話し合いは事件を解決できるか?非暴力の大嘘  ”尼崎  北九州  筑後大量行方不明事件  いじめ  家庭内暴力”  相次ぐ事件の被害者にならないために


警察相談でも解消されなかった父親の悩み…暴れる息子をこの手で殺害

産経新聞 6月15日(日)12時22分配信

 息子の家庭内暴力に悩んだ父親は、自らの手で息子の命を奪った。三男を刃物で刺して殺害したとして、東京都八王子市の会社員、石井正郎容疑者(64)が6月7日、警視庁に殺人容疑で逮捕された。警視庁に再三、家庭内暴力の相談に訪れ、事件前日にも110番通報して三男からの暴力を訴え出ていた石井容疑者。なぜ、殺人という最低・最悪の手段を選ばなければいけなかったのか。(荒船清太)

■「入院させられないか」 希望かなわず就寝中に…

 「息子を刺した」。7日午前9時55分ごろ、警視庁南大沢署に石井容疑者が1人で訪れ、こう伝えた。同署員が八王子市南大沢にある自宅に駆けつけたところ、1階和室の布団の上で、三男の博基さん(28)が胸に包丁が刺さった状態で死亡しているのが見つかった。

 石井容疑者は殺人容疑で逮捕され、「三男の家庭内暴力に悩んでいた」と話したという。

via: 警察相談でも解消されなかった父親の悩み…暴れる息子をこの手で殺害 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

近頃の教育ってのは、非暴力がテーマで、喧嘩両成敗とかそういうことを本気で言う時代を経過して、とにかく暴力を忌避する時代になってしまった。

中尾、角田と暴力をためらってない悪人からしたら、そこらじゅうカモだらけの甘い時代になったと思ってほくそ笑んでたんじゃないか。

暴力を悪と決めつけて思考停止するアホを大量育成したことが間違いの始まりだった。

 

今ネットでキーコラ喚いているドブネズミもほとんどがこういう非暴力教育の産物で、非暴力教育を通じて被害者になったら有利だとか思い込んでいるネジ曲がった発想がああいうもやしを生み出している。

どうしてそこに至ったかを無視して加害者ばかりを責めたてるからそういうブロイラーみたいな発想のアホが育つ。

被害者になっても全然有利じゃないし、「俺は被害を受けた」(≒日本は被害を受けている)と喚けば喚くほど次の加害者を呼び寄せるだけだし、被害者のなり方によってはそこが人生の終点になる場合も珍しくない。

これが現実。

 

非暴力主義者ってことでよくこの手のアホはガンジーを引き合いに出すけど、実はガンジーは暴力を否定してない。

第二勢力のネタジと争っていた議題は、あくまで「どのタイミングで暴力を行使するか」であって、話し合いを何処までするかで折り合いをつけていただけだった。

 

暴力に至るまでの動機というのはじつは大事な話で、喧嘩両成敗という思考停止が自衛権(個人の)を前近代的なシステムのまま放置することにつながってるんじゃないか。

今の日本社会では、角田美代子や中尾伸也みたいなやつに殺される前にこっちが先に殺したら逮捕されてしまう。

ところが彼らに本格的な被害をうける前に警察に相談しても警察は動かないわけで、ならどうしたらいいのかと。殺される前に先に殺したら悪なのか?

 

つまりその時に至っては相手の命のほうが自分の命より大事だと受け入れろってか?

 

警察は「民事介入は出来ないので話し合って下さい」とか言うけど、話し合いで彼らは助かることが出来たのか。

そんなことはまずありえない。

話し合いで何でも済むという発想そのものが無責任なんだよ。

 

ほんとに気の毒だと思うけど、角田にさらわれた娘さんの父親、あれだってあんなクソ相手に付き合いを作ったのが間違いだったし、話し合いでかたをつけようとしたのが甘かった。

警察が怖いから、世間体があるから口先だけで切り抜けようとした。「捕まるくらいなら」という責任回避思想の結果がどうなったか?

家族みんな死んで、一人っきり生き残った娘は人殺しで裁かれる羽目になった。ヘタしたら死刑かもしれない。

 

話し合いで解決できないものが世の中にあるのに、その事実を直視せずに叫ぶ非暴力は無責任以外の何物でもない。

この子殺しで捕まったおやじさんも、本当に温厚で子供の頃から子供に説いて聞かせてしつけしてきたんだろう。

でもその結果力のヒエラルキーや親の愛情を無視した悪魔みたいなクソガキが育っただけだった。

 

言葉を尽くして子育てしてきたこのオヤジは、暴力を振るわなかったことで褒められるはずじゃないのか?

先進的な非暴力教育とやらで賢いガキが育つはずなのに、オヤジが暴力をためらったせいで糞馬鹿に育って、挙句に自分の親に殺されたこのアホガキの末路はなぜここまで悲惨なのか。

 

言って聞かせればわかる、こんなものは幻想にすぎないという証拠はそこら中に転がっている。

言って聞かせたらわかるのはある程度賢い子供だけで、根っこが馬鹿な奴と根っからの悪人には全然通用しない。

万人に通用するのはロジカルな言葉よりバイオレンスな力のヒエラルキー以外の何物でもない。

 

最終最後、警察を動かす力を持たない人間は、殺されるのとちょっと懲役に行くのとどちらかの二択になる。

そうなる前の予防暴力は悪か?

