「選挙に勝ちたかった、目指せ100人」代理出産で手配され逃亡中の重田光時、単なる思いつきで子供を量産の模様  タイ人の代理人弁護士も辞任


 

 

何だったんだこの事件の動機は・・・・ まさか代理出産で他人に自分の種の子供を押し付けてほくそ笑んでいたのか?

それとも慈善的な意志で・・・・

などと思っていたけどこりゃ想像の斜め上の動機だなw

 

だって思いつきで子供を100-1000人とかすごすぎるよねw

何かしら偏執的な事があってそういう考えに至ったんだろけど、まぁつまりはメンヘラだったんだろ。

 

どうまともに計算しても子供が1000人いたって選挙に勝てないし、そもそも金がいくらあったって足りないよそれは。

オスマントルコのスルタンじゃないんだから普通お金の計算で行き詰まってやらないと思うんだけどな、まぁメンヘラだったからそこをすっ飛ばしたんだろう。

 

今回のこの事件で俺が一番心が動いたのはクーロン黒沢さんのコメントを見たことだったな。

あの人ももうカンボジアから日本に引き上げたのか。

 

九龍城も遠くになりにけり、と寂しかった。

 

 

「選挙に勝ちたかった、目指せ100人」代理出産で手配され逃亡中の重田光時、単なる思いつきで子供を量産の模様  タイ人の代理人弁護士も辞任 crime international jiken

 

こういう訳のわからない連中が世界中で人生を謳歌していた時代も
そろそろ終わるんだろなぁ。
何かしら戦争モード、どこかしら落ちぶれた日本。

 

 

「選挙に勝ちたかった、目指せ100人」代理出産で手配され逃亡中の重田光時、単なる思いつきで子供を量産の模様  タイ人の代理人弁護士も辞任 crime international jiken

 

 

 

 

【バンコク時事】タイを舞台にした代理出産問題で、渦中の日本人男性(24)が昨年、関係者に「100~1000人」の子供をつくろうと計画していると話していたことが14日、分かった。これまでのタイ警察の調べで、男性は代理出産を通じて少なくとも15人の子供をもうけたとみられることが判明しているが、今後、子供の数はさらに増える可能性がある。

 

 

 

 タイやグルジアで生殖医療サービスを展開し、この男性にタイで代理母を仲介した「ニュー・ライフ・グローバル・ネットワーク」共同創設者のグルジア人、マリアム・ククナシビリさんが電話取材に応じた。それによると、男性に2人の代理母を紹介し、昨年、双子を含む3人の子供が生まれた。
 ところが、同時期に男性が別のクリニックでも代理出産で3人の子供をもうけようとしていたことが判明。ククナシビリさんは男性本人に会ったことはなかったが、その後も男性はククナシビリさんのスタッフに「毎年10~15人の子供が欲しい」「100~1000人の子供をもうける計画だ」と話し、さらに代理母を紹介するよう頼んだ。
 動機について男性は「世界のために私ができる最善のことは、たくさん子供を残すことだ」と語ったという。(2014/08/14-22:06)

via: 時事ドットコム:「100~1000人の子」計画=邦人男性が代理出産で-「世界への善行」・タイ

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 15日

    確実に日本人の発想ではないな。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 15日

    斜め上過ぎる気がするけど、雄の本能に忠実とも言えますね。

    何か漫画みたいな奴だなぁ。

    • 愛国左派
    • 2014年 8月 16日

    どっかの無人島か人工島で国でも作りそうな勢いだなw

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 17日

    途方もない阿呆さで唯々厭きれる…。
    何にせよ自分でまいた種なんだから責任以て育てろよ。
    いや、まともな養子先探して養育費だけ払い続けた方が子供のためか…。

    • 名無しさん@名無しの女神
    • 2014年 12月 28日

    どっちみち、この勘違い、ボンボンが、タイ警察に逮捕→日本に強制送還され、再び、日本の警察に逮捕されるっていうことになるのは、もはや、時間の問題だと、思う。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る