在特会 会長の桜井、大阪で橋下市長に泣かされるの巻 差別主義者の屁理屈と議論する必要なし、これこそ正しい対峙の仕方


橋下市長は「政治的な主張までやめるよう言うつもりはない」と述べた。面談は報道陣に公開される予定で、「(在特会が)めいっぱい宣伝に使うだろうが、いい加減なことをするなということだけは言っておきたい」と強調した。

via: 橋下市長、在特会との面談で「“いい加減なことするな”とだけは言う」:イザ!

 

人種差別主義者と議論してはいけません、というお話で、今回橋下市長がやった対処は非常に正しい対峙の仕方だ。これこそ差別野郎をあしらうお手本だろうね。

どいつもこいつも基本的に間違ってるのが、こういう差別がテーマで活動してる奴と「議論」なんかしたって無駄なんだよ。

 

在日特権がどうとか、自分たち自身が掲げていたものに間違いがあってもまたなにか違うものを引っ張り出してきてつべこべ言い始めるだけできりがないよね。

それはなんでかって言うと、こいつらは理論で活動してるんじゃなくて気持ちで活動してるからで。

在特会にせよネトウヨにせよ、「俺の気持ちを聞いてくれ」「誰か俺を納得させてくれ」とキチガイが喚いてるだけだからなんだよ。

 

こんな議論をして、相手の言い分を全部論破したら「俺明日から差別をやめます」「今までの差別を反省して撤回します」っていうのか?

「それでも朝鮮人は得をしている、日本から出て行け」しか言わないし現実にそうなってるよね。

相手にする奴が馬鹿なんだよ。

 

つまり、議論するということで彼らのわけの分からない「気持ち」に付き合う時点で「この活動を通じて俺たちの気持ちを聞いてもらえる」と勘違いさせて余計舞い上がらせる結果になるわけで、突き放し見下し馬鹿にするのが正しい対処方法なんだよ。

度が過ぎたら痛い目に遭わせる、これも必須だ。

世間的にありがちな意見としては「無視すればいいじゃん」というのもあるけど、無視したら発言を許されたとみなしていつまででもしゃべり続けるよね。

 

そういう点ではカウンターデモとかああいうストリートパフォーマンスは失敗してるわけで、むしろカウンターとのやりとりを目的にしてザイトクが活動を肥大化させる一方だった。

本筋で言えばああいうチンピラに反差別なんか任せておくのがおかしい訳で、ああいうチンピラが日本の中心で差別を叫んでいたから人数が集まらず閑散としていた。

いいところだけを見ればこういうふうにも見えるけど

在特会 会長の桜井、大阪で橋下市長に泣かされるの巻 差別主義者の屁理屈と議論する必要なし、これこそ正しい対峙の仕方 politics yakunin netouyo

 

実際はこの程度なわけで、口だけで実効性は伴ってない。

 

本当は世間的に影響力を持ってる人を巻き込んで排除していくのが一番なんだよどう考えたって。

「俺達がこうする前にあんたなにやっていたんだ」と気軽に抜かすけれど、今までじゃなくてこれから何をするかが大事だし、今までやってなかった人がそれを理由に彼らに代弁を委託しなきゃいけない筋合いはないんだよ。

 

何もしてなかった代わりに、その殆どの人は誰かがカウンターしなくても人種差別を軽蔑する常識を持っているし、自分がそういう連中の仲間入りをしないモラルだって持ってるはずだよね。

そういう人が「差別主義者の屁理屈には一切とりあわない」という態度を示すだけで十分効果的。

 

なぜなら政治家はそこに票田を見出して活動するからだ。

安倍晋三や松島・山谷・高市を見ての通り、票になると思ったらネトウヨの仲間入りをして在特会の仲間になっているという現実がある。

それはつまり発信して実像を露わにすることで即座に反対にも転ぶというわかりやすい証拠なんだよ。

 

お為ごかしのストリートパフォーマンスごっこなんかほっといて、マジョリティーはコモンセンスを持っているということを示す事こそが大事なんだよ。

そのためにもっとも重要な手段が「差別を黙殺し」「存在自体を一切認知しない」という毅然とした姿勢を一人一人責任持って示すことだ。

 