どの事件も共通して言えることは、初動の段階で相手を痛めつけておけばここまでならなかったってことだ。

 

ブロイラーは鶏舎から出して平飼いしても自分で歩いたり飛んだり出来ないらしい。

犯罪は複雑化して、非暴力教育の結果日本中ブロイラー人間だらけになった。

広い庭で孤独に過ごすブロイラーは野良猫の餌になるだけ。

 

暴力の意義をそろそろ見なおすべき時代になっているんじゃないのか。

 

 

話し合いは事件を解決できるか?非暴力の大嘘  ”尼崎  北九州  筑後大量行方不明事件  いじめ  家庭内暴力”  相次ぐ事件の被害者にならないために %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab police %e8%a2%ab%e5%ae%b3%e5%b1%8a%e4%b8%8d%e5%8f%97%e7%90%86 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%8d%9c%e6%9f%bb%e6%80%a0%e6%85%a2 syounen %e4%bd%8f%e5%b1%85 %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

繰り返すけど喧嘩両成敗は嘘です。
そこまで至った経緯を考えることで、殴ったガキが理不尽なワルガキか、
殴られたガキが性格悪かったか発見することができる。
そこまで一緒に考えて方向性を示すことが大人の責任です。
そしてそれが世の中に現実に存在してる暴力にどう対応するかの経験値になるんだよ。
非暴力は無責任であり甘えであり現実逃避にすぎない。

 

 

話し合いは事件を解決できるか?非暴力の大嘘  ”尼崎  北九州  筑後大量行方不明事件  いじめ  家庭内暴力”  相次ぐ事件の被害者にならないために %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab police %e8%a2%ab%e5%ae%b3%e5%b1%8a%e4%b8%8d%e5%8f%97%e7%90%86 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%8d%9c%e6%9f%bb%e6%80%a0%e6%85%a2 syounen %e4%bd%8f%e5%b1%85 %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

↓同じ教育を真に受けた奴がこんな事件にどう対応するっての?↓

 

 

 

■「警察呼ぶなら呼べよ!」エスカレートした暴力

 博基さんは精神科に通院しており、5月ごろから暴力がエスカレートしたとみられる。近隣住民によると、自宅から男女の叫び声や罵声、物を床に投げつけるような音、昼間から階段を転げ落ちるような音が頻繁に聞こえるようになったという。

 5月中旬には、自宅前でバイクにまたがった博基さんが石井容疑者に写真を撮影させ、撮り方が気に入らないなどと言って、石井容疑者に暴行を加える様子が目撃されていた。

 さらに、殺害数日前の午後、「近所に迷惑だから」となだめる母親とみられる女性に向かい、博基さんがこう叫んでいたという。

 「誰が悪いんだよ! 謝れよ! 警察、呼ぶなら呼べよ!」

via: 警察相談でも解消されなかった父親の悩み…暴れる息子をこの手で殺害 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

「暴力は拒絶する」はただの寝言

逃げても襲ってくるから暴力なんです。

■繰り返される子殺し 「殺人は許されない」

 家庭内暴力に悩む親が子供を殺害してしまう事件は、これまでにも繰り返されてきた。

 平成17年には、長男=同(16)=を殺害したとして狛江市の母親が殺人容疑で逮捕、起訴され、東京地裁八王子支部は「同情の余地はあるが、あまりにも短絡的かつ身勝手な犯行」として懲役6年の判決を言い渡している。

 精神科医で筑波大医学医療系の斎藤環教授は「家庭内暴力は今も親が世間体を気にしたり、本人の報復を恐れたりして隠す傾向が強い。親が専門家と相談し、言葉での訴えは認めても暴力は拒絶する姿勢をはっきり示すことが大事だが、それができずに殺人事件に発展してしまうことがある」と指摘する。

 近隣住民によると、石井容疑者は温厚な人柄で知られ、地域の掃除にも積極的に参加していた。一方で、「きまじめで口数が少なく、周りとあまり会話は交わさなかった」という人もいた。

 斎藤教授は「周りにきちんとアドバイスできる専門家がいなかったのは不幸だが、親としてできることはまだあり、殺人は許されない。博基さんの殺害は避けられた事態で、同情を禁じ得ない」としている。

via: 警察相談でも解消されなかった父親の悩み…暴れる息子をこの手で殺害 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 名無し
    • 2014年 6月 30日

    え?? この人は この事件について お父さんは「暴力」をしないで子育てした って事になっているけど、
    そんなの実際わからないよね?

    子供を寝ている間に殺すなんて、元々暴力性があるからこそ できる鬼畜な行為。

    子供を小さい頃に 暴力でしつけると、子供は恨みを溜め、大人になって暴力を振るうようになるのでは?

    父親が脅威を感じたのは、自分がそうされるだけの理由を持っていたからなのでは?

    それから、精神科に通っていた息子さんの暴力を加速させたのは おそらく 処方された『薬』の影響です。

    一度書き込みしたら、こちらには戻りませんので 反論を書かれても コメントは致しません。失礼します。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 7月 02日

    暴力が身近な国の方がもっと酷い事件が多くないですか?

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 7月 03日

    殺された奴が強ければこんなことにはならなかった
    弱い奴は悪党の貧乏人の餌だ、強くなれそもそも死んだといっても1万人いかない程度だろ
    人が多くいれば殺人事件の一つくらい起きますよ、あれこれ理由を言うほうがおかしい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る