脳みそを食べる蛆虫発生  ”ペルーを旅行した英国人女性、頭部から肉食ハエの幼虫見つかる 脳に達すれば死に至る危険も”


最近、白人の国ではエコツーリズムというのが流行っている。

パッと聞いても何がエコなのかわかりにくいと思うけど、単純に山や原野のトレッキングツアーや、半サバイバルツアー、農村や漁村で過ごす旅ね。

で、これがまたロケーションと完璧にマッチしてないNYとかLAから来ましたみたいな線の細いオネーチャンも沢山居て、どうしていいかわからないままにうろちょろして、虫に刺された、魚に噛まれた野良犬に攻撃されたと言って騒いでいる。

 

まぁ、流行りものだし、日本のおねーちゃんたちの好きなパワースポットみたいなもんだと思ったらいい。

 

ところが、南米とか東南アジアや中央アジアだと、ごく普通に危険生物は沢山いるし、寄生虫や蚊を媒介にして伝染する病気とかが当たり前みたいにあるわけ。

どうせそのうち日本でもブームになるだろうから注意方法は書いておくけど、原則的に気をつけた方がいい過ごし方を厳守しないとすぐお腹壊したり病気になったり、帰ってから寄生虫が見つかったりするよ。

 

まず、基本的な話だけど、虫除けスプレーを買うときにDeet値というのをよく見てから買ったほうが良い。

この数値が除虫効果の高さを示しているもので、低いのは効かない。

蚊もブンブン来るし、ただスプレー振っただけになってしまう。強い奴はあんまり体に良くないんで気をつけたほうがいいんだけど、とにかくDeetの高い市販品なら死ぬほどの問題は出ないんでまずそこを選んだほうが良い。

 

もし、そういうのが手にはいらない場合は、アジアだと蚊取り線香を必須で携帯する(現地で入手できる)ことと、その他の文化圏では蚊取り線香はないんで持っていくようにすることだな。

で、現地に行けば必ず「ジャングルジュース」とかそういうネーミングで強力なハーブとかを組み合わせた除虫剤があるんで、足の甲から耳の裏まで蚊が寄ってくるところは必ず塗っておくことだ。

あと、できるだけ靴やサンダルで行動して、足の裏を地べたにくっつけないことだな。

 

寄生虫の半成体は、動物の臭腺の成分を嗅ぎつけて飛びついてくるようになってるんで、信じられないようなところから侵入するっぽい。

それと、淡水魚を食うときは、サイズがでかい魚は必ずエラを抜いて、首の付根に包丁を入れてから完全に加熱して食うこと。

エラを抜かなかったら火の通りが悪いんで、そこが生のままになって経口感染の原因になる。これは甲殻類も一緒なんで気をつけるべきだな。

後、犬も近づかないほうが良い。

 

で、蚊も刺されすぎるとアレルギー症状を起こすようになって、俺が今そうなってるけど刺されたら炎症みたいになって痒みが抜けなくなってしまう。

繰り返しになるけどジャングルジュースとか虫除けだけは切らさないように気をつけたほうが良い。

蚊柱といって、信じられないくらいの密度の蚊が、風で吹き集められて浮遊してくることがあるんだ。これも視力が弱い人はぱっと見気づかないけど、突っ込んだら運の尽き、チクチクするほど体中にとまられてボコボコになるほどかまれる。

 

刺された後、場合によっては悪寒がして発熱し始めて、デング熱かエリアによってはマラリアの危険性がある。

マラリアの感染エリアの場合は病院に行くとして、デング熱かは、手首の少し下を紐でゆるく縛るか、用意がない場合、指で輪っかを作って血流を止めて真っ赤になるまで様子見。

斑点状に赤くなってる場合、抗体反応が起きてる可能性が高いんで、この場合は病院に行くべきだな。

 

あんまり気にしてたら楽しく旅行ができないんでほどほどでいいと思うけど、意識せずにこれくらいはできるようにしといたほうが変な病気とかになりにくいと思うよ。

後、水辺にも気楽に近づかないほうがいいよ。

見たことある人はわかってると思うけど、ワニって足元にいても全ッ然わかんないから。野生動物でも気づかずに食われてるわけで、それくらいは考えなくてもわかるだろうけどな。

 

 

脳みそを食べる蛆虫発生  ”ペルーを旅行した英国人女性、頭部から肉食ハエの幼虫見つかる 脳に達すれば死に至る危険も” health international %e5%8c%bb%e7%99%82 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

 

