大阪豊中市路上暴行殺人事件  会社員の山中良威を逮捕  接触事故で口論、被害者の貴志健二さんに執拗に暴行


大阪の路上暴行死 「被害者の死亡を知り怖くなった」出頭の男を殺人容疑で逮捕

産経新聞 6月8日(日)1時33分配信

 大阪市淀川区の路上で7日未明、大阪府豊中市城山町の貴志健二さん(66)が男に暴行され、死亡した事件で、府警淀川署は同日夜、殺人の疑いで、同区木川東、会社員、山中良威(よしたけ)容疑者(33)を逮捕した。

 山中容疑者は現場から逃走したが、同日午後3時20分ごろに妻と両親とともに同署を訪れ、「殺人事件は私がやりました」と自首した。インターネットのニュースで貴志さんの死亡を知り、怖くなって出頭したという。

via: 大阪の路上暴行死 「被害者の死亡を知り怖くなった」出頭の男を殺人容疑で逮捕 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

殺意があったかなかったかの話は別にして、被害者の受けた傷が顔面骨折と頭蓋内損傷って事は、こりゃ倒れてから相当しつこく頭を踏みつけてるね。

ちょくちょく書いてることだけど、巻藁とかできちっと鍛えてない拳で人間の頭蓋骨や頬骨を割ることは出来ない。

出来たとしても拳や指にヒビが入るか、骨折して一発で使い物にならなくなる。

 

つまり足で頭部に攻撃を加えたことになるんだけど、なんにもやってない人が酒飲んで頭部をかかとで蹴れるほど自由自在に足動かせるはずもなく、腹殴って相手を引き倒して、その頭を踏んだり蹴ったりしたんだろうね、それも執拗に。

殺意があってもなくても、倒れた人間への攻撃はとりあえずマジでやめといたほうが良い。

 

体が固い人でも肩より低い高さを対象の攻撃はへその位置か地面を頂点にして威力が比例して上がるもんで、なんの心得もない人でも体重をかけた攻撃が簡単にできる。

しかも倒れた人は地面を背負って攻撃を受けるわけで、コンクリやアスファルトで殴ってるのとほとんど同じになるからね。

腹をけったりしてもサッカーボールキックで伸びてる人間の腹部をけったら、胃腸や肝臓といった臓器が結構容易に傷害することになる。

 

つまり倒れた時点で加減がちゃんと出来ない奴は、もう終わりにしなきゃいけないってことだ。

そこから踏み出したらこうして、道端の揉め事だったのが殺人事件に発展することになる。

 

今どき、年寄りの年齢の人も、服装と栄養状態の差でパッと見そんなに老けて見えない時代になったけど、あれだって体の内部はしっかり老化している。

骨はもろくなっているし、ちゃんとついてるようにみえる筋肉も弾力を失って打撃に極度に弱くなっている。

年寄りは年寄り、少々腹が立つ事があっても自分のためにもムキになって相手にしないことだね。

 

この加害者の山中というのも相当アホだったんだろうけど、被害者のじいさんもよせばいいのに若い時のノリで突っ走って、相手が引けないところまで馬鹿なこと言ったんだろう。

酔っ払って力の加減ができない壮年と年寄りの間には越えがたい力の壁がある。

シラフだったら理性の壁が防護壁になるけどね。

 

 

大阪豊中市路上暴行殺人事件  会社員の山中良威を逮捕  接触事故で口論、被害者の貴志健二さんに執拗に暴行 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 domestic jiken %e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e9%81%94 r18

 

倒れてんのに相手がまだやめてくれない時は
頭を抱え込んで腹部をダンゴムシみたいに丸めたほうが良い。
総合格闘技とかやってる人だと何かもっと華麗なディフェンスがあるんだと思うけど、
そういうのが出来ない場合はベストなガードになる。

 

 

大阪豊中市路上暴行殺人事件  会社員の山中良威を逮捕  接触事故で口論、被害者の貴志健二さんに執拗に暴行 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 domestic jiken %e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e9%81%94 r18

 

↓関連記事↓

 

 

 

同署によると、山中容疑者は自身の大型スクーターと貴志さんが運転していた軽乗用車が接触し、互いに降車してから口論になったと説明。「腹が立って殴ったり蹴ったりしたのは間違いない」と暴行については認めているが「殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。

 山中容疑者は直前まで会社の後輩と酒を飲み、帰宅途中だったという。

 貴志さんは顔面を骨折して顔から出血しており、司法解剖の結果、死因は頭蓋内損傷と判明した。同署は山中容疑者が頭部を中心に執拗(しつよう)に暴行していることから、殺意があったとみている。

 逮捕容疑は7日午前1時10分ごろ、自宅近くの路上で貴志さんの顔や腹に複数回殴る蹴るの暴行を加え、死亡させたとしている。

via: 大阪の路上暴行死 「被害者の死亡を知り怖くなった」出頭の男を殺人容疑で逮捕 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 山中良威(やまなかよしたけ)
    • 2014年 6月 09日

    山中良威(やまなかよしたけ)のようなクズは、死刑にしてもらわな怖くて車運転できません・・・
    山中良威(やまなかよしたけ)を、この世から抹殺してください!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る