南シナ海動乱  尖閣諸島の危険高まる  南側から圧力かけられるシーレーン、天然資源の高騰を示唆  海洋圧力高める中国、ロシアと連動の狡猾外交


【北京=川越一】中国が石油掘削を始めた南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島近くの海域で2日から7日にかけ、掘削を阻止するために派遣されたベトナム船と中国公船が複数回にわたって衝突した。ベトナム当局によると、同国側の船員6人が負傷、8隻が損傷した。AP通信などが伝えた。中国は同諸島付近の実効支配を強めており、事態がエスカレートする懸念もある。

 中国側は2日に掘削設備を現場海域に搬入。3日には一方的に掘削活動の実施を発表し、掘削地点から半径3マイル(約4.8キロ)以内への外国船の進入を禁じることも通告していた。

via: 南シナ海で中越艦船が衝突 石油掘削めぐり、6人負傷 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

[マニラ 14日 ロイター] – フィリピン外務省は14日、中国が南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島のジョンソンリーフを埋め立てて拡張しようとしていると非難した。外務省は、滑走路を建設しようとしているのではないか、としている。

via: 中国が南シナ海の暗礁埋め立て、滑走路建設か=フィリピン外務省 (ロイター) – Yahoo!ニュース

 

尖閣のガス採掘権問題でもそうだったけど、こういうので天然資源の確保に来てるってやつ、相当頭悪いよね。

中国の陸上資源でさえ、まだ開発してないものがだいぶあるというのに、わざわざ戦争のリスクまで背負って「資源だけ狙いに来るか」と言うのを考えてない。

実際は天然資源じゃなくて、「ここは私の国なんです」と言いに来ているわけで、最初から「あ、こいつらそこまでする気なのか」と思わないほうがどうかしている。

 

ホテルの前でにっこりしながら「なにもしないよ」「二人で話したいだけ」というのと同じくらい空々しい話で、『じゃぁ共同開発にしましょう』などということは絶対言っちゃいけないセリフだった。

 

尖閣諸島と南沙諸島というのは、図1(↓)の拡大版を見てもらえばすぐわかるけど、中国の目前に展開する海を巾着袋状に閉じ込める要に当たる部分だ。

扇子で言えば鎹部分の二箇所だな。

そして中国が防空識別圏を設定して圧力をかけるだけかと思っていたら、防空識別圏を実効化するためなのか南沙諸島を制圧にかかってきた。

 

これが意味するところは、巾着の弱った片方を突き破ってそこから尖閣諸島に毎日航空機やらで圧力をかけて、日本を振り回すということなんだろうな。

沖縄⇔尖閣間は、さすがに自衛隊も波状に来られたらスクランブルをかけ続けられるものでもないらしく、根負けしてしまう可能性すらある。

南沙諸島でこれをやったってことは、スクランブル出動をさせまくって、出てこれなくなったところで尖閣の実効支配に乗り出してくる可能性すらあるってことだろう。

 

アメリカがその時どうするか。その考えはおよそわかりきっている。

「日米安保条約は防衛には有効だ。ただし既に奪われた失地の奪還には適応されない。米は暴力の後押しはいかなる形でも協力しない」

恐らくこうなるんだろう。

そりゃそうだ。自分で守って戦ってる場所ならまだしも、乗っ取られた空き家まで知るかよと言うに決まっている。

 

そして短期的にはこれは天然資源の高騰に直結するだろう。

折しもこの記事を書いている真っ最中に、どうも先物投げ、現物の早耳逃げと玄人筋が証券を投げている様子が伺える。(5/16 09:30)

来週になってパニックになってからじゃ遅いと思って不測の事態に備え始めてるんだろう。

 

プーチン大統領はウクライナ問題で、未払のガス代が決済されない限りは欧州向けも含めてパイプラインからの供給を停止すると通告したらしい。

40%強の天然ガスが欧州から「消滅」する。

そうなった時に、カタールの天然ガスは高騰する。(権益をロシアがずいぶん保有している。)

 

そしてその天然ガスは基本的にはシーレーンを通行して日本に供給されている。

西側の尖兵としてロシアに制裁を通告した日本政府も逆に制裁されることになるのかもしれない。

武力を持たないものが武装した相手を制裁出来るかどうか、という基本的なことを結果でもって道理を知らされる羽目になるんだろうか。

 

そしてその結果西側諸国が立ち上がる気配を見せたら、北朝鮮は核実験を実行するんだろう。

どこまでが下書きされていたシナリオかわからないけど、為政者の能力の差というのを痛感させられる極東状況だな。

 

結論:最良の安保は自分で武器を持つことに決まってる。それがどんな武器かじゃなくて、自分の手で武器を持って立ち上がる根性が最強の武装なんだから。

外国をアテにしてる時点で勝負が見えている。観客だけ集めても選手が居なけりゃ試合にもならない。

 

 

南シナ海動乱  尖閣諸島の危険高まる  南側から圧力かけられるシーレーン、天然資源の高騰を示唆  海洋圧力高める中国、ロシアと連動の狡猾外交 defence ajia international

 

