デンマークの難民政策に非難集中 「世界一幸せな国」から追放される難民たち 命に優先順位はつけられる?


デンマークの判断で揺れる欧州

 

デンマークの移民・統合・住宅省は今週、難民の流入阻止を狙った広告キャンペーンを開始した。「デンマークは難民に関する規制を全面的に強化する」という内容で、レバノンで発行されている4つの新聞にアラビア語と英語で掲載された。

 広告にはさらに、新たに入国する難民向けの支援金を最大で50%削減する法案を議会で可決したこと、永住権を獲得するために必要な言語力の引き上げや、永住権取得までの待機期間を最短でも5年とする、といった条件が列挙されている。仮にデンマークでの一時的な保護が認められたとしても、最初の1年間は家族を呼び寄せることができない。

 ヨーロッパには今、移民や難民が前代未聞の規模で流入している。ドイツやオーストリアは彼らを温かく歓迎し、支援の輪はフランスやイギリスにも広がっている。ローマ法王(教皇)フランシスコも、バチカン自らが2組の難民家族を受け入れると言い、ヨーロッパ全土のカトリック教区に対して同様の対応を求めた。

 これに対しデンマークでは、6月の総選挙で中道右派が勝利を収めて以来、ヨーロッパの人道主義からは距離を置き、難民問題に厳しい姿勢を取り始めた。2014年にデンマークは前年の倍の1万4,815人の難民を受け入れたが、今年は5月で既にその人数を上回った。いつ途絶えるともわからない難民数の急増に対し、対抗策を取ると決めたわけだ。

 

via: デンマーク「難民にとって魅力のない国」を目指して | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

少し前にデンマークが難民政策を大転換して、日本でも言論系の人や人権系の人が批判していた。

デンマークの政策転換というのはやっぱり欧州全体に大きな選択を突きつけた様子で、バチカンもその影響を食い止めるために必死で人道的な施策を打ち出している。

 

この方針転換を批判する向きは、もっぱらEUの自由が崩壊するぞという点で指弾している雰囲気があるけど、

崩壊する「移動の自由」

寛容の国スウェーデンが国境管理を強化したことで、デンマークも難民や移民に対する規制を強化しました。スウェーデンに入れなかった難民がデンマークで滞留すると困るからです。欧州連合(EU)は26日、旅券なしで自由な行き来を認めるシェンゲン協定の参加国に最長2年の期限付きで入国審査の再導入を認めるかどうか検討しました。

 

via: 「世界1幸せな国」デンマークの本性 難民の現金や貴重品を没収する法案を可決(木村正人) – 個人 – Yahoo!ニュース

EUの移動の自由が誰のためにあるのかといえばそれはやはりEU加盟国の国民のためにあるわけで、この批判に意味があるのかといえばそれは全然ないというしかないだろう。

 

実際、移動の自由が崩壊すると言ったって、今までイミグレをフリーパス状態だった、EU諸国にとってウェルカムな国の人が何か不都合でも発生したりするんだろうか。

アメリカ人も日本人も、ブラジル人も中国人も皆今まで通り普通にイミグレを通過して終わりだろう。

 

この方針転換は移動の自由とかに懸念が発生する話ではなく基本的には国の主権問題で、有権者の意思表示と国民福祉の保護に関連するものだろう。

デンマークが何かが間違っていたとするのなら、ここまで状況が悪化する前に、三方一両損程度でマイルドに収まる政策で摩擦を避けるべきだったという一点に問題は集約される。

 

おそらくは有権者が難民にシンパシーを持っても、逆に反感を持っても、それが政策にすぐに反映する透明性の高い民主主義が、過度に両極に触れる状況を生んだんだろう。

 

デンマークの難民政策に非難集中 「世界一幸せな国」から追放される難民たち 命に優先順位はつけられる? economy health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81 politics international %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7

 

 

人間の命に優先順位をつけられないのはダメな国の証拠

 

で、このデンマークの政策は非難に値するほど間違った考えなのだろうか?

