焼身自殺>>>ミサイル・同時多発テロ  民主主義を理解できないネトウヨ脳、比較機能も故障の模様  新宿駅南口ルミネ  集団自衛権抗議焼身自殺について


これが危ない、危険という人はもういい加減で差別や戦争煽るのやめたらどうだ?

 

 

中韓と戦争になっても海上撃退が!ミサイルは撃墜してっ!!ほばあああああwwww

がネトウヨの持論らしいけど、そこまでやばそうな話でも安心できる神経で、なんで覚悟の自決を人払いして実行した人間が「危険」で「テロ」なのかひとっつも理解できなかったね。

 

あいつら、暴力だの差別だのとすぐに被害者視点で話を展開するけど、よくそんなことで戦争とか、他国のプロパガンダと戦うとかぬかせるよな。

呆れるわ。笑わせるなと言うんだよ。

 

ぶっちゃけ、集団的自衛権とかアメリカを見ての通り、日本人が今以上に誘拐とか同時多発テロのターゲットになるわけで、そんな平和ぼけした奴の街に武装したテロリストが攻撃しに来るきっかけになるかもしれないわけだろ。

少しでも危険を感じたというのが本当だったらそこから戦争がホントに危険だってことに考えが至らない時点で相当頭がやばいと思う。

はっきり言って日本ほどテロに脆弱な国はないわけで、あんまり細かくは言わないけど交通網と日本地図見ただけでどうしたらパニックに陥れられるかアホでもわかるからな。

 

イラクとか朝鮮半島の有事にのこのこ出かけて行ったらあっという間に大変なことになるよ。

東京みたいな過密都市だったら、計画的に火事を起こすだけでも甚大な被害が出る。

 

これからそういうことが起きて、本当に対抗できるのかという事への問もこの覚悟の自決は含んでると思うね。

 

どんなふうに言を左右したところで、

歩道橋の上から転がり落ちてくる焼死体<<(超えられない壁)<<<ミサイル・同時多発テロ・戦争

の危険度なのは明らかな話で、その部分を考えられない人はダメだと思う。

 

「自殺によって社会が変わってはならない」暴力や死を大げさに考え過ぎだよ。

死ぬということに対しても人間は自決権を持っているし、それは色んな形でそこら中で毎日行使されている。

彼はその使い方をああいう形にしようと決めたのであって、それを見て自分の今後にどう反映させるかは目撃者の勝手。

 

結論:ガソリンかぶって火がついた死体と、同時多発テロやミサイルの標的になる危険度を比較できない時点で頭がイかれている。安倍と自殺者、どっちの自分勝手が危険なんだ?

 

 

焼身自殺>>>ミサイル・同時多発テロ  民主主義を理解できないネトウヨ脳、比較機能も故障の模様  新宿駅南口ルミネ  集団自衛権抗議焼身自殺について defence health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc politics jiken netouyo r18

 

アレが危険 コレが不潔 ソレが不愉快
わがまま老人みたいな根性の割にマッチョ思想で戦争の話を四六時中している。
断言してやる。
そんな根性なしは道端のケンカですらまともに出来ないよ。

 

 

焼身自殺>>>ミサイル・同時多発テロ  民主主義を理解できないネトウヨ脳、比較機能も故障の模様  新宿駅南口ルミネ  集団自衛権抗議焼身自殺について defence health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc politics jiken netouyo r18

 

↓関連記事↓

 

 

 

人間の死を「やり過ごさないため」許容した上で「考える」これが平和の秘訣です。考えなかったアメリカはどうなったか。

 

 

 

 

ここからは、テロが、暴力が、反日ガーのネトウヨ脳の群れ

 

 

 

 

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 6月 30日

    政治的主張を伴った焼身自殺を試みた時点で、死の自己決定権のみを根拠にして
    彼の行動を正当化するのは難しい。死の自己決定権は個人主義を前提とした考え方
    であり、公共空間において示威的な行動を取ることを許容するものではないからである。
    実際に被害が出たとか、他人様に迷惑をかけたとか以前の問題として、自分自身に対して
    であれ、暴力行為を通じて政治的主張の実現を目指すことは容認されるべきではない。
    その意味において彼の行動はテロと呼ばれるだけの条件は備えている。