九条を改正しろー!
朝鮮を追い出せー!!
打倒中韓、誇りある日本を!!!
というやつが言葉尻の暴力性を指摘している。
スカートを履いて野球する奴は居ない。
ですます口調の丁寧語を崩さずに殴りあう喧嘩もない。
そんな腰抜けばっかりで、しかも腰抜けの中でも一番の根性無しが「右翼」なんだろ。
ほんと、無理だよこれ。
九条がどうとかじゃない。
ほんとうにダメだと思ったらそれが十五条だろうが十九条だろうが立ち上がって戦うんだよ。
九条があるから立ち上がれないというやつはそれが百条になったって座ったままだ。

 

 

南シナ海動乱  尖閣諸島の危険高まる  南側から圧力かけられるシーレーン、天然資源の高騰を示唆  海洋圧力高める中国、ロシアと連動の狡猾外交 defence ajia international

 

↓関連記事↓

 

 

 

図1:南沙諸島と尖閣の位置

 

南シナ海動乱  尖閣諸島の危険高まる  南側から圧力かけられるシーレーン、天然資源の高騰を示唆  海洋圧力高める中国、ロシアと連動の狡猾外交 defence ajia international

 

南シナ海で中越艦船が衝突 石油掘削めぐり、6人負傷

産経新聞 5月7日(水)19時54分配信

 【北京=川越一】中国が石油掘削を始めた南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島近くの海域で2日から7日にかけ、掘削を阻止するために派遣されたベトナム船と中国公船が複数回にわたって衝突した。ベトナム当局によると、同国側の船員6人が負傷、8隻が損傷した。AP通信などが伝えた。中国は同諸島付近の実効支配を強めており、事態がエスカレートする懸念もある。

 中国側は2日に掘削設備を現場海域に搬入。3日には一方的に掘削活動の実施を発表し、掘削地点から半径3マイル(約4.8キロ)以内への外国船の進入を禁じることも通告していた。

 ベトナムは問題の海域が自国の排他的経済水域で「主権侵害だ」として設備の撤去などを要求。中国による恒久的掘削施設の建設を阻止するため、海上保安船など約30隻を現場海域に送ったところ、掘削設備の護衛に派遣された中国船約80隻の一部と衝突した。

 ベトナム当局は、中国船が意図的にぶつかり、放水してきたと主張。ベトナム側は平和的手段で解決を目指すとしながらも、「中国船が体当たりをやめなければ、報復もあり得る」としている。

 中国外務省の華春瑩報道官は7日の記者会見で、同諸島を中国固有の領土とした上で、「ベトナム側は国際法などに違反し、中国の主権と管轄権を侵犯している」と掘削を正当化した。

via: 南シナ海で中越艦船が衝突 石油掘削めぐり、6人負傷 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

[マニラ 14日 ロイター] – フィリピン外務省は14日、中国が南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島のジョンソンリーフを埋め立てて拡張しようとしていると非難した。外務省は、滑走路を建設しようとしているのではないか、としている。

フィリピン外務省のスポークスマンは、ロイターに対して、中国はここ数週間、ジョンソンリーフに土などを搬入、陸地を拡張しようとしており、南シナ海における非公式の行動規範に違反していると述べた。

外務省は既に中国に抗議、ミャンマーで週末開いた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の非公式会合でも問題を提起したという。

via: 中国が南シナ海の暗礁埋め立て、滑走路建設か=フィリピン外務省 (ロイター) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 紐付け用ivl
    • 2014年 5月 16日

    >結論:最良の安保は自分で武器を持つことに決まってる。それがどんな武器かじゃなくて、自分の手で武器を持って立ち上がる根性が最強の武装なんだから。
    外国をアテにしてる時点で勝負が見えている。観客だけ集めても選手が居なけりゃ試合にもならない。

    なんか変なものでも食べました?w

    • 紐付け用ivl
    • 2014年 5月 16日

    >アメリカがその時どうするか。その考えはおよそわかりきっている。
    「日米安保条約は防衛には有効だ。ただし既に奪われた失地の奪還には適応されない。米は暴力の後押しはいかなる形でも協力しない」
    恐らくこうなるんだろう。
    そりゃそうだ。自分で守って戦ってる場所ならまだしも、乗っ取られた空き家まで知るかよと言うに決まっている。

    ブサヨ的にはそうなんですか?
    いやそうあってほしいって願望ですよね?w

    まず中国軍がいきなり尖閣に条理機はしません。
    よくいわれていますが上陸するにしても一般人を装いでしょう。

    だから、米軍はうごきません。海上保安庁が動き自衛隊が動きます。
    これでカタは付くはずですが、この後に中国軍が尖閣上陸を試みる作戦になれば
    その前段階で自衛隊と米軍は合同で中国軍を威嚇する事になるんでしょう。

    仮に中国軍に上陸を許したとした場合、これは侵略ですから日米安保条約の適用になります。
    自衛隊と米軍は上陸した中国軍に攻撃を加えます。

    それでジエンドです。

    中国って実はヘタレなんですから。
    大きな声でビンタすれば大人しくなります。

    ちゃんちゃん。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る