デンマーク政府が間違っていたとするのなら、難民の排斥というあまり世間体の良くない行為の共犯者に国民を引きずり込んでしまったことだろう。

 

もう少し反感の発生しにくいマイルドな方針を打ち出していれば、あと何年かは善人の顔を維持したままやり過ごせていた可能性が高い。

今後北欧の人々が中東と交流する際に、感情的なしこりが生まれる可能性が高い状況を生んだことは失敗だったと思う。

 

つまり、難民をこれ以上受け入れたくないという発想そのものは別に間違ってないわけだ。

この問題の根が深いところは、その対極にあるバチカンの呼びかけもやっぱり正しいという点で、評価は損得勘定でしか行えないような気がする。

 

そもそも論を言えば、中東に今日の混乱を巻き起こした国が難民を全て引き受けろというのが至極当たり前の話で、それならアメリカを含めた枢軸国が引き受けるしかない気がする。

つまり、他の国は消極的に賛意を示したのだとしても、基本的には難民を人道的な立ち位置以外で引き受けるあらゆる理由がないわけだ。

 

「これは人の命がかかった問題なのですよ」と言って発狂している、北欧を偽善者呼ばわりしている人こそが偽善者の謗りを免れまい。

 

なにしろ、デンマーク政府はデンマークの国民のために行動するのが基本的な路線で、最終的に人の命がかかった問題になった場合、自国民とそれ以外で命の優先順位をたとえ冷酷だとしても決めなきゃいけない。

つまりデンマークが一番に人道主義を発揮するのはデンマーク人に対してであって、その優先順位はいかなる時でも狂ってはならないわけだ。

 

デンマーク人の命がかかったかどうかの評価は意見が別れるだろうけど、それ以上の引受によって発生する弊害から、デンマーク国民の食い詰めている人を守るという点では判断は正しかったんだろう。

現在問題が顕在化してないのだとしても、すでに抱え込んだ難民がいずれは雇用問題などを引き起こすのは火を見るより明らかだからだ。

 

日本と大違いのまともな判断基準を持った政府があるデンマーク人はやっぱり幸せだ。(世界一かどうかは分からないけど。)

「日本一国が平和という一国平和主義で良いのですか」日本では総理大臣が議会でそうやって喚き散らしていた。

 

誰だって頭がまともなら「それが最高に決まってるだろ、馬鹿じゃないのか」こう応えるだろう。

外国人の命より自国民の命が安い、こんな判断をする政治家は気が狂っている。

 

それが政治理念だという人は、今度から守りたい国の国民に税金を払ってもらうことだ。

 

嫌がらせとしか思えない法案です。例外として認められるのは結婚指輪や婚約指輪、勲章、メダルといった「思い出の品」だけです。ユダヤ人らから金や貴重品を取り上げたナチスと同じだという国際的な批判を浴びて金額が3千クローネから1万クローネに引き上げられましたが、他にもさまざまな規制強化策が盛り込まれています。

居住許可の期間が5年から2年に短縮されました。難民認定者はこれまで1年で家族を祖国から呼び寄せることができましたが、期間が3年に延長されました。家族を呼び寄せる手続きにはさらに数年を要します。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルなどから欧州人権条約、国連の子どもの権利条約、難民条約に違反しているという強い懸念が示されています。

永住権取得に関してもデンマーク語の取得レベルが引き上げられました。雇用期間の条件も「過去5年のうち3年」から「過去3年のうち2年半」に厳しくされ、これまでは5年デンマークに居住していれば永住権を申請できたものを6年に延長しました。

この法案は数日中に同国女王のマルグレーテ2世が署名して法律として成立する見通しです。「難民嫌がらせ法案」には「デンマークはこんなに難民に意地悪な国なんだよ」「思いやりのかけらもない国ですよ」と世界中に知らせて、シリアやアフガニスタンから難民が来ないようにする狙いが込められています。

 

via: 「世界1幸せな国」デンマークの本性 難民の現金や貴重品を没収する法案を可決(木村正人) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

 

日本人が外国の難民政策に批判的なスタンスを取る資格は0なんですが?

 

ところで、このYahoo個人で記事を書いている人は「ロンドン在住なにわの記者」という二つ名で有名な、元産経新聞ロンドン支局長の木村正人氏だ。

つまり、日本人だ。

 

日本人がデンマークの難民政策に批判的なスタンスを取る資格がどこにあるんだろうか。

日本政府が一体何万人のシリア難民やイラク難民を受け入れてから言ってるのか知らないけど、崩壊するかもしれない移動の自由や、中東の人道に難民引受で貢献した実績が何なのか示してから批判しないとどうしょうもないような気がするのは俺だけなんだろうか?