    • gundari
    • 2014年 6月 30日

    @匿名
    でも政治的主張の究極系って暴力ですよ。
    明治維新やフランス革命を野蛮という人が居ますか?
    茶会戦争とか。

    一方で戊辰や西南、南北戦争の南軍が野蛮呼ばわりされたのは負けたからです。
    今の私達は非暴力社会で権力と法が暴力を代替する世界に生きて、その究極の部分を錯覚しているにすぎない。

    その重要性の捉え方は人にもよるけど、公共空間の「快適さ」と「誰かに訴えたい主張や苦しみ」を天秤にかけて後者が勝る場合があるということです。

    公共空間の暴力行為を見てどう思いましたか?
    たったあの程度の一人の死が波紋を呼び起こした一方、のこのこ集団的自衛権を行使して中東や朝鮮半島で自衛隊が軍事行動をしたら、同時多発テロや爆弾テロ、旅先でのテロの標的に日本人もなります。

    「解釈改憲」を内閣が勝手に行えるということは、戦前天皇陛下がお持ちになられていた統帥権を政治家個人が持つことになります。

    それが現実に起きるのかどうかは別にして、彼が訴えていた集団的自衛権はそのような側面をはらんでいます。
    何も考えずに思考停止して、暴力を連呼する事こそ一番危険なことです。

    • 仏眼仏母
    • 2014年 6月 30日

    かつて「単なる人間バーベキュー」とのたまった御仁がいましたが、
    傀儡に安住すると、発想まで同様になるんでしょうか

    ttps://twitter.com/onoderamasaru/status/483356410403495936

    • gundari
    • 2014年 6月 30日

    @仏眼仏母 さん

    丁度新しい記事に使っていたところでした。
    ご参照をどうぞ^^

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 6月 30日

    香ばしい内容ですな

    さぞ焦心なさっていたのでしょうね

    • 在日日本人
    • 2014年 6月 30日

    ネトウヨがいつも「中韓の侵略戦争」を煽っていても、危機感ないのは当然ですよ。
    ネトウヨが暴力的な極右政治家や、自衛隊や軍隊が大好きなのは、その「力」で「自分たち」を「守ってほしい」からです。
    意識的か無意識的かわかりませんが、これらにこびへつらうことで、自分たちの安全保障を他人に丸投げして、自分たちの責任を回避しているからです。
    赤の他人に責任を丸投げして、自分たちは「依頼人」気取りなので、うまくいかなくても「せっかく依頼したのに、うまくやらなかった『お前』が悪い!」なんて平気で思ってますよ。だから、ちょっとやそっとの「痛い目」見ただけでは、「あいつが悪い!」「こいつが悪い!」とかいって、絶対自分を振り返らないで、同じ失敗を何度でも繰り返しますよ。

    結局、ネトウヨがいくらもっともらしい理屈を言っても、根底には「他人任せと責任逃れ」しかないから、ネトウヨの話は「話半分」の価値も無いと財分は思っています。

    また、ネトウヨ同士の団結というか、友情、人間関係、絆()ほど、当てにならないものは無いと思っています。お互いがお互いを当てにして、個々人は責任も行動を取らない集団なんて、烏合の衆以下。
    大体「朝鮮人を殺せー」とか、散々ヘイトスピーチしておきながら、それを真に受けてヘイトクライムした奴がいたら、とたんに「在日認定」して切り離しにかかる。
    もう、これだけで、ネトウヨは信頼に値しません。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 7月 01日

    @gundari
    >>公共空間の暴力行為を見てどう思いましたか?
    やはり悲しいし痛ましかった。彼が真剣であることはわかった。だが彼が伝えたかった
    ことよりも彼が焼ける姿の方が目についてしまった。彼が一生懸命に演説して焼身自殺を
    図って得られたことは集団的自衛権反対派が焼身自殺を図ったというニュースが全国的に
    流れただけ。これでは意味がない。彼の目的は集団的自衛権の実現を阻止することのはずだ。
    だったら彼はその無用さ、代替案を主張し続けるべきではないか?私から見れば彼の行動は
    逃げであり、問題の解決に何ら寄与しない犬死行為である。私は彼を称賛することはとても
    できない。

    政治的主張に暴力が伴ってきたことはもちろん私も知っているし、そうせざるを得ないことは
    今後もあるかもしれない。しかし、上に書いたように私は彼の行動が正しいとは思えないし、
    大したことではないから事件は見過して彼の主張の根本だけを汲み取ってやればいいという
    考え方も受け入れられない。政治的主張は言論のみを通して行うという社会的合意が得られて
    いるならば、違反する者がいれば私たちには批判する義務があるだろう。あなたの言うように
    暴力の代わりに権力と法による統治システムを築いたのだから。

