伊予市市営住宅  大野裕香さん殺害事件  窪田恵親子が偽装自首などで巧妙に事件を隠蔽  住民集会や通報による逮捕を回避、玄人顔負けの寝技


地元消防によると、遺体は発見時、右目の部分が大きく腫れ上がり、強い衝撃を受けてできたような複数の打撲痕があった。顔全体は黄色に変色していた。伊予署は激しい暴行を受けていた疑いがあるとみている。大野さんは6月27日から家出しており、家族が7月19日に県警に行方不明者届を出していた。

 伊予市によると、7月18日に市営住宅で会合があり、立ち会った市職員に住人が「(現場の)部屋には若い女性がおり、このままでは殺されるかもしれない」と訴えていた。女性が窪田容疑者の家族に叩かれていたという。この情報は県警には連絡していなかった。

via: 17歳少女暴行死か…36歳女と長男ら逮捕 市は情報把握も通報せず (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

 

ニュースを見てる限りでは「事件慣れしたプロ市民」確定だね。

子供の喧嘩です、といちいち自首させて(説諭で帰されるとわかっていて)事件ではなく内輪もめという実績だけ作って、警察が踏み込んでこなくなるようにバリアを貼っていたようだ。

ひょっとしたら、だけど後ろにヤクザがいたのかもしれないね。

 

久保田恵の内縁の夫なり、なんなり。

というのも最終的に被害者の大野さんを殺してるわけだけど、俺が予想してる「どうせ援助交際でも無理やりやらせてたんだろう」というのが事実だとしたら、最後に被害者はキレて「こんなん続くんだったらもう客はとらない」と言い出したか、警察に行きますという話をしたんじゃないかと思うんだよね。

 

仮に素人だけの集まりでそんなことやってたとしたら口封じにタコ殴りにするだけで済むんだろうけど、ヤクザが絡んでいたとなったら使用者責任法で上層部まで引っ張られちゃうからね。

だとしたら「お前ら絶対始末つけろよ」って釘くらいさすんじゃないのかね。

 

・もともと金が無いから市営住宅で暮らしているのに、家出少女を居候させていた→ほとんど確実にいかがわしいことをやらせて金を上納させていたはず

・もともと金が無いから市営住宅で暮らしているのに、多数の少年を夜中まで出入りさせる余裕があった→少女からの上納金などがなかったらとても維持できない

 

となるのが自然な結論だよね。

 

・そんなことばっかりやってるバカのくせに警察が動きにくくなる方法だけは具体的に知っていて実行している→大方ろくでなしがバックに居て入れ知恵していた

 

とこうなる。

そして最後に大野さんが開き直り始めて自体は破局を迎えた、こんなところなんじゃないだろうか?

 

 

伊予市市営住宅  大野裕香さん殺害事件  窪田恵親子が偽装自首などで巧妙に事件を隠蔽  住民集会や通報による逮捕を回避、玄人顔負けの寝技 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime sexcrime syounen %e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%81%a8%e6%80%a7 %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

ここまでリアルな警察対策やってるの見てると
「馬鹿でDQNだから嘘つくのが巧い」次元を超えすぎている。
入れ知恵してる奴が確実にいたんだろなぁ。

 

 

伊予市市営住宅  大野裕香さん殺害事件  窪田恵親子が偽装自首などで巧妙に事件を隠蔽  住民集会や通報による逮捕を回避、玄人顔負けの寝技 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime sexcrime syounen %e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%81%a8%e6%80%a7 %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

 

 

 

県警によると、今年6月24日、窪田容疑者の子供と大野さんが「けんかをした」と伊予署に出頭してきた。2人とも「自分が悪い」と話しており、けがの程度が軽かったため帰宅させた、という。さらに7月19日には、近所の住民からの通報で捜査員が窪田容疑者宅を訪問。留守で会えなかったが、その後、窪田容疑者と電話連絡が取れ、窪田容疑者は大野さんに関し「1~2週間前に出て行った」と説明した、という。

 同署は大野さんの親とも連絡を取り「娘さんはどうですか?」などと尋ねたところ「家出状態です」と答えたため、同日中に行方不明者届を出してもらったと説明している。同署幹部は「被害者が亡くなった事実を踏まえると、さらに踏み込んだ対応をした方がよかったのかと考えている」と話した。

 大野さんの友人は「大野さんは、『よくけんかする』と言っていた。窪田容疑者やその家族に、家の誰かとタイマン(1対1のけんか)をさせられていたようだ」と話す。この友人は「昨年の秋ぐらいに最後に会ったが、その頃から家に閉じ込められがちになって、バイトも行けないようになり辞めた」と話す。窪田容疑者を知る人は「洗濯や食器洗い、小さい子供の保育所の送迎など家事を全部やらされていたらしい」という。

 頻繁に部屋を訪れていた別の20代男性は「(大野さんは)最初こそ一家と仲が良かったが、2カ月ほど前に家を訪ねた時は険悪な雰囲気だった。2~3週間前には目が腫れ上がるなど顔がひどいことになっていた」と話した。近所の女性は「あれだけひどいことをされているのに、なんで居候していたのか」といぶかしんだ。

 新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「家出して逃げ場のなかった少女は、経済的にも心理的にも依存せざるを得ない状況になったのではないか」と推測したうえで、「支配のためのルールに逆らえば激しい暴力を加えられるような関係になれば、鎖で監禁したのと同じ状況に陥る」と分析した。

via: <愛媛少女遺体>「暴力受けている」通報 先月、警察が訪問 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る