就活の手引 決定版2016 企業の選び方から諦め方まで


今年から就活を始める人に贈り物

 

一般向けの2016年の展望ってのは、別な記事で書いたんだけど、少なくない人数居るらしき、若い学生さんやフリーターの読者向けにも今年からの展望を書こうと思って就活関係の記事を。

 

この手引自体は、普段から記事にしてる要素をまとめ直した形式のもので、今から就活する君達が何をどうやって選択するのか、どうやって生きていくのかの手引だと思ってくれれば幸いです。

今の就活というのが、労使両方にあんまり面白くないものになっているのは、体系的に考える癖がついてないからなのか、それとも本当にわかっていないからなのか、構造そのものに目を向けてこなかったことにあると思う。

 

就活するってことは、つまり就職した先で利益を上げることが出来るのかという部分に雇用者側は狙いが集約するし、被雇用者はそこに入る以上本当にそれが出来るかを考えざるをえない。

前者の狙いはともかくとして、就活側に大事なのはその本当にできるかの部分の検討だろうし、それを真剣に検討するつもりなら多分今まで考えてなかっただろう経済自体の構造の変化を考えなきゃいけない。

 

今のところそれを親切に解説した書籍は見かけないので、多分ちょっと変わった手引なのだろうと思う、この記事は。

大部分の就活をする人にとって大事なのは、業界の研究じゃなくて経済構造そのものの理解だし、それを前提にしないと就職で安定したいとかそういう人生設計自体が成立しないだろう。

 

今のところみんなが闇雲になって駆けまわり、ジタバタしながら離職した雇用したと馬鹿みたいなことをやっている。

そんなことに付き合っても結局はろくな結果を生まない。

 

就活の手引 決定版2016 企業の選び方から諦め方まで %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 health %e6%95%99%e8%82%b2 domestic %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7 your life

 

 

本当に研究すべきなのは業界か? 大切な”?”は構造そのものに向ける事。

 

↑の画像の女の子たちも、赤丸の部分が目立つチラシみたいなのを読んでいるけど、業界を研究してどんな意味があると言うんだろうか。

今のところ、業界というセクターで企業分析の材料を求める意味は無い。

優勝劣敗が徹底していて、同じ自動車業界だからといってもTOYOTAと、日野自動車やトラックの車体製造企業に就職してもまるで違う結果になってしまう。

 

業界研究の前に、大部分の学生さんやフリーターに必要なのは、21世紀の今日現在の経済構造の理解だ。

今のところ、企業という組織単位でそれを認識できているところも一握りだし、就活側でそれをはっきり理解してる人も本当にごく一部だろう。

 

求人という活動を、ヘッドハンティングで狙い撃ちする場合以外は全て「面」で採用している。

つまり、人をたくさん集めてきて、ピラミッドを形作っているわけだ。

そして企業の本丸部分の人材もそうして集めている日本企業は、それによって転落していってるのが実情だ。

 

にも関わらず今日も同じように人を求人している会社に、業界での人気ランキングを読んであなたが思ったほどの将来性はない。

それだけははっきりしている。

そのうちシャープとか東芝みたいになるのがオチだ。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 1月 04日

    あけましおめでとうございます、毎度面白い記事参考になります
    ロボットが人の職を奪う何て話がありますが自動運転が成熟したらこの先運送系はやばいんでしょうか?

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    @迦陵頻伽 さん

    そこまで到達するのにあと2,30年はかかるんじゃないかと思ってるんです。>人間ドライバーVS自動運転

    というのも、プロのドライバーさんはリアルタイムで道路状況を判断して抜け道を通れますよね。
    当然、道路の状況を無線なんかで共有してます。

    自動運転がそれに拮抗するには、道路自体のIT化が必要なので、日本ではすぐには実装できないだろうと思ってます。

    人間:運転手さんの無線⇔運転手さんの無線 でリアルタイムに情報をシェア
    自動運転:交通情報→FM波で情報配信→AI

    このタイムラグは案外でかいだろうと思います。
    受け取る末端の顧客に、受取可能な時間帯が制限される以上、当面はAIは追いつけないでしょう。
    やばいとしたら、ドローンじゃないかと思います。
    当然その場合も、基幹路線は人間が当面運送するでしょうけど。

