振り回されて変えてはいけない基準の一つってことなのだろう。

19時位を門限にして、それを過ぎたら警戒するようにする方があらゆる意味で得策なわけだ。

 

さて、今警察が必死で探しているはずの星野少年。

予想通り彼が犯人なのか、それとも犯行した奴らにさらわれて未だに監禁されているのか。

 

見つかった後の報道内容はすごく気になるね。

 

 

高槻 平田奈津美さん殺害事件、星野凌斗さんとプチ家出中に事件が起きていたことが明らかに crime sexcrime jiken

 

まぁ、十中八九いなくなってる少年が深く関与した少年猟奇犯罪なんだろう。
さて、何人捕まるのか・・・

 

 

高槻 平田奈津美さん殺害事件、星野凌斗さんとプチ家出中に事件が起きていたことが明らかに crime sexcrime jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

男子生徒は黒の半袖Tシャツにメッシュ地のワイシャツを羽織り、黒の短パンをはいていた。黒のショルダーバッグも身につけていた。

 2人は12日午後9時過ぎ、自宅近くのコンビニ内で一緒にいる様子が、店内の防犯カメラに映っているのが確認されている。2人の目撃情報はこれが最後になっていた。男子生徒は親族との無料通信アプリ「LINE(ライン)」のやり取りで、京都方面に出掛けていることをほのめかしていたという。また、男子生徒の母親は警察に「(息子は)友人関係でトラブルがあった」と説明しているという。

 府警は15日未明、2人の携帯電話が発する電波をもとに位置確認をしようとしたが、いずれも電源が切れていた。同日正午ごろ、男子生徒の行方を捜していた母親が、京阪寝屋川市駅の駐輪場で男子生徒が使っていた黄緑色の自転車が放置されているのを見つけた。

 平田さんの遺体は13日午後11時35分ごろ、配送業務を終えた物流会社の男性従業員(53)が見つけた。顔全体は粘着テープで何重にも巻かれ、両手首も同一とみられるテープで縛られていた。左腕、左胸、左腹部、左脚に30カ所以上のカッターナイフなどによるものとされる傷があった。

 死因は粘着テープなどで口や鼻を塞がれたことによる窒息死で、発育状況から8〜15歳くらいの少女とみられていた。平田さんは発見約4時間半前の午後7時ごろに亡くなったとされる。府警は殺人・死体遺棄事件として高槻署に捜査本部を設置している。

 

via: 大阪女性遺体:中1少女と確認 同級生少年も不明 – 毎日新聞

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • こたろう
    • 2015年 8月 18日

    ピンクのポーチ持ってたらしい男の子は犯人とはかなり思えない。日中にいなくなったみたいだし、やるなら夜やればよかったと思うし。顔見知りの線は捨てきれないけど、でも2人とも人のよい情報が多いから知らん人にもついてくかもしれない。知らん人だと犯人は見つけにくいね。2チャンで日曜くらいに書き込んでた奴が犯人だったら見つかりそうだけど、複数犯っぽいのに1人が何思ってか書き込みするのは変だしやっぱ偽物なんでしょね。

    • こたろう
    • 2015年 8月 19日

    男の子は生きてる、しかもうちにいそう。ということで既に出てきた人物の中で選べば男の子の母親が一番怪しい。彼氏みたいな奴がグルということで動機はDQNと男(息子)好きがばれてること、いわゆる彼女が見た目嫌だったとかそういう理由。だったらすぐ解決するのにな

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 8月 28日

    ここまで的外れな推理できるってすげえな。
    アホ過ぎだろ。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る