    話を変えていわゆる「解釈改憲」の問題性については私に言わせると裁判所に任せるしかないように
    思われる。内閣が行なったのは集団的自衛権も認められるような解釈をした上で今後は行政活動をする
    という宣言であって、それが適法であるかどうかは別問題である。日本には憲法に適合するかどうかを
    自ら進んで判断する憲法裁判所はないので、日本が集団的自衛権を実際に行使した時に違憲の訴えが
    現れて初めて審査されることになる。そこでの裁判所の判断次第であるとしか言えない。

    集団的自衛権の行使が日本人をテロの対象にするとあなたは主張しているが、日本人は既にテロの対象
    になっていると見た方が妥当な判断ではないだろうか。日揮の社員や日本のカメラマンがテロに
    巻き込まれたのはそんなに昔の話ではない。そういう「現場」にいた人たちではなくて、日本国内での
    テロのリスクや海外旅行者がテロに遭うリスクが高まるかもしれないという懸念は当然抱かれる
    ものだと思う。だがだからこそ報復措置を取りやすいように軍事面の強化、関連する法の整備が必要だ
    という主張に説得力があることも忘れないでほしい。

    • gundari
    • 2014年 7月 01日

    @在日日本人 さん
    飼い主と錯覚しながら飼われ、雇い主と錯覚しながら小銭で餌付けされる連中につける薬はないでしょうね。
    あいつらの場合は信用かどう改善に人間が腐ってるわけで、沙汰の外のゴミ虫としか表現しようがないと思います。

    @匿名 さん

    >日本が集団的自衛権を実際に行使した時に違憲の訴えが現れて初めて審査されることになる。そこでの裁判所の判断次第であるとしか言えない。

    では違憲判決を元に国家を強制できる力が日本の裁判所にあるんでしょうか?
    タイの憲法裁判所は軍隊・警察と歩調を共にしたからああいうことが出来ました。
    さて、日本ではどうなのか?

    あなたのいう非暴力で裁判にこだわった結果、違憲判決に目もくれずに自衛隊を送り出す安倍の姿しか想像できませんけどね。

    その時自衛隊員は暴力以外の何かで死ぬんですか?
    日本人がテロの対象に既になっているといいますよね。あなたはよっぽど海外経験や異国の人と交流がないらしい。
    「この程度で済んでいる」ものがアメリカと同等になる危険性を言っています。

    「裁判所が違憲判決さえ出せばそれで満足、国が違憲状態を継続するのは仕方ない」
    これを思考停止と言っているんですよ。
    むしろ平和や理性を訴えかけながら民主主義においてもっともタチが悪い病質的思考ですよそれ。
    「政治的怠慢」「思考停止」と言うんですけどね。

    >政治的主張は言論のみを通して行うという社会的合意が得られているならば、
    得られてないから「逸脱」に安倍が逃げている。それは言論や論理からの逃亡だからこそその2つでは追えないものであって、そこを錯覚してるからなにかちんぷんかんぷんな意見が出るんでしょうね。

    あれもいや、これもいや、これはデパートで商品を選んでいるわけじゃないんですよ。
    各人ができる最大限の事で「実力行使」をしないと世の中は変わりません。
    あの人の場合焼身自殺だったんだなということで私は承知しましたけどね。

    あなたの言い分は見せかけの安全と日常の利便性に騙されて、現実から逃げてるだけです。

    「センキョ」という他人ごとの言葉で錯覚してますが、社会的政治的実力を持たない人間ほど、他人事だと思っている「センキョ」「セージ」に翻弄されて生きなきゃいけないんですよ。

    私は焼身自殺で一人死んだくらいで何かが変わらないのは知ってますし、自分が死ぬより誰かを殺したほうが世の中変わるだろうと思っています。
    しかし究極の部分での実力行使に出た人間に、「全くお門違いの寝言」をあてるほど不遜ではありません。

    あなたはオツムが寝ている上に不遜な人間に見えますね、私からは。

    >だがだからこそ報復措置を取りやすいように軍事面の強化、関連する法の整備が必要だという主張に説得力があることも忘れないでほしい。

    のこのこ出て行かなきゃ死ななかったやつを死に追い込んで、その報復のためにまた殺し殺されるんですか。
    大した非暴力思想ですね。
    「あれもいや、これもいや」そしてその結果死ななくてよかったはずの人間がどんどん死んでいく。
    法律連呼しながら、未来の死人の生存権を頭から無視している気持ち悪い発想ですよ。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 7月 01日

