入間市女子大生殺害事件 犯人の沼田雄介が引きこもりのキチガイだったと法廷で判明


想像を絶するくだらない理由だった動機、判決は死刑一択で

 

昨年10月、埼玉県入間市の路上で、近くに住む大学3年・佐藤静香さん(当時21歳)が刃物で襲われて殺害された事件で、殺人などの罪に問われた同市の無職・沼田雄介被告(21)の裁判員裁判初公判が29日、さいたま地裁(片山隆夫裁判長)で開かれた。沼田被告は起訴内容を認め、「大学で好意を抱いていた女性にふられ、留年も決まったため、現実から逃げたいと思った」などと、犯行動機を述べた。

via: 殺害動機は「女性に振られ、留年決まったこと」入間市女子大生殺害 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

犯人はストーカーだったんじゃないかとか色々言われてたけど、単純に筋金入りのキチガイの通り魔だったそうで。

多分、被害者は結構かわいい系の子だったんで通りすがりに目をつけて、後をつけて犯行に及びました的な感じなんだろう。

 

それにしても、引きこもりのやつのメンタルの弱さは凄いね。

女に振られて留年したから人を殺しますという結びつきが、普通は全く想像もつかないわけで、これは取り調べしてた警察の人や検察の人も、供述の内容を理解するのにものすごく時間がかかったはずだ。

 

引きこもりっての何回か実物を見たことがあるけど、目が泳いでて何言ってるかわからないキチガイばっかりだった。

家族とかがなんとか世間に放流しようとどこも必死だけど、失敗例がこれではそうする意味があるのかないのか考えこんでしまうね。

 

その上で裁判所でも「人殺しがこんなに難しいと思いませんでした」だの「ネットカフェに行くお金もなくなったので」とか言っちゃってるけど、二十歳も過ぎてこれでは更生の余地なんか全く期待できないし、それが手軽だと思ったらいつでも殺すって言ってるのと一緒だよね。

 

もう一回10年か、それなりの刑期を終えて社会に戻ってきてどうにかなる可能性が微塵も見いだせないわけで、いっその事死刑にしてやったほうが皆のためじゃないのか。

 

本人だって現実逃避したいって言ってるんだし、永眠してもらって気が済むまで夢が見れる片道切符を渡してあげるのも思いやりだと思う。

家族だって必死で大学まで行かせてこうしかならなかった奴にこれ以上何か希望を持てるはずもなく、できれば死んで欲しいと思ってるはずだ。

 

被害者の遺族だってできたらこの手で殺してやりたいと思ってるはずだし、彼氏やボーイフレンド、仲の良い親友なんかもそういう心境だろう。

 

だとしたら死刑に反対するのは、職務上減刑を嘆願するしかない被告の弁護士以外居ないわけで、多数決判定で死刑ってのは有りじゃないかと思うね、こういう危ない人の駆除のためには。

刑期を終えて戻ってこられても、ほぼすべての人にとってお荷物の疫病神でしかないんだから。

 

 

入間市女子大生殺害事件 犯人の沼田雄介が引きこもりのキチガイだったと法廷で判明 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

しかしキチガイは恐ろしいわ。
刃渡り26センチのナイフで、一番ひどい致命傷が深さ13センチ刺さっている。
ということは、追いすがってこかした被害者に馬乗りになって刺してるわけだよね。
軽いナイフで腕だけ振ったってそんな刺さらないんだから。
道歩いてただけでそこまでの意思で狙われるって、誰も想像もできないだろ。

↓のカスタマーレビューは必読。人間百舌鳥の早贄って・・

 

 

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

午前10時開廷の5分前に、沼田被告が入廷。がっしりした体格に坊主頭。黒スーツ姿で、落ち着いた様子だった。

 検察側の冒頭陳述によると、沼田被告は、昨年10月15日午後10時10分ごろ、アルバイト先から帰宅途中の佐藤さんを襲い殺害した。犯行に使用した凶器は、刃渡り約18センチのコンバットナイフ。逃げる佐藤さんを背中から刺し、約16メートル執拗に追いかけ、絶命するまで32か所刺した。左肋骨(ろっこつ)部分には最も深い13センチの刺し傷があった。検察側は「強固な殺意に基づく犯行だ」と指摘した。

