愛媛  大野裕香さん暴行殺人事件、窪田恵らが昨秋から監禁  執拗な暴行で全住民が通報、プチ尼崎事件再来


<愛媛少女遺体>昨秋から「監禁」し、家事を全部押し付け

「1カ月くらい前から(大野さんの)姿を見なかったので、死んだものと思っていた」。数カ月前、窪田容疑者の子供が大野さんを追い掛け、路上で一方的に殴ったり蹴ったりしているのを見た近所の女性はこう振り返る。そして「夜も一家の子供の友人らが出入りして騒がしく、家族が体調を崩した。きょう引っ越す」と疲れた表情で話した。

 近くの20代の男性会社員は「15~16歳くらいの子供たちが3~4年前から集まり、敷地内の公園でバイクを乗り回すなどうるさくしていた」と証言。夜中に「殺すぞ」という叫び声を聞いたり、この部屋のドアを蹴って騒ぐ少年らを見たりした人もいた。通報で警察が駆け付けることも一度や二度ではなかったという。

 大野さんの友人は「昨年の秋ぐらいに最後に会ったが、その頃から家に閉じ込められがちになって、バイトも行けないようになり辞めた」と話す。窪田容疑者の家族の知人の妹は「洗濯や食器洗い、小さい子供の保育所の送迎など家事を全部やらされていたらしい」という。

 頻繁に部屋を訪れていた同じく知人の20代男性は「(大野さんは)最初こそ一家と仲が良かったが、2カ月ほど前に家を訪ねた時は険悪な雰囲気だった。2~3週間前には目が腫れ上がるなど顔がひどいことになっていた」と話した。近所の女性は「あれだけひどいことをされているのに、なんで居候していたのか」といぶかしんだ。

via: <愛媛少女遺体>昨秋から「監禁」か 「家事を全部」証言も (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

ニュースを見てる範囲じゃやっぱり近隣の住民は全員通報してたそうだね。

路上で被害者少女を半殺しにしたりもうめちゃくちゃだったらしい。

ベランダで花火をやり、バイクをブイブイいわしと。

 

こりゃ結局、昨日の記事で書いてた「ワケアリ市民」そのもので、通報を受けて何かしに行くたびに逆ねじをまかれあるいは脅されてで帰らされる羽目になってたんだろう。

察するに同和関係じゃないのかなぁこの人達。

訴訟魔だったり差別問題に発展する可能性があったりで忌避されてる奴ってのは実際いて、何かあるたびに自治体や警察と摩擦を起こしてたりするもんだ。

 

尼崎事件なんかもそうだったんだろうけど、おまわりが一人二人で事情聴取に行ったら10人位馬鹿が出てきてわーわー喚きだしたりして、口裏を合わせて結局ごまかされる。

そりゃぁ足も遠のくだろう。

 

DQNになればなるほど幼稚ながらに口裏合わせはしっかりやってくるもので、事件化して本格捜査するまではなかなか簡単には行かない気がするね。

ガキの頃から教師に生徒指導室でやり込められたり、補導されたり逮捕されたりで嘘をついてごまかすことに慣れてるからね。

 

前アメリカ版警察24時みたいなのを見てたけど、取り調べも経験者と未経験者相手のものでは難易度が全然違っていたのが印象的だった。

 

家出で行く場所がなかったからなんて言うのも大嘘で、男の家でいいなら行く場所なんかどこにでもある。

アルバイトを辞めさせられてってことは違う方法で金を稼がせていたってことだしそのために監禁してた可能性のほうが高いだろね。

具体的には援助交際をやらせていたんじゃないかと。

 

こういうのを指して話し合いだの非暴力だの法律だの通用しない連中というんで、近所の人も通報を繰り返して駄目だったら、2,30人で徒党を組んで袋叩きにしたほうが早かったんじゃないかと思うね。

よく東南アジアの田舎とかにそういう自治をやってるところがあるけど、結構治安いいよ。

 

 

愛媛  大野裕香さん暴行殺人事件、窪田恵らが昨秋から監禁  執拗な暴行で全住民が通報、プチ尼崎事件再来 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime sexcrime syounen %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

しかし家出で行く場所なかったってのは嘘だよな。
家出してふらふらするまで出来るやつならなんとでもなるわけで、
結局のところ監禁されていたからこうなったとしか思えない。

 

 

愛媛  大野裕香さん暴行殺人事件、窪田恵らが昨秋から監禁  執拗な暴行で全住民が通報、プチ尼崎事件再来 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime sexcrime syounen %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

 

 

 

愛媛少女遺体 死亡の少女1カ月前も顔腫らす 容疑者宅「少年のたまり場に」

産経新聞 8月15日(金)22時4分配信

 「多いときには部屋に14、15人はいた。部屋で騒ぐなどうるさかった」

 周辺住民によると、大野裕香さんが遺体で見つかった窪田恵容疑者の部屋は、普段から窪田容疑者の子供の友人が数多く出入りしていたという。ベランダで花火をしたり物を壊したりするなど周囲とのトラブルも絶えず、周辺住民はこれまで何度も伊予市や県警伊予署に相談していたという。

 住民の女性は「普段から暴力的な行為が多かったみたいだ。14日夜も物音や女性の叫び声などが聞こえた」。別の女性も「あの家族が迷惑で出ていった人もいる。何かが起きてからでは困るので、住民のほとんどは市に相談していたはず」と話す。

 窪田容疑者の親族という男性(65)は「午前2時過ぎまで騒いでいたり、たまり場のようになっていた。未成年なのに(子供の)友人がたばこを吸っているのをみたこともある」と話した。

 現場の部屋に十数回出入りし、大野さんにも会っていたという20代の男性は「約1カ月前に(大野さんに)会ったときも顔が腫れ上がっていた」と大野さんが暴行を受けていた可能性を示唆し、「本人は『大丈夫』と話していたが、横になっていた。けんかも多く、いつか何かが起こるのではと感じていた」と話した。

via: 愛媛少女遺体 死亡の少女1カ月前も顔腫らす 容疑者宅「少年のたまり場に」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る