御嶽山が噴火、火山灰などの吸い込み、落石などで負傷者発生 王滝村、下呂市、高山市、木曽町で入山規制発令 警戒レベル3


また数年後に大地震・・・・?

気象庁は27日、長野・岐阜県境にある御嶽山(3067メートル)で午前11時53分ごろ、噴火が起きたと発表した。御嶽山の噴火は2007年3月の小規模な水蒸気噴火以来。同庁は噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げた。地元消防によると、負傷者が複数いるとの情報がある。
 国土交通省中部地方整備局が設置したカメラで、御嶽山の南側斜面を噴煙が3キロ以上にわたって流れ下りているのが確認された。
 同庁は火口から4キロ程度の範囲で、噴火に伴う大きな噴石の飛散などに警戒するよう呼び掛けた。また長野県王滝村、木曽町、岐阜県高山市、下呂市に対し、火口周辺で入山規制などをするよう求めた。 

via: 御嶽山が噴火=複数負傷の情報も―気象庁 (時事通信) – Yahoo!ニュース

 

前の2007年の噴火では、4年後の3・11、雲仙普賢岳の時も4年後の阪神大震災。

今回もまた4年後辺りの何かしら地震の予兆になるんだろうか?

前回の場所や今までの履歴からしてやっぱり東日本でなんかある気がするな。

 

先日まで東京で取材も兼ねて色々歩いてたんだけど、あの都市構造ではでかい災害が来たらすごいことになるな。

テロや災害があった時に信じられない規模の死者が出るって実感したわ。

しかもあの密度で人間と建物が集まっていたら、抜本的な改善はちょっとムリだろうしね。

 

今まで二度同じ状況があって、数年後に大地震になった実績を考えると、そろそろ絵空事じゃないで、これは。

 

ちなみに、地震のでかいのが来た時、ゼネコンさん曰く最も安全なのは新しい、耐震がしっかりした建物であれば高層階らしい。一階や二階は潰れる可能性があるんで上に逃げろってことらしい。

火事になったらどうしたらいいのかという不安は激しく残るんだけど、構造上とりあえずそういうものらしい。

 

上に行けば行くほど激しく揺れるんで恐怖は絶頂になるだろうけど、せめて5階以上にには逃げてくれということだった。

 

というか、思い切って密度の低いところに引っ越して、都心に通うようにしたほうが安全な気がするんだけどそれは無理なのかね?

あの密度、交通量で火事になったら、ビル風に煽られて・・・・・悲惨なのでは?

 

 

御嶽山が噴火、火山灰などの吸い込み、落石などで負傷者発生 王滝村、下呂市、高山市、木曽町で入山規制発令 警戒レベル3 defence saigai

 

避難をまじめに検討するにはこの漫画はよく出来てると思う。
あと、東西南北の位置をしっかり頭に叩き込んでおいたほうがいいかも。
東京では西も東もわからない。

 

 

御嶽山が噴火、火山灰などの吸い込み、落石などで負傷者発生 王滝村、下呂市、高山市、木曽町で入山規制発令 警戒レベル3 defence saigai

 

 

 

 

気象庁は27日、長野と岐阜の県境にある御岳山(標高3067メートル)が噴火した、と発表した。同庁によると、噴火は2007年以来。同庁は警戒レベルを入山規制のレベル3とした。長野県庁によると、飛んできた岩に当たって1人がけがをした。けがの程度は不明。同県王滝村によると、1人が足にけがをしているという。木曽広域消防本部によると、火山灰を吸ったという症状を訴えた登山客がいるという情報が入っているが、人数は不明という。

 気象庁によると、27日午前11時53分ごろに発生。国土交通省中部地方整備局が設置しているカメラでは、南側斜面を噴煙が3キロ以上流れ下りている様子が観測されているという。同庁は、噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げ、山頂付近から周囲4キロ程度の範囲で、噴火に伴う噴石の飛散などへの警戒を呼びかけている。

 群馬大の早川由紀夫教授(火山学)は「火砕流が下の方まで下っているようだ。天気がよく、登山者がいたようなので心配だ」と話した。

via: 御岳山が噴火、けが人多数 岐阜・長野県境、火砕流も:朝日新聞デジタル

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る