全然支持してないけど橋下市長の今回の対応は、反応はわかれるのかもしれないけど立派だったと思う。

ついでにカピバラをぶちのめせば最高だったのにねw

 

 

在特会 会長の桜井、大阪で橋下市長に泣かされるの巻 差別主義者の屁理屈と議論する必要なし、これこそ正しい対峙の仕方 politics yakunin netouyo

 

まぁ、この手の差別フィーバーも安倍の退陣とセットで具現化するんだろな。
その時には彼らの大好きな法律も書き換えられてるだろよ。
政権交代の前後に真っ先に血祭りにあげられるのは禿や紅衛兵だからな。

 

 

在特会 会長の桜井、大阪で橋下市長に泣かされるの巻 差別主義者の屁理屈と議論する必要なし、これこそ正しい対峙の仕方 politics yakunin netouyo

 

↓関連記事↓

 

 

 

デモで民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)問題をめぐり、大阪市の橋下徹市長は20日、市役所内で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長と面談した。橋下市長は在特会がデモで在日韓国・朝鮮人を批判していることについて「民族をひとくくりにして評価する発言はやめろ」と言い、桜井会長は「言論の自由を否定するのはやめろ」と反論。双方が怒号を飛ばした議論は平行線に終わり、10分弱で終わった。

 桜井氏「あんた」

 橋下市長「『あんた』じゃねぇだろ」

 桜井氏「『お前』でいいのか?」

 橋下市長「お前なぁ」

 桜井氏「『お前』って言うなよ」

 橋下市長「うるせぇな、お前」

 数メートル離れて着席し、向き合った2人は冒頭から呼び方をめぐりヒートアップした。激高した様子の桜井氏が突然、立ち上がって橋下市長に近づき、周囲で警戒にあたっていた警護の警察官たちが一斉に制止に動く。面談は終始、険悪な雰囲気で行われた。

 橋下市長が7月に在特会側のデモについて「表現の自由を超えたひどいもの」などと批判したことがきっかけとなり、この面談がセッティングされた。

 「(在日韓国・朝鮮人に関する)制度に文句があるなら国会議員に言え。参政権を持たない人に言っても仕方ない」。橋下市長は桜井氏に対してこう主張し、「お前みたいな差別主義者は大阪にはいらない」と不快感をあらわにした。

 桜井氏も「国会議員には言っている」「誰が差別主義者だ」「(韓国側が)日本人をひとくくりにして誹謗(ひぼう)中傷をやるから闘っている」と応酬。双方が怒気をはらんだ声で言い合いを続けたが、橋下市長が10分弱で事務方に「もう終わりに」と言って打ち切った。

via: Yahoo!ニュース – 橋下市長VS在特会 「お前って言うな」怒号飛び交い、面談10分弱で終了 (産経新聞)

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 名無し
    • 2014年 10月 21日

    この桜井さんって人、ゴロツキじゃないですか(笑)
    あんた、お前でキレないよ普通。
    不思議なのが、この在特会?でしたっけ。
    何でヤクザの所には批判に行かないんですかね。
    朝鮮人のヤクザがたくさんいるんでしょう?
    よりによって、朝鮮学校の子供や世間体を気にする大企業…わざとですかね?

    • gundari
    • 2014年 10月 21日

    @名無し さん

    わざとでしょうね。
    殺せ殺せ言うなら自分で勝手にやれよって思います。
    自分でできないことを人のそそのかす腰抜けですよ。

    • とらふぐ
    • 2014年 10月 21日

    不良が学校の窓ガラス割って喜んでるのと一緒だよ。
    無視するとつけあがるし理屈を説いても聞く耳を持たない。
    ダメなもんはダメとげんこつするのが一番さ。
    管理人が前に言ってたがネトウヨは戸塚ヨットスクールにいれて更生させてやるしかない。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 10月 21日