 

確かに日本は毎年何万人も国民が自殺して、不審死や行方不明のままの人も含めたらものすごい数の人が望まない形で寒空の下死んでいる。

難民を受け入れる余裕なんてないのは事実だ、つまり。

 

しかし何一つ難民問題に貢献してない国の、南アフリカの黒人を紙面でおちょくって遊んでいたような新聞の記者が「ナチスを彷彿とさせる」とデンマーク批判してもどうしょうもない。

なにしろ産経新聞はアパルトヘイトに賛成的な立場の記事を書いて「クロンボがマンションに入ってきたらインフラがめちゃくちゃになる」とぶちあげていたし、ナチスを彷彿とさせるもクソも、第二次世界大戦でナチスと共闘した、枢軸国だった時代の日本を反復して称揚している。

「クロンボと中国人はゲットーに住んでもらったほうが平和じゃないのか」と提言するのなら、勿論難民だって少々ゲットーに住んでもらっても問題ないんじゃないのか。

 

ナチスを彷彿とするどころかナチスと手を組んで戦った事実を誇らしいと主張しているし、何かで相容れない要素を持った(例えば皮膚の色とか)人間は率先して隔離しろというのが社是なわけだ。

順番で言えば 白人>日本人>アラブ人>黒人>中国人>韓国人が彼らのスタンダードな人道の順位だろう。

 

だとしたら隔離を目論んでいるナチスを彷彿とさせるデンマークの政策はむしろ賞賛を浴びせかけるべきだろうし、混ぜてはいけない人種をごちゃまぜにするEUの政策は叩き壊すべきだろうし、甘ちゃんのバチカンには「お花畑のサヨク君」と嘲笑してしかるべきじゃないか。

 

日本人に難民政策をどういう立場からでも批判する資格はない。

なにしろ日本政府はびた一文難民のために出費してないし、殆どと言っていいほど難民は受け入れてない。

むしろ審査の間に収容所で客死する難民のほうが多い。

 

どちらがナチスかと問われたら、収容所で難民が死んでいく日本じゃないのかと欧州の人に罵倒される気がする。

 

勿論、産経新聞やその給料で飯を食っていた奴に批判する資格はなおさら無いんじゃないか。

日本人はアラブ人の人権よりアメリカ人の人権のほうが大事なわけで、その人権は日本人の命より高いってことを産経は報道を通じて証明してきた。

 

ハワイの沖で撃沈された、漁業実習船のえひめ丸。

遺体の引き上げを遺族が必死でアメリカ政府に求めていたのを、退役軍人会と一緒に批判しまくっていたのは当の産経新聞だ。

「お門違いの要求でアメリカ(白人様)に迷惑をかけるな」と言っていた。

 

デンマークはそのアメリカ様の白人仲間であって、彼らに向かって産経新聞が弓を引いたら飼い主に屠殺されるかもしれない。

産経新聞の黄色い命が大切なので、今後も白人に逆らわずに、大人しく黄色い犬として生きていって欲しいと思う。

 

木村正人はロンドンでつぶやいたろうという思惑も中止したほうが良いんじゃないか。

白に劣る黄色のくせに、白の本場ロンドンでつぶやく自由があるわけがない。

「お門違いの要求で白人に迷惑をかけるな」が社是の会社の幹部だったんだろ?

 

「世界1幸せな国」

デンマークは「世界1幸せな国」という仮面を外して、イスラム系移民や難民に対して「最も冷たい国」という本性をさらけ出しました。筆者はこれまでデンマークでイスラム教徒と結婚した女性やイスラム系移民の何人かに取材したことがありますが、デンマークは1990年代までは人道主義に基づき、イスラム系移民に寛大で優しい国でした。

自転車を利用する人が多く、環境に優しい。長時間労働時間がなく、ライフバランスがとれている。腐敗がない。こうしたことからデンマークは国連の「世界幸福度」ランキングで12年と13年に世界1になっています。15年の最新報告書では順位を落としましたが、それでもスイス、アイスランドに次いで堂々の3位です。

難民申請者の財産を没収する措置は実はスイスやドイツの南部バーデン・ビュルテンベルク州とバイエルン州でも導入されているそうです。世界幸福度ランキングで1位と3位の国が難民申請者の財産を没収するとは一体どういうことなのでしょう。これが「偽善」という仮面を剥ぎとった欧州の人道主義の素顔なのだと思います。

 

via: 「世界1幸せな国」デンマークの本性 難民の現金や貴重品を没収する法案を可決(木村正人) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • ネトウヨ
    • 2016年 2月 08日

    人権が何より大切なんだってどこの左翼ですかって感じだな産経は
    まともな保守系のマスコミがないのがこの国の悲劇
    一番まともに国家主義的主張しているのが赤旗って

