ネトウヨ「ブサヨは言論で返せよ」 元朝日記者、植村氏の弁護団に大量FAXで業務妨害 東京弁護士会が法的措置表明


嫌がらせに忙しく言論に手が回らないネトウヨ達

 

元朝日新聞記者で慰安婦問題の報道に関わった植村隆氏の代理人を務める弁護士の事務所に、大量のファクスが送られて業務に支障が生じたとして、東京弁護士会は2月17日、「きわめて悪質、卑劣であり、断じて看過できない」と非難する高中正彦会長の声明を発表した。

 

植村氏は、週刊誌の記事で名誉を毀損されたとして、出版社などを訴えている。今回、大量のファクスが送られたのは、その訴訟の弁護団事務局長を務める神原元弁護士の法律事務所。2月7日の早朝から昼すぎにかけて、431枚の発信者不明のファクスが送りつけられ、メモリー容量がいっぱいになってファクスが受信できなくなったという。

 

声明によると、ファクスの内容は、植村氏に対する中傷や家族のプライバシーに触れるもの、慰安婦問題に対する揶揄などだった。

 

via: 元朝日記者・植村氏の弁護団に「大量ファクス攻撃」 東京弁護士会が非難声明(全文)|弁護士ドットコムニュース

 

言論には言論で返せよが口癖のネトウヨ、植村氏の言論には言論ではなく生活破壊と家族の攻撃という直接的な嫌がらせや犯罪で立ち向かったらしいけど、相変わらず日本の民度は素晴らしいみたいだね。

古代中国の極刑の一種、族滅という刑罰で一族郎党皆殺しにしていたのを彷彿とさせる執拗さ。

 

先進国の言論と司法のシステムが嫌だったら、イスラム国とかアフリカに引っ越せばいいのになんで日本に居座るんだか。

主張内容がボコ・ハラム、行動内容が出版社銃撃事件のテロリスト、見た目がキモオタと還暦間近のおっさん、日本に一番必要ない連中はお前らだろとw

 

今回の植村氏の反撃で注目するべきなのは、出版社も含めて訴えたことにあるんだけど、こういう叩きの憎悪を煽ってきた週刊誌なんかに責任を取らせるのは重要な事だろう。

櫻井よしこにしても、従軍慰安婦問題の反論に飽きたらずに嫌がらせを惹起した責任はある。

 

そういった行動を自分自身に全部適用するだけの覚悟が出版社とか櫻井よしこにあったかといえば無かったわけで、最前線に櫻井とかマスコットを置くことで自分は追求から逃れようとしてきた新種の右翼の行動はこの際仕組みを暴かれてしかるべきだろう。

 

わかりやすく言えば、櫻井よしこというのはオタサーの姫であって、カワイイは正義路線の象徴なわけだ。

激しい歴史修正の地ならしを櫻井よしこがやって、今現在表に出てきている新種の右翼はそれが済むまで陰でなりを潜ませていた。

 

櫻井よしこがマスコットとして世間から深い追求を受けずに素地を作り上げたところに、更に先鋭化した大東亜史観を社会にばら撒いてきたのが1995年以降の新種右翼の実像だろう。

 

今までは女のしてることだから、で見逃されていたものが、オタサーの姫のやってることの副作用が半端じゃなくなってきた。

報道の間違いの責任を、記者個人が家族の暮らしまで賭けて負わねばならないというのは労使関係の否定に直結しているし、まともな報道が払底することに直結している。

 

植村氏にそうした嫌がらせをするすべての人は、仕事のミスに家族も連座させる覚悟があるんだろうね?

 

出版社にしたって、誤報というものの責任を植村氏に求めるほどの覚悟を持って自分たちは取ってきたんだろうか?

松本サリン事件の河野さんに何をやったか忘れてないとは言わせないし、産経新聞の従軍慰安婦報道や南京大虐殺30万人説の流布の責任は誰もとってない。

 

それは誤報の責任や、ある焦点に人目を集めたい時にあえて用いる扇情手法を否定した場合紙による報道が成立しなくなることを誰よりも自分たちが知っているからだ。

 

彼らは今のところ気づいてないらしいけど、今は