    @gundari
    私はあなたでないのであなたが持っている価値観や前提はわからない。だからあなたの主張には
    論理の飛躍があると思えるところ、意味が理解できないところがある。確認させてほしい。

    >>「裁判所が違憲判決さえ出せばそれで満足、国が違憲状態を継続するのは仕方ない」
    これはどういうことだろう?あなたが確実に違憲と考える理由、あるいは合憲判決を
    裁判所が出したら怠慢だと考える理由を教えてほしい。

    >>その時自衛隊員は暴力以外の何かで死ぬんですか?
    >>「全くお門違いの寝言」
    >>のこのこ出て行かなきゃ死ななかったやつを死に追い込んで、その報復のためにまた殺し殺されるんですか。
    大した非暴力思想ですね。
    「あれもいや、これもいや」そしてその結果死ななくてよかったはずの人間がどんどん死んでいく。
    法律連呼しながら、未来の死人の生存権を頭から無視している気持ち悪い発想ですよ。
    上の辺りが全体的に何を言っているかわからない。詳細に説明してほしい。

    >>「不遜」どういうところがそう思うか後学のために教えてほしい。

    >>「他人事」どう読んでいるかひらがなで教えてほしい。

    質問は以上。集団的自衛権にはある程度の意味がある、ただ「解釈改憲」
    については無理筋があると感じているというのが私の考えるところだ。
    ちなみに私は非暴力主義ではなく、今回の彼の行動に何ら価値を見いだせないから
    反対しているだけだ。

    • gundari
    • 2014年 7月 01日

    @匿名

    >これはどういうことだろう?あなたが確実に違憲と考える理由、あるいは合憲判決を裁判所が出したら怠慢だと考える理由を教えてほしい。

    どこをどう読んだらそう思うのか意味がわからないけど、あえて説明してあげよう。

    ・裁判所が違憲判決を出した場合

    どうやって内閣を司法が止めるのかと言っている。
    司法は万能ではありません。相手に対しての抑止力(例えば警察、軍事力)を行使できる場合にのみ有効です。
    それになにもかも依存していることを寝言、思考停止、政治的怠慢だと言っている。

    違憲判決が出たまま棚晒しになってるものがいくつあるというのかね。それすら理解できてないとか末期的だね、はっきり言って。

    裁判所の判決に従容と従う人間がなぜ誰が見ても明らかな違憲行為に手を出すのか。
    論理的な想像力が欠けているからたったその程度のことが想像できてないんだよ。

    >上の辺りが全体的に何を言っているかわからない。詳細に説明してほしい。

    全文を通して一貫して暴力より論理で追求する必要性をあなたは説いていますね。
    でも論理が通じない相手の逸脱や暴力をどう止めるかは何も考えてない。
    だから理解できないんですよ。

    自殺した人の行動原理は、安倍の行動を見て「このままでは将来沢山の死者を生む」「その抑止力に役立つなら私一人の命を持って訴えかけるのは有り得る話だ」というものですよね。
    つまり雲霞の死者と自分の一つの命を天秤にかけたわけです。

    ところがあなたは上述までの通り何の実行力も持たない司法に依存して思考停止している。
    その結果、多数が少しの実力行使をすれば誰も死ななくてよかったものが、論理に逃げてしまったことで多数の死者も生み出しかねないと言ってるんですよ。

    >「不遜」どういうところがそう思うか後学のために教えてほしい。
    >今回の彼の行動に何ら価値を見いだせないから反対しているだけだ。

    人の生死の軽重を自分の物差しで図っていることそのものが不遜じゃなかったら何なの?
    他人の生死の自決に反対する余地なんか発生し得ない。
    他人様の生死の判断に自分の価値観が容喙できるという発想は狂ってます。
    不遜という表現自体それをマイルドにしてるつもりだよ。

    >ちなみに私は非暴力主義ではなく

    口先だけでしょ、これも。
    非暴力主義じゃないってことは実力行使を前提にしてるはずなのに、結局は実力を行使することの恐怖から論理に逃げている。

    腰が据わってないことを自覚もせずに、あらゆる論理から都合のいいところをつまみ食いしてるだけなんですよ。
    そして自分が口先人間だってことですら自覚してない。

    不遜であり思考停止なんですよそれは。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る