都会的なすげーいい女がエコツーリズムにやってきて、3日目くらいにトイレがない場所で宿泊するときなんかに発狂寸前の表情になってたりするとちょっと興奮してしまうw
そういうおねーちゃんたちを観察してたら、友達のイケメン白人が出したものを見に行こうとか言い出したけど、ひでーやつだw
「でっけぇ!あいつLAのトイレでこんなの出してやがるのかよ、何食ってんだ普段」
とか滅茶苦茶言ってたのを思い出す。

 

 

脳みそを食べる蛆虫発生  ”ペルーを旅行した英国人女性、頭部から肉食ハエの幼虫見つかる 脳に達すれば死に至る危険も” health international %e5%8c%bb%e7%99%82 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

 

↓関連記事↓

 

 

 

1:2013/07/19(金) 00:14:55.39 ID:

 ペルーを旅行した英国人女性、ラシェーリ・ハイスさん(27)は頭痛を訴え、病院で検査を受けたところ、頭部には肉食のハエの幼虫
が見つかった。幼虫は皮膚を破って内部から頭を食していた。インターナショナル・ビジネス・タイムズが報じた。

 ハリスさんは旅行中、頭にハエがとまっていたのには気づいたものの、特に注意を払わなかった。ところが帰国と同時に頭部に激痛
を感じ、病院に駆け込んだ。医師らはハリスさんを詳しく調べたところ、頭部に肉食虫のCochliomyia hominivoraxの幼虫8匹が
見つかった。

 幼虫はハリスさんの頭部をかじり、すでに12センチの長さのトンネル状の穴を開けていた。今のところ医師らが駆除に成功したのは
8匹のうちわずか2匹。幼虫がハリスさんの脳にまで達した場合、死にいたる危険性があるため、医師らは手を尽くして残りの虫の駆除
にあたっている。

 この虫は160年前に全滅したと思われていたが、実は生き残っていることが最近になって明らかにされている。

ソース(The Voice of Russia) http://japanese.ruvr.ru/2013_07_18/118140551/
脳みそを食べる蛆虫発生  ”ペルーを旅行した英国人女性、頭部から肉食ハエの幼虫見つかる 脳に達すれば死に至る危険も” health international %e5%8c%bb%e7%99%82 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9



2:2013/07/19(金) 00:17:31.88 ID:

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ

3:2013/07/19(金) 00:18:24.70 ID:

Cochliomyia hominivorax でぐぐったら凄い画像だった
殺人バエじゃん・・・

4:2013/07/19(金) 00:18:58.72 ID:

脳じゃない頭ってどこのことよ。どこに12cmも穴掘ったんだ?

5:2013/07/19(金) 00:19:28.35 ID:

リアルエイリアン……

6:2013/07/19(金) 00:22:01.79 ID:

人類に対する警告じゃあ

何ソレこわい


7:2013/07/19(金) 00:22:19.82 ID:

>ソース(The Voice of Russia)
>ソース(The Voice of Russia)
>ソース(The Voice of Russia)

お疲れ様でしたwww


8:2013/07/19(金) 00:24:58.74 ID:

アマゾンに墜落した飛行機の乗客の生き残りも

ハエだか蚊に卵をうみつけられてたな・・・

正解は肉ごと卵をチギり捨てるだそうだ。


9:2013/07/19(金) 00:25:12.29 ID:

 

  _ノ乙(、ン、)_ちょっともろきみ!画像検索したらキモ杉じゃない!!


10:2013/07/19(金) 00:33:43.02 ID:

口の中にもウジが湧いてるなるて地獄やな(°Α°)…
http://www.huidziekten.nl/zakboek/dermatosen/mtxt/Myiasis.htm

11:2013/07/19(金) 00:37:40.85 ID:

 
よし許す! 絶滅させい!

あ、その前にこいつに寄生させろ

>通り魔:小5女児重体、容疑者逮捕 殴り、踏みつける--茨城


12:2013/07/19(金) 01:10:19.45 ID:

キムチにも変な寄生虫がいて、脳を食い荒らすだけではなく、人間の行動を
コントロールしてしまうって話は本当か?

13:2013/07/19(金) 01:15:06.03 ID:

頭蓋骨の中に侵入したってこと?

14:2013/07/19(金) 01:15:44.76 ID:

>>12

コントロールはトキソでそ
死にはしない


15:2013/07/19(金) 01:21:30.67 ID:

怖ぁ!

16:2013/07/19(金) 01:34:39.68 ID:

>>12

そんなことあったら韓国人全員寄生虫の傀儡だろう?

……!


 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る