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 2月 08日

    旗振り役みたいになってるドイツが頑張るだろう多分
    日本がやれること言うこと何てあんまりないですね

    • 通りすがり
    • 2016年 2月 09日

    曽野綾子ばあさんが80歳くらいってのを考えると中々融通のきく人かもと思えるけどなぁ。年寄りって日常の習慣の変化に敏感だし、外国人に対する偏見ってそれなりにある。それを受け入れやむ無し、ただし条件付きと言わせればまぁ文句言えないかな。いちいちばあちゃんの言葉を拾って罵倒するんじゃなくて「そうだね。おばあちゃん」言うて表面上は円満に往生(引退)してもらう方が俺は好きやわw人権派って言われる人にゃその辺の葛藤っつうか時代の価値観の差から来る悲哀が分からんのやろか。こんなばあちゃんにいちいち文句つけても虚しいわ。

    • 在日日本人
    • 2016年 2月 09日

    もうろく婆の「その辺の葛藤w」やら「時代の価値観の差から来る悲哀w」が分かるくせに、難民にならざるをえない人や、人種差別される人たちの「悲惨」がわからないんだろうね?

    だいたい、ただのもうろく婆のたわごとだったら、「おばあちゃん、さっきご飯食べたでしょ」ですむ話だけど、曽野綾子の件は編集のチェックを通って新聞に載ったんだぜ。もうろく婆のたわごとを紙面に乗せる産経新聞の編集は、たわごとを本当にそう思っている馬鹿者か、もうろく婆と同レベルの若年性アルツハイマーのヨイヨイってことだろ。ペン持つ手やキーボードを打つ手が、常にふるえてるってかw。

    「こんなばあちゃんにいちいち文句つけても虚しいわ」と、「人権派って言われる人」にドヤ顔で講釈垂れる@通りすがり は、まじめな話、ここに書かれていること、特に後半部の意味を全く理解してないだろ。

    @通りすがりも曽野綾子も産経新聞も、訳が分かってないくせに、偉そうにあんまボケたことばかり言っていると、歳食ったとき、いくら大枚はたいて高級老人ホームに入ったとしても、突然自分の背よりもかなり高いフェンスをよじ登って、ベランダから飛び降りることになるよ、間違いなく。

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 2月 09日

    アパルトヘイト促進を時代の価値観の差で片付けられる感覚がイカれてんだろ

    • 名無し
    • 2016年 2月 10日

    移動の自由ってなんだ?
    パスポートが不要なんか?

    あと批判したヤツは自宅で保護してやれよな
    まさか口だけじゃないだろうしな

    • gundari
    • 2016年 2月 10日

    @通りすがり

    ばばあに口をつぐむついでにネットでクソコメント書くのもやめたら?
    お前は虚しいかもしれないけど他人が読んだら鬱陶しいのよ、お前みたいなのの趣旨不明な虚ろな言葉は。

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 2月 10日

    まーたヨーロッパが移民で滅ぶのか

    • 元通りすがり
    • 2016年 2月 11日

    驚いたなぁ。曽野ばあさんを、どんな理由にしろ擁護する奴がいるとは。
    しかし、今の日本で移民(難民含?)に一番前のめりなのは安倍ジョンイル自民党だってのが笑えない。数百万?の移民労働者で美しい日本をトリモロスってパソナ竹中や経団連とぶち上げてなかった?
    その安倍ジョンイル政権をどんな事があっても支持してるのが、これまた産経ときてる。「世界に対して(ホントはアメリカ様に対して)軍事力で貢献する事で責任を果たす」とかのたまってたが、その軍事的貢献とやらには漏れなく様々な「やりたくない」貢献も付いて来る。ドイツを含む欧州は散々中東シリアに介入して来たという歴史的自覚があるからこそ、移民に対して良くも悪くも真摯に向き合わざるえないんだろう。
    安倍ジョンイル将軍様は、そのパンドラの箱を開け、アメリカ・欧州の世界への利権介入に乗っかっちゃう訳だから、勇ましい軍事だけでなく、見たくない汚れ仕事も引き受けざる得ないんだよなぁ。それが今の欧州の状況じゃない?
    おそらく@通りすがり氏や産経等の安倍ジョンイルマンセー派は近い将来日本がそんな状況になる事を見越して、曽野ばあさんの「移民受け入れ容認・隔離政策」を擁護してるんでしょうけど、簡単に言えば「真の売国奴」って言う事ですな。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る