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 1月 04日

    ありがとうございます
    定年ギリギリで実用するかも位でそこまで心配する必要はなさそうですね

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    @迦陵頻伽 さん

    と、思うんです。
    多分、そういう意味での自動運転が本格化するのは日本ではなくて中国だろうと思います。
    2005年位でも高速にモバイルネットワークが張り巡らされて、SMSとかのメッセージで「ようこそ○○市へ、この街の名物は□□です、是非楽しんでください」なんてメッセージが突然届いたりしていました。

    あれだけのインフラがあれば中国の機関運送は自動化する余地が大いにあると思ってます。

    • ys
    • 2016年 1月 04日

    いつも為になる記事ありがとうございます。大変勉強になります。

    就活で、地方中核都市の不動産企業に興味をもっているのですが、軍荼利さんはどのように考えておられますか?

    以前の軍荼利さんの記事にも書かれていたように、地方衰退によって大きく不動産企業の在り方も変わらざるを得ないであろうとは思うのですが。

    私自身、普通の人よりは色々なジャンルの本を読むことができる程度で際立ったスキルを持っていないのでどのような戦略をとればよいのか迷っております。

    長文失礼いたしました。

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    @ys さん

    不動産業は人によるシナジーが発生しない産業で、どでかいハウスメーカーやらは別にして、中小企業であるがゆえに人が集まらない産業と言ってもいいと思います。
    つまり、求職者有利です。

    で。
    不動産企業のあり方はあまり変わらないです。
    むしろ今後衰退して企業の頭数が減る分、生き残った企業は利益を増加させるでしょう。
    今のところ、組織化とサービスに特化した企業が結構勃興していますが(もともと金貸しだった連中ばっかりです)、そういう企業に就職せずに、間口三元の小規模企業への就職が一番美味しいと思います。

    従業員数が10人、20人程度のところです。
    なまじ組織化されているところは、不動産業で必要なスキルが身につかない反面、そういうところで親方と一日中一緒に行動してたら、大家にも顔が売れて、設備の修理や仲介の集め方まで全部学ぶことが出来ます。

    つまり、給料を真面目に1000万、2000万貯金して、宅建業の資格を取ればあなたはすぐ独立して、月収が100万200万狙える不動産屋になれるわけです。
    (貯金は自社物件購入の頭金にしましょう。)

    私は不動産屋への就職は、上述のようなものだったらあなたが一番得すると思います。
    社長の真似をして、仕事の内容を覚えて、大家とのやり取りにも積極的に介入して学ぶ。
    ついでに、住宅ローンの仲介で銀行マンに顔を売って、弁護士事務所にも営業行きましょう。
    (付き合いを保っておけば、競売物件の事前査定とか、そういうのが地道な収入につながります。)

    自社物件と賃貸仲介は、実は安定した不動産屋経営の一番の近道です。
    既存の物件は奪わないと約束さえしておけば、独立したいと言っても社長は嫌な顔しませんし。(普通応援してくれます。)

    多分、家族や友人、彼女はいい顔しないかもしれませんけど、10年以内に独立して年で1500万、2000万稼ぐのに一番の近道だと思いますね。
    独立のハードルで言えば、ぶっちゃけ、高収入に弁護士より近道だと思います。

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    ちなみに、就職しても足しにならん不動産屋と、なる不動産屋の区別を追記しておきます。

    ・足しにならない不動産屋
    -多店舗展開して大人数雇っている
    -WEBサイトやらを見たら皆にサービスするとかお題目がやたら多い
    -登記簿謄本をチェックしたら役員が全員親族
     (大人数のサラリーマン組織なのに、役員になって甘い汁を吸う余地が全く見えてこない)
    -社員が若い奴ばっかで意識高い

    これに就職したら大損します。何の勉強もできません、組織が分かれてるから。

    ・足しになる不動産屋
    -従業員がせいぜい10人、20人
    -WEBや店舗で、賃貸と売買の両方を仲介している
    (銀行員との付き合いができます、住宅ローンの仲介で。)
    -物件管理業務も請け負っている
     (仲介につきもののメンテナンス業者にパイプが出来ます)
    -小さくても狭くても、WEBがダサくても、店を清潔で人が来やすいものにしている。
     (立地も外れてない。)

    この辺で見分けてください。
    給料はどっちもしょぼいですが、やめたあとできることの幅が全く違ってきますんで。

    面接で相手が絶対雇ってくれるプレゼンも教えられますので、そこまで決心がついたら問い合わせフォームからメールしてくれたら、メールでこっそり教えてあげます。

  1. いつも興味深い記事をありがとうございます。
    私からも一つ質問させていただいてよろしいでしょうか?

