ニュースクリップ@経済  2014/07/24 貿易収支、上半期の赤字が半期ベースで過去最悪に、転落するアベノミクス


円安、商品の供給不安・高騰
九九ができればアホでもわかる結末だった

 

「今はじめて貿易収支がやばいのに気づきました」とでも言うのかという話で。

たとえ商品の価格が高騰しなくても、為替レートが円安に動けば、ドル建てベースの契約更新時に値嵩になるってだれでもわかると思うんだけど。

1×1,7は1,7だよね。まさか1と0,7で3割安くなるとか思ってたのかとまじめに聞きたくなるよ。

高度成長期のインフレ傾向とかいわゆる「傍証」を揃えて因果関係を再現しようとしたんだろうけど、それはアガリスクとがんが治る民間療法みたいな話で、再現性が保証されてないってのは相当数の人が指摘していた。

給料は上がりません、税金は上がります。物価はインフレのためにどんどんあげます、自民党に投票した人、今どんな気持ちなんだろね。

円安と輸出産業?為替が安くなって尚優位性が維持できるとしたら、それは生産の技術的優位性がほかを圧倒してる場合だけなんだよ。

そうじゃなきゃ魅力的商品を開発するしかないの。

 

米騒動なんて笑ってられない事態になると思うよ。
円高の内に産業を再編すべきだったしむしろ推進すべきだった

ニュースクリップ@経済  2014/07/24 貿易収支、上半期の赤字が半期ベースで過去最悪に、転落するアベノミクス economy economy news
国力がこのまま衰退したら円安のひどいのは不可避なんだよね。
貿易収支、上半期の赤字が半期ベースで過去最大
輸入現象=スマホも買えない国民が増えてるってこと。
希望的観測で大本営発表繰り返す政府
今年度も12兆円台の巨額貿易赤字か、5月の輸出回復せず
貿易収支 24か月連続の赤字、過去最長
海外メディアに向け大法螺 世界に響き渡る安倍の法螺貝

 

アベノミクス・集団的自衛権はトリモロされる一方
放ったらかしの児童福祉・婚姻制度
SHINE!したあとは放置プレイの「美しい国」

 

アベノミクスは「悪魔」退治します!と喚き散らして政権奪還した安倍内閣。

「私達の生活がトリモロされる」と騙された頭の弱い人々。

信じて安倍熱狂支援をした今、生活は全く改善されず、婚姻制度など少子化対策はほったらかしで戦争モード。

そろそろ夢から、覚めてみない?生きた人間にキリストと同じ能力を期待しても意味が無い。

 

少子高齢化対策したけりゃ女性の自発的意思とその結果の保障を手厚くするしか無い。

ニュースクリップ@経済  2014/07/24 貿易収支、上半期の赤字が半期ベースで過去最悪に、転落するアベノミクス economy economy news
必然的に鉄砲より児童福祉になるんだけどね。
無戸籍の男女3人が「公的支援」求めて署名提出
人として生きる術を奪われた「無戸籍児」を救うには(上)
人として生きる術を奪われた「無戸籍児」を救うには(下)
輝け!女性起業家たち 「早く結婚して出産して子供を預けて働け」
塩村文夏都議の過去の発言に群がる鈴木脳のネトウヨ達
現実を見ずに天下国家を喚くものにろくなのはいない

 

好景気で給料が上がれば貧乏になる一般人
算数の出来ない為政者は国民にとって地獄

 

株が上がった、景気が良くなった、給料が上がった!、で500円の弁当を食わされる一般人。

毎日自分が何食ってるか覚えてないんだろうか?

まともに自分の食事を見たら、すぐに欺瞞に気づく気がするんけどね。

大臣は高給天ぷらとちょっと飲んで20貫で4,5万の寿司。

一般人は昼飯が500円の弁当、晩飯は漬物と納豆と生卵とご飯。意味がわかりません・・・・

 

 

ビジネス・戦争・政治に一つだけ共通しているのが、「間違いに早く気づいて改めること」なんだよな。
出来ないやつから周囲を巻き込んで破滅していく。

ニュースクリップ@経済  2014/07/24 貿易収支、上半期の赤字が半期ベースで過去最悪に、転落するアベノミクス economy economy news
「給料が上る」前は何食ってたんです?
上昇中だが今なお500円台…サラリーマンの昼食代事情
鶏卵と食用油脂の値段を見れば「上昇」がまやかしだって馬鹿でもわかる
4万円に届かず、サラリーマンのこづかい事情
豚肉価格高騰、家計に影響じわり
家計の景況感が悪化、先行きは改善見通し=6月日銀生活意識アンケート
ガソリン高騰家計圧迫 千葉県内も夏休みのお出かけ直撃
腐った鶏肉まで食わさないと維持できなくなっている貧困の家計

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る