 弁護側の被告人質問では、犯行動機が明らかにされた。沼田被告は、高校時代に「滑り止めで受かった」学校の授業について行けず、登校拒否になり通信学校に転校。大学入学後も授業について行けず、昨春ごろから、ネットカフェで毎日過ごすようになった。

 当時、好意を抱いていた女性にも振られ、女性は沼田被告の友人と交際を始めた。「ダメな自分が嫌になった。自分をリセットするために刑務所にいくしかない」と考えるようになった。同時に「現実から逃げたいが、『死にたくはない』と思った」と話した。ネットカフェに行く金が、なくなり、「やるしかない」と犯行を決意したという。

 沼田被告は佐藤さんと面識がなかったとし、「犯行の2日前から(殺害する対象を)物色していた」などと、無差別殺害だったことを強調。犯行1週間前に新宿区で購入したコンバットナイフをリュックに入れて、現場周辺で持ち歩いていたという。

 事件当日は、雨天で現場検証後も、水たまりに血痕のようなものがあったという。沼田被告は、「殺人が、こんなに難しいことと思わなかった。(佐藤さんに)抵抗されて、頭が真っ白になった」と淡々と振り返っていた。

via: 殺害動機は「女性に振られ、留年決まったこと」入間市女子大生殺害 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 9月 30日

    卑劣ではあるが、殺人を犯すまでの被告と似た状況にある若者はたくさんいる
    そういった者たちは少なからず自身と被告の類似点を見出し、ネット上で議論を展開する
    被告のように自暴自棄的に殺人を犯す人が一人でも減るように加害者、被害者双方の観点から考察する必要がある
    被告を「キチガイ」とひとくくりにし、小馬鹿にするのでは事件の解決とはならない

    • とらふぐ
    • 2015年 9月 30日

    いくら双方の観点で考察しても女ににふられる男、大学留年するやつはいなくならねえよな。
    つまり責任は100%このキチガイにあんだよ。
    なんでこんなキチガイに類似点を見出さなくちゃいけねんだ。
    いい加減にしろよキチガイ。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 9月 30日

    @迦陵頻伽
    そもそも
    >被告と似た状況にある若者はたくさんいる

    人を殺します、なんて思考になるのはキチガイなのよ、で

    >自身と被告の類似点を見出し、ネット上で議論を展開する

    ネット上で殺人談義でもするの?バカじゃないの?w
    お前社会に出たこと無い引きこもりなの?
    誰も相手にしないよそんな人間

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 10月 01日

    コメント欄が冷静かつ的確で少し安心した。

    この文章を認めた人物は他人を見下したいだけなのだろう。それは卑劣だと思うがどうだろうか?

    • gundari
    • 2015年 10月 01日

    @迦陵頻伽

    卑劣なのは擁護する余地が微塵もない人殺しの人権を盾にして他人をこき下ろそうとしてるお前みたいなやつだろうね。
    そんなに人権がどうこう言いたかったらお前ら遺族の前で言えばいいじゃん、「分析も済んでないのに死刑を求刑するなんて冷静さを欠いている」って。

    キチガイの人殺しと同レベルを自認する奴が真人間と一緒だとか頭が高いんだよキチガイ。

    • どぢば、ださいたま
    • 2016年 7月 09日

    入間市の人間はみんな基地外だったよ。となりの狭山市も在日部落で子供を殺したりしてるだろ。
    仕事でしばらくいたけど人の住むところじゃない、動物も虐待されてたよ。

    嫌なところ。
    市役所の職員も基地外ばかりで住んでる奴も並ばねえし、郵便局でも割り込むし、人の郵便物を見るし郵便局の職員も郵便物の処理ができない基地外だし、まさに災の国だと思った。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る