    20年程度でシンギュラリティに到達すると言われているのですが、その時になってもまだ残っている、美味しいといえる仕事はぐんだりさんは何だと思われます?
    要するにドラえもんの居るような世界でのび太くんたちは何の仕事をしていたのか、ということになるのでしょうが。
    配送や低価格の仕事はロボットを使うよりもヒトを使ったほうが割安ならば残るでしょうが、
    金融にしても専門職にしても、いわゆる高単価の仕事はどんどんロボットで置き換えられるようにも思うのですが。

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    @[email protected] さん

    「その後」の世界でも生き残れるものは、

    ・料理
    ・工業技術
    ・電気工

    この辺の職人は堅いと思います。
    で。

    この職人ですが、例えば溶接(工業技術)でほんとうに居るらしいんですが、その人が溶接した接点だけ、強度がビタ1劣化しないような溶接工とか本当に居るらしいです。
    こういう人は生き残ると思います。
    電子化されたシステムそのもののメンテナンスに絶対必要ですから。
    料理も、3Dプリンターとネットワークシステムが、いずれはチェーン店の厨房から人間を駆逐するだろうと思うのですけど、今でいうお一人様2万くらい~の料理は相変わらず安全パイだと思います。
    あと、飲食で言えばラーメン。(客の要求が科学的ではないので、恐らくシステムでの量産はできないだろうと思います。)

    で、シンギュラリティー(近未来SF的な意味での)が20年以内に起きるために必要な条件は満たせていませんので、いわゆる未来予想図はもう少し緩やかな形で我々の生活に舞い降りるだろうと思っています。
    具体的にシンギュラリティーが具体化するのに必要な要件として、地球全体をシミュレートするための基礎情報がたりなさすぎるわけです。

    深海の踏破はまだ出来ていませんし、地球のマントルを見た人も居ません。
    当然、それらが出来たとしてもデータの実装にDBの革命が必要になります。
    (今Googleやイスラエルの先端IT企業が開発してます。)

    私が想像するに、自動運転、人間の脳の電子化、人体の機械化、医療の陳腐化が起きると思っています。
    労働力としての人間の劣後は、文字通り精神や体を機械化することで埋め合わせるような時代になるでしょう。
    そうまでしてなぜ働く必要があるのかという点で、新たな共産革命に近い運動が起きると予測しています。

    医療については、旧世代の医者には想像ができないパラダイムシフトが目前に来ていると思います。
    パンピーの子が増えすぎて、自らの権力が希釈化されていることをもっと重く見るべきだったと思います。
    もう一つに、人体が機械化され(代用臓器、義肢などです)ることと、腫瘍が克服される過程で、収益源が激減して伝染病などのウィルス感染以外出番がなくなるということも大きな起爆剤になるでしょう。

    これらの時代を通じて、郊外の新興宅地は無価値になります。インフラが維持できないからですが。
    つまりどういう街にせよ、存続が可能な街の中心部の市街地の地主が一番美味しい職業だと思います。

    そしてそれに付随する不動産の仲介とメンテナンスの仕事は確実に生き残るでしょう。

    シンギュラリティーによる世界のパラダイムシフト(近未来SF的な)は、地球シミュレーターと人体のシミュレーターの完全版が出来るまでは起きないだろうと思ってます。
    それまでは産業革命が多段階で起きるのだろうと思います。

    • ももた
    • 2016年 1月 05日

    凄くためになる記事でした。
    ありがとうございます。

    軍荼利さんは公務員に就職することについてはどう考えていますか?
    安定を求めて公務員が人気の時代です、

    軍荼利さんはどうのように考えているでしょうか。

    • ももた
    • 2016年 1月 05日

    為になる記事ありがとうございます。

    公務員への就職についてはどう思いますか?