    桜井「朝鮮人は一番醜悪な人種」

    これ聞いて在特会ってマジでヤバいんだなって察したわ

    • kum@
    • 2014年 10月 21日

    今回はあんまり同意できないなあw
    なんとか無罪じゃないですけど、この手の輩は関わるだけ無駄なので、最初から対峙しないのが正解だと私は思います。
    メディアへの露出が少なくなってきたからここらで一発カンフル入れようと思ったのかもしれませんが、
    対峙する相手は最低限選ばないと…。

    • gundari
    • 2014年 10月 21日

    @kum@ さん

    ネット上での共有知では「ザイトクは話にならない」「やばい」とあっても、いざ大阪市民としてみたらどうでしょうね?
    実際は毎日やっててみんなが目撃したものじゃない以上、危機感としての何かは持ってないだろうし、年寄りはもっとそうでしょう。

    その中で、今から市議会や府議会でザイトクなどのヘイトスピーチの対策を推進する上で、必要なのは「ザイトクが大阪で活動をしている」「どうやら話し合いの余地がない相手らしい」という府民の認識じゃないですかね?

    実際、「ヘイトを解決する条例を通しました」と言って、その認識がない場合「そんなこと知らないよ」となるから政治家は今までほったらかしてきたわけです。
    遠い東京やネットの中の話だと薄ぼんやり思ってる人はそれを実績だと認識しないわけですから。

    このステップを踏まないと出来ないことって沢山あると思いますよ。
    政治家は基本、「実績」を積み上げて選挙に勝たなきゃいけないわけですから。

    • てへっ
    • 2014年 10月 21日

    一市民団体(笑)が、政党の代表&市長と差しの面談が出来ただけでも桜井の勝ちだろ

    カウンターの女王様は、会ってもらえないの?

    • 虚空
    • 2014年 10月 21日

    個人的には桜井を徹底的に論破して、ブチ切れた桜井が「で、で、でも在日が悪いんだぁッ!」とまで言わせれば、桜井の主張が論破された事と、桜井のその見苦しさ故にネトウヨを辞める奴が結構出て来るんじゃないかと思うんだけど。
    桜井が問題なのは、在特会として活動を続けてる影響で一般人がネトウヨ化してきてて、その数が段々と増えてきてる点にあると思うし。
    桜井が完敗すれば、どんなに活動しても一般人に全く相手にされない理想的な状況になるだろう?

    • 愛国左派
    • 2014年 10月 21日

    桜井と高田って人、同一人物だったのかよ…

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 10月 21日

    途中、桜井が「SPに守られるなんて卑怯だ」といった旨の発言をしているが、実際に守られているのは彼の方だしその事を彼自身が一番よく理解している。橋下市長に詰め寄ることで乱闘も辞さない”覚悟”があるかのように演出をしているが、所詮は自分が市長に近づけば誰かが止めてくれるという卑怯な算段の上でやっているだけだ。こうした作戦は衆目のなかで闘争する際の基本である。だが俺は彼の事を心から軽蔑する。彼は映像の中で再三「おとこ」という単語を発しているが、この人物に男を語る資格は無い。

    • とらふぐ
    • 2014年 10月 22日

    @てへっ
    ↑↑
    このてへっって奴まさに不良が学校の窓ガラス割って喜んでるのと一緒だよね。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 10月 23日

    桜井がどう勝ったんだろうな?
    いったいなにをもって勝ちというんだろ?
    意見交換会だったはずなんだが、桜井側の意見はいったいなんだったのか
    特に何かを言いたかったわけでもなくひたすら喧嘩を売りにいっているようにしかみえない。

    んで、これって大阪府のヘイトスピーチ規制について桜井にとっては意見を述べる場だったはずなんだよね。
    それが喧嘩売ってきて勝ったのはいいけど、あの有様みれば話が通じないから
    問答無用で規制条例作られて在特会の活動に制限が加えられる明らかな負け以外の結果がでると思えない。

    というかだな、勝ちっていうことは在日特権を許さない活動に
    ヘイトスピーチって必要不可欠な要素だと在特会は認識しているのかもしかして?
    あるいはそれになんらかの効果があると?
    朝鮮人もやってるじゃないかとかバカそのものの発言してるんだが
    あいつらのヘイトスピーチを聞いて、日本人は彼らの言うとおりにすべきだとか考えたりするのか、桜井は?
    要するにヘイトスピーチに頼っている時点で”負け”だろw

    • ルイー痔
    • 2014年 10月 23日

    この団体は頭がおかしいので論外として

    相手がどうあれ市長が公の場でお前よばわりするのは公人の意識に欠ける
    もう少し時間を長引かせてこの会長からもっと非常識な部分を引き出すしたたかさにも欠ける
    この面談内容は薄い。
    わざわざ時間作って期待させてるんだから薄めたコーヒー出すなよと。

    維新の伸び悩みも慰安婦発言での海外からの批判も、この面談も、能力成果あるなし全部ひっくるめて「ああ橋下だね」というレベル。

    でもこれが大阪だとなんとなく納得。「ああ大阪だしね」

    • halalanland
    • 2014年 10月 24日

    在特会ですか

    主張はともかく過激な発言・表現が度を越していることがあり、眉をしかめる場面がある
    私のように保守的立場であっても いささか賛同しかねる存在です

    しかし一方の橋下氏の対応は より子供じみていた
    あれでは、ディベートもまともにできない馬鹿ですと宣伝してるようなものです
    賢い人だと思うのですが、どうしてあんな対応をしたのだろう
    何か狙いや考えがあってのことなんだろうか と訝しみます

    長い目で見たとき 彼の政治生命を縮める結果になるでしょう
    表面的には 今回の醜態で、確実に批判やアンチを新たに生みました

    彼いわく 自分が不利だと感じた場合の戦法は、
    感情的になるように誘導し
    双方が無益で進歩のない罵り合いをする状態に持ち込んだうえで
    こんな話し合いは無意味だからやめましょう と相打ちに持ち込む

    それは負けられない論戦の手法として解らなくもない 彼は元々弁護士ですしね
    ただ今回はちょっと相手と舞台、双方の肩書が悪い
    冷静な一般人にも公開される舞台で、相手と同じ高さで、公人としてそれをやったら
    それはもはや ただの子供の癇癪でしょうに

    どうせ水と油の話しかできないのだから、そもそも会っても仕方ないと思いますが
    会うと決めたのなら、会うで、もうちょっと対応の仕方があったと思います
    きちんと論点を整理して 広くどちらがより冷静で公平かをアピールするべきでした
    そのほうが世論を味方につけ 在特会にも過激な行動の自制を促せた
    いろいろと良い方向に物事が進んだと思いますが

    gundari氏は今回の橋下氏を評価しているようですが、
    私から眺めますと 今回の橋下氏はちょっとばかみたいでした
    そういう評価も少なくはないんじゃないかと想像するので 一石を投じます

    前回は途中離脱すみませんでした
    その後の話がわりと有意義に進んでいたようなので あちらでは以後余計な発言は慎みました

    • gundari
    • 2014年 10月 24日

    @halalanland さん

    どうせ維新の会はこのまま沈没するだけですし、せいぜい「地方名物」の枠で橋下が生き残るだけだと思うんですよ。
    だから橋下氏の政治生命なんかどうでもいいし、むしろ消える前に何か一つくらい役に立てよって観点で見れば、「あー、朝鮮連呼してる奴って話にならん奴らなんだな」ってしっかり知らしめた効果はでかいと思いますよ。

    結局、在特会とかそういうのが少々デモをやったところで、遠い話なんですよ、大多数んの人にとってはね。
    テレビという形でお茶の間に登場した意味はでかい。

    無関心こそああいうクズのいい肥やしなんだから。

    • 虚空
    • 2014年 10月 25日

    桜井がどんなに朝鮮人の過去の罪や政府の悪行を挙げ連ねても、「それで民族をひとくくりにして批判するのはヘイトですよ。裁判所もそれを認めたでしょ。それをやめろって。」でおしまいなんですよね。
    それにしてもネトウヨは中国の「族誅」を批判するくせに、自分らは「朝鮮人の罪」として民族単位で批判してんだから笑ってしまいますな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る