名大生 大内万里亜、同級生二名に猛毒タリウム飲ませた疑いで再逮捕 問題の先送りリスク浮き彫りに


タリウムを放置→殺人鬼を野放しに

 

名古屋市のアパートで女性(当時77)を殺害したとして殺人容疑で逮捕された女子学生(19)が、愛知県警の調べに対し、「遺体が見たかった」と供述していることがわかった。県警は、女子学生が人の死に強い執着を持っていたとみて慎重に動機を調べている。

 県警によると、押収した女子学生の携帯電話には、遺体とみられる画像が保存されていた。女子学生は女性を殺害したとされる昨年12月7日、浴室に遺体を置いたまま、自宅アパートで一晩を過ごしていた。

 女子学生は逮捕後、「子どものころから人を殺してみたかった。相手が女性でなくてもよかった」と話していたという。県警は、殺人願望を抱いていた女子学生が殺人や遺体への関心を深めた経緯も調べている。

 

via: 「遺体見たかった」女子学生供述 名古屋・女性殺害(朝日新聞) – goo ニュース

 

同級生にタリウムを飲ませたっての、一名じゃなくて二名に飲ませて居たというけど、刑事事件に一回発展しかけたものが大内までたどり着かなかったってことは、薄々誰がやったかわかっていながら臭い物に蓋をしたってところなんだろうか?

 

これは学校とかにかぎらず、大抵の組織である話で、耳痛い人が多いだろうと思うけど「問題の先送り」は良くないという典型的ケースになってるね。

タリウム飲ませた時点でしっかり逮捕して、医療少年院とかでしっかり頭の修理にとりかかっていたら事件は起きてない可能性は高かった。

 

学校単体のダメージコントロールで言えば確かに先送りにした成果は出ていると思うけど、社会全体で見たらちょっとどうなのかと。

会社なんかでも、どう考えてもやばそうな取引も、転勤の査定が近い人は無理に成立させて実績にした挙句、転勤で知らん顔をして逃げ切ろうとする。

 

銀行でも支店長が交代する度に小中規模の倒産が起きたりするもので、全体で見たら問題はより悪化するというのは明らかなんだが。

「今はめんどくさい」「枯れ木も山の賑わい、行き掛けの手柄にしよう」人間心理ってのは楽な方向にどうしても働いてしまうんで必ずそういうことをやってしまう。

 

生徒が二人も毒物の中毒症状で倒れて、失明して障害者になるような人が出たら普通は犯人まで警察が至るのだろうし、大内の日頃の奇矯な言動をしっかり学校が証言していたら必ず逮捕になってただろう。

学校としては厳重な緘口令とかで必死で捜査妨害したんだろうと思う。

 

私立だけに経営に関しての判断もあるんだろうけど、その当時に前代未聞の毒物事件の焦点としてワイドショーでワイワイやられるか、それとも殺人鬼の過去の凶行の一環として、補助的に報道されるか。

 

今回、大内が「死体が見たかった」と老人を一人殺しただけというのは、こいつの趣味からすればまだましな結果だったことを考えれば、教育者も泣いて馬謖を斬るべきだったんだろう。

まかり間違って大学の学食でタリウムを混入して大量殺人なんかやってたら、高校が組織として相当ひどく追い詰められていただろう。

 

いわば棚ぼたでダメージコントロールに成功しただけの話で、毒物を使わなかったことが幸いだっただけの話。

結果だけを見れば一見マシな判断だったように見えるけど、相当根拠薄弱な賭けに偶然勝っただけなのを忘れてはいけない。

 

 

名大生 大内万里亜、同級生二名に猛毒タリウム飲ませた疑いで再逮捕 問題の先送りリスク浮き彫りに %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e6%95%99%e8%82%b2 yakunin %e4%bd%8f%e5%b1%85 %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

肘の曲がり方の角度を見なかったら女かどうかわからないよな。
こういう方向に逃げる以外安定した居場所を見つけられなかった類の子なんだろう。
新しい居場所の刑務所からは出てこないで欲しいなぁ。

 

 

名大生 大内万里亜、同級生二名に猛毒タリウム飲ませた疑いで再逮捕 問題の先送りリスク浮き彫りに %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e6%95%99%e8%82%b2 yakunin %e4%bd%8f%e5%b1%85 %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

愛知、宮城両県警合同捜査本部は15日、名古屋市のアパートで女性を殺害した容疑で今年1月に逮捕された名古屋大の女子学生(19)が、宮城県の私立高校在学時、同級生ら2人に猛毒の「硫酸タリウム」を飲ませ、殺害しようとした疑いが強まったとして、女子学生を殺人未遂容疑で再逮捕した。愛知県警の調べに「タリウムを飲ませて、観察したかった」などと容疑を認めているという。

 再逮捕容疑は2012年5月27日ごろ、宮城県内の飲食店で女性(19)に対し、また同28日ごろから6月上旬ごろにかけ、通っていた高校内で同級生の男子生徒(19)に対し、それぞれ殺意を持って硫酸タリウムを飲み物に混ぜて飲ませ、2人を中毒にさせたとしている。

 女子学生は昨年12月、名古屋市の自宅アパートで、同市千種区の森外茂子(ともこ)さん(当時77歳)の頭をおので殴り、マフラーで首を絞めて殺害したとして、今年1月に殺人容疑で逮捕された。名古屋地検は鑑定留置の結果、刑事責任能力があるとみている。【谷口拓未、金寿英】

via: <殺人未遂容疑>名大生を再逮捕…高校同級生らにタリウム (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る