    • ももた
    • 2016年 1月 05日

    あ、質問重複間違いです。
    申し訳ありません。

    コメントが書き込まれてないと勘違いをし、重複してしまいました。

  2. @gundari さん
    なるほどですね。
    つまり、鉄人クラスのスキルを持っていなければあとはメンテナンスかお金に働いてもらう以外ない、ってことでしょうかね。

    医療については、数十年後には、脳の電子化を通じてサイボーグによる不老不死が達成されたりするのかな、とか夢を見てみたり。
    ロボットに人権としての所有権が認められたら面白いことになりそうですね。

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 1月 05日

    攻殻機動隊みたいですね~後百年後に生まれたかった何ていうのはちょっと贅沢なんだろうかw

    • gundari
    • 2016年 1月 05日

    @ももた さん

    公務員への就職ですが、給料半分で生活するつもりで計画をたてるなら悪く無いと思います。
    今から日本が高度成長期以前の国力に巻き戻されるのだとしたら、ちょっと前のインドネシアがロールモデルです。

    その頃のインドネシアは、公務員の給料は、一部は過剰に生産される米現物支給されてました。
    (で、あの賄賂文化が出来上がったわけです。)

    日本も巻き戻される途中で、いずれは人件費に手を付けざるを得なくなると思います。

    ところが、治安は維持しなきゃいけないので安定待遇は確実ですし、入るための間口は広がる一方だと思います。

    • gundari
    • 2016年 1月 05日

    @[email protected] さん

    それ以外の仕事については、ロボットにさせたらもったいない仕事しか回ってこなくなると思いますね。
    コンビニのレジとか、マクドナルドの厨房とかあんなのです。
    (仕事が増えた時に、ソフトウェアを更新する経費が高い)

    銀行のATMの使い方を人間が案内してる無惨な構図が普遍的になるだろうと思います。

    @迦陵頻伽 さん

    私は脳の電脳化とか面白そうなんで相当期待しているんですが、どうも実用に向けて動いてるようです。
    今は脳の非破壊検査が進んだおかげで、脳波の解析がかなり進んでいます。
    倫理的に勧めにくい実験が脳にインプットする書き込みの実験らしいですが、そこら辺をCPUかなんかで脳をシミュレートできるようになれば、あっという間に実装の段階までこぎつけると思いますよ。

    現時点で、脳波でラジコンを動かしたり、脳を遠隔で通信させたりしているものに、書き込みの解析が進めばハードルがなくなりますからね。

    • 在日日本人
    • 2016年 1月 07日

    ニコ動に落ちていた動画ですが、軍茶利さんが言っている脳とサイボーグについての資料を置いていきます。
    2005年のNHKの番組で、今から10年前の公開できるレベルでこれですから、今現在どうなってるんでしょうかね。

    前編
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm5908234
    ここから本番で、マジでかなりグロイ後編
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm5909064

    • gundari
    • 2016年 1月 07日

    @在日日本人 さん

    アニオタ関係の記事を稀に投稿している沙門アニメ君がその手のもんを調査してますが、もう内臓のコントロール信号のところまで踏み込んでるそうですよ。
    インシュリンの分泌とか、肥満関係の薬品なんかの情報が急に出だしたのは、今まで出し惜しんでいたテクノロジーを出して、機械医療に対抗しようという意思なのだろうと思っています。

    例えば糖尿病(Ⅰ型とかの区別なく)の患者に、インシュリンの分泌を正常化する脳のコントロール部品の供与が始まった場合、脳の内的な処置の手術料金と、生涯投薬とのコスト比較で患者が選択するようになります。

    おそらく、医用工学の進歩にともなって、今の社会保障から出費される医療費は3分の1とか4分の1まで転落すると思いますね。

  3. iPSよりもそのへんのほうが早いんでしょうかねえ…。

    iPSでよくわからないのは、例えば心筋梗塞を直すとして、iPSから培養した心筋細胞(もしくは心臓)を手術で移植するのか
    それとも、注射するだけで欠損部位につながって再生するのか。
    前者なら手術が必須になりますが、後者なら医療コスト(金額も時間も)激減しますね。
    自分は手術とか怖いので後者だったらいいなー とか思っちゃいますがw

    • gundari
    • 2016年 1月 07日

    @[email protected] さん

    ipsとかああいう技術のデッドエンドに等しい終着点って、結局はテロメアのリセットになると思うんですよ。
    確かフランスでテロメアのリセット技術が出てきてましたけど。

    機械化できない臓器や部位を機械化に対応させるために必須の補助技術みたいになると思います。
    (例えば脳の電子化で成功したとしても、内蔵や皮膚の細胞の寿命がリセットできないのだとしたら、意味が無いわけで。手術で電子化とセットで移植するようになるんだと思います。)

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る