多摩川河川敷リンチ殺人 殺害された大師河原中 上村遼太君、血が付いたカッターや結束バンドなど関係する遺留品発見


川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で同区大師河原、中学1年上村遼太君(13)が遺体で見つかった事件で、現場から数十メートルの場所で大量の血とともにカッターナイフの刃が見つかったことが、捜査関係者への取材でわかった。

 付近の防犯カメラには、上村君に似た人物が複数人と河川敷に向かって歩いている姿が映っており、県警は交友関係を中心に捜査している。

via: 河川敷にカッターの刃と大量の血…中1殺害 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

 

首を切っただの刺しただのというので、てっきりナイフかと思ったらカッターが見つかったそうだね。

普通にワルガキだったらナイフくらいなにか持ってるんだろうと思うんだけど、今時はそんなこともないんだろうか?

 

俺子供の時は釣りが趣味のやつ多かったし、釣った魚を〆るためにとりあえずナイフ持ってる奴多かったけどな、俺も持ってたし。

研ぎ屋が趣味で作ったガチで切れるナイフを持っていて、ナタみたいに使えるやつと二本、アウトドアで遊ぶときに携帯していたw

 

周囲の同級生や学校関係者の話によると、不良っぽいやつのグループとツルンで遊んでいたというけど、ひょっとしたらいじめられてたんじゃないだろうか?

 

隠岐の島だとかから川崎に出てきたなんて言うのは、文字通り天変地異に近い環境変化で、朴訥すぎていじられキャラとして狙われやすいところがあっただろうなと思うんだよな。

そういうところにつけこまれてワルガキのパシリにされてたんじゃないだろうか?

 

同級生の女なんかとLINEで友達とか多かったらしいけど、アホ同士のそういう輪に踏み込んでしまって揉め事に発展したのかもしれない。

 

俺も同じくらいの年の時に、上級生の悪い奴の彼女のパンツを拝見しようと思ってスカートをまくりあげたりして、揉め事になってしまったことがあるのを思い出す。

やっぱり呼び出されて複数人数に囲まれて超怖かったな。

自分の女の乳首を摘まれたりしてガチで切れていたし。

 

こういう時に呼び出された真面目な学生さんは遠慮してはいけない。

どうせ相手はワルが売りの将来チンピラ確定みたいなアホなんだし、ハンデをもらうってことで謝るふりをしながらいきなり石で殴ったりして本当に死ぬぐらい殴ってやったほうがいいと思う。

 

どうせ勝っても負けても一回じゃ終わらないから、倒れてうずくまったところを3,4発情け容赦なく蹴るぐらいのことをするくらいの覚悟でね。

そこまでやったら相手もビビリ上がってさすがに諦めるから。

 

出来ない人は呼び出しに応じてはいけないし、家の人はかかってきてる電話で様子がおかしいのがあったら、子供を家から出さないようにした方がいいと思うね。

 

今回この上村くんという子を呼び出した先で、結束バンドまで用意してたってことは、何かしらのトラブルで相手は殺すつもりで用意してたってことだろう。

殺すってカッコつけて言って、引込みがつかなくなってたんだろう。

周りのバカガキどもも「じゃぁ殺してみろよw」なんて言ってたのがマジになって今頃ドン引きだろう。

 

電話に出なくなったり、LINEを無視したりしてFOに必死のはずだ。

週明けにすぐ逮捕されて終わりなんだろう。

逃げようとしてもFOした奴がどこかで口滑らせて必ず捕まるよ。

 

 

多摩川河川敷リンチ殺人 殺害された大師河原中 上村遼太君、血が付いたカッターや結束バンドなど関係する遺留品発見 crime syounen jiken

 

川崎なんか田舎だ、とか埼玉は田舎だ、というけど、本当の地方を関東は舐めてるよね。
さいたま新都心とか超都会だと思うんだけど。
千葉が田舎?そんなバカな、ははは・・・・

 

 

多摩川河川敷リンチ殺人 殺害された大師河原中 上村遼太君、血が付いたカッターや結束バンドなど関係する遺留品発見 crime syounen jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

上村さんの通っていた川崎市内の中学校では同日午後、校長が取材に応じ、「言葉が見つからない。明るく元気で人懐こく、友達が多かった」と沈痛な表情で語った。

 校長によると、上村さんは昨年4月の入学直後は遅刻もなくバスケットボール部に所属していた。しかし、夏休みごろから部活に顔を出さなくなり、1月からは1日も登校しなくなったという。心配した担任が数度自宅を訪問したが、外出していて会えないことが多く、今月16日に担任が電話した際には、落ち込んだり悩んだりしている様子はなかったという。

 関係者によると、上村さんは小学6年生だった2013年9月、隠岐諸島の西ノ島の小学校から川崎市内に転校してきた。卒業文集では、島根時代の思い出として「川崎の海よりすき通った青色」の海を挙げ、給食に出された島名産のイカ焼きについて「今でも食べたくなることがあります」と書いた。中学校での生活については「バスケ部に入り、エースになれるようがんばりたい」「国語や算数をがんばって、計算や漢字をできるようになりたい」と期待していた。

 中学校で上村さんと同じクラスの女子生徒(13)によれば、クラスになじめていない様子はなく「休み時間に友達とよく廊下で遊んでいた。とてもショック」と声を詰まらせた。上級生からも可愛がられ「カミソン」の愛称で呼ばれていたという。同じアパートに住む40代の女性も「あいさつをきちんと返してくれる素直で明るい子だった」と話した。

 一方で、同級生らによれば、昨年秋ごろから同じ中学や近隣中学の上級生グループと一緒にいる姿がたびたび目撃され、昨年10月ごろには左目周辺に殴られたようなあざができていたのを見たことがあるという。

 

via: 多摩川中1殺害:愛称カミソンの死 同級生「ショック」 – 毎日新聞

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 偏り見る者
    • 2015年 2月 22日

    これは予測が全く利かなくて何も言えないですね。

    犯人が本物のアホだったら(ワルとしての)メンツやプライドを加味しても、
    客観的な視点を考えた行動なんて出来ないでしょう。
    普通いじめ系の事件でとるに足らない相手だと考えるのなら武器の使用は限り無くダサい行為ですが、
    そもそもそこまで考える頭があるのかどうかの話で。

    昭和前半もこんな感じで簡単にいじめで殺してしまう状態だったらしいですが、
    もしかしたら社会自体が先祖返りしているのかもしれません。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 22日

    川崎と言えば朝鮮人ですよ

    • 仏眼仏母
    • 2015年 2月 22日

    迦陵頻伽 :
    川崎と言えば朝鮮人ですよ

    寝ても覚めても朝鮮人のことが気になるのなら、
    お前らの理想を体現した北朝鮮に移住しろよ
    お前達なんかいなくなっても、日本の損にはならないし、
    それどころかいなくなった方が社会奉仕ってもんだ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る