和歌山小5殺人 被疑者の中村桜洲、取調べ中に机の上で仁王立ちなど異様な行動 学生時代にいじめ被害の噂


キチガイすぎる言動に鑑定留置も検討、空気を読まない言動がネトウヨを彷彿

 

和歌山県紀の川市で小学5年森田都史(とし)君(11)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された無職中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)が県警の取り調べで、机に上って仁王立ちになるなど不可解な行動をとっていることが捜査関係者への取材でわかった。

 中村容疑者は身柄を移送される車両内でも、ほおを膨らませるなど不自然なしぐさをしており、捜査当局は刑事責任能力の有無を調べる精神鑑定のための鑑定留置を検討している。

 捜査関係者によると、中村容疑者は7日未明の逮捕後、取調官との雑談には応じているが、取調官と向き合って座る机に急に上がり、胸を張って背筋を伸ばす仁王立ちのような姿勢で1時間近く立ち続けることがあったという。

via: 取り調べ中、机の上に仁王立ち…男児殺害容疑者 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

 

ひきこもりのネトウヨだった中村被疑者も、その上にキチガイというコンボまでついてたらしく、机の上で仁王立ちというね。

おまわりもどうしていいかわからないだろう。

『おい、お前17:21分の時点でどこに居たんだ?』とか取り調べしてたら、突如机の上に上がって仁王立ちでそっくり返られて、普通頭抱え込んじゃうよ。

 

ナタらしき刃物も特殊形状という報道をされているけど、ミリオタなんかの好きそうな雑誌に載ってるような、山刀とかまたぎ用の動物の解体でも出来るようなナタだったんだろ。

ネトウヨ、ミリオタ、キチガイ、人殺しと役満にドラがついたような恐ろしい状態で、これは親御さんも気の毒すぎて同情してしまうね。

自分が犯罪者にならないという選択はできても、犯罪者の家族にならないという選択はできないからね。

 

子が親を選べないのと同じように親も子を選べない。あるいは兄弟姉妹を選ぶことはできない。

多分、色々と中傷されて大変な目に遭うんだろうけど、宗教がそういう精神の闇に何が出来るかといういいきっかけかもしれない。

早まったことは考えずに今回の経験を今後の活動に活かして欲しいところだ。

 

ところで、この中村という容疑者は、どうも高校時代に壮絶な虐めにあっていたらしく、公開オナニーさせられただとか、和歌山から大阪までたこ焼きを買いに行かされるというタカリの使い走りをやらされただとか、ひどい目にあってたという噂があるね。

 

ジャージ被されてサンドバッグにされたり、習っていた柔道の部室で公開オナニーをさせられた挙句袋叩きとかだったらしい。

すごく不思議なんだけど柔道のシゴキって半端じゃないし、いじめが一番ひどいね。上下関係厳しいし。

 

立ち技系はそういういじめめいたこともないし、上下関係が緩いのと対照的な気がする。

絞め技の稽古で後輩を落とすまで締めたり、むちゃくちゃをやっている。

あれ、脳が一時的に酸欠になるから絶対ダメなんだけどな。

 

柔道は確かに汎用的で強い格闘技で、相当の心得があるやつ以外は簡単に手玉に取れる。

しかしそういう周辺環境のせいかバカの量産マシンになっているし、環境のせいでモラルが下がって、練習のせいでがに股の短足になるリスクも併せ持っている。

 

あんまり熱心に柔道なんかやらせて、親より頭が悪いガキを育ててもしょうがない。

子供の部活選びもその辺しっかりアドバイスした方がいいと思うな。

 

 

和歌山小5殺人 被疑者の中村桜洲、取調べ中に机の上で仁王立ちなど異様な行動 学生時代にいじめ被害の噂 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

一番いじめられて絞め技の練習台にされてた奴も、年々バカになっていたなぁ。
部活の環境がどんな感じかしっかりチェックしなきゃ。

 

 

和歌山小5殺人 被疑者の中村桜洲、取調べ中に机の上で仁王立ちなど異様な行動 学生時代にいじめ被害の噂 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

和歌山県紀の川市で小学5年生の男児(11)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)について、精神状態を調べるための鑑定留置をする方向で検討が進んでいることが捜査関係者への取材でわかった。

 鑑定留置は専門医による精神鑑定のため、容疑者を一定期間、専門施設に留置するもので、起訴前に地検が裁判所に請求することがある。中村容疑者は雑談には応じているものの、裁判員裁判で刑事責任能力の有無が争点となる可能性も見据えて鑑定留置が検討されているという。

 県警によると、殺された小学5年生の森田都史(とし)君は5日午後4時15分ごろに襲われたとみられている。遺体には約10カ所の傷痕があり、胸の傷は28センチに達し、頭にも深い傷があった。明るい時間帯にひと目につく大型刃物で襲われた可能性があり、県警は特異な犯行状況の事件とみている。

 中村容疑者は6日夕に任意同行を求められた際、現場で目撃された男がしていたものと似た作業用ゴーグルのレンズ部分をズボンのポケットに入れて出頭していた。県警は、中村容疑者が疑いをかけられるようなものを手元に残していた一方で、「男の子をみたこともない」と容疑を否認していることから、より慎重な捜査が必要とみている。

 自宅の家宅捜索では、ナタのような大型刃物3本、竹刀と木刀2本ずつが押収されている。複数の住民が川の土手などで中村容疑者がこれらを振り回したりしているのを見ており、県警は中村容疑者の日常生活についても調べている。

 

via: 小5殺害容疑者の鑑定留置を検討 精神状態確認のため:朝日新聞デジタル

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ウズムジュ事務局長
    • 2015年 2月 10日

    俺もいじめた事もいじめられた事もある…って書こうとしたら、この容疑者が受けたいじめと落差あり過ぎてやめた。俺の学校はまだまだ平和だったんだな。どうしたらこんな酷いこと出来るのかな?
    ちなみに俺は卒業後しばらくイジメっ子を恨んでたが、年数経つにつれて自分がいじめられた事より人をいじめた事の方が嫌な記憶として残る様になった。特別楽しい人生を送ってきた訳じゃないが、辛かった事は時と共に忘れた。
    恐らく受けたイジメを忘れられない人は、イジメの内容が度を越していたか、その後も思わしくない人生を歩んだんだろう。そういう経験がトラウマでネトウヨになってしまったりしてる人も居そうだな~。

    • 名無し
    • 2015年 2月 10日

    ウズムジュ事務局長さん
    いい人だな(笑)
    僕も似たような人生ですよ。大人になったってことじゃない?

    • gundari
    • 2015年 2月 10日

    @ウズムジュ事務局長 さん

    いい人ですねホント。
    多分ですけど、中村が通っていた学校が特別荒れてたんじゃないですか?
    さすがにそんなひどいいじめ見たことないですわ。

    • 偏り見る者
    • 2015年 2月 11日

    この事件、子どもが精神障害者相手に度胸試しをしていたら、反撃に遭ってしまったケースっぽいですね。
    流石にそれを世間にばら撒かれるのは酷なので、精神鑑定に持って行ってお茶を濁すことになるのでしょうか。

    ネトウヨというには、障害の程度がかなりガチっぽいですね。
    そういうことすらわからない、厳しいハンディキャップを持っているレベルかと。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 12日

    そのイジメの話どこまで本当かわからないですよ
    それを書いていた2chの元のIDを検索してみると
    ただの愉快犯が知り合いのフリして書き込んでるように思いました

    • gundari
    • 2015年 2月 12日

    @迦陵頻伽

    でも見るからにいじめられてそうな感じしません?
    物凄くリアリティーある話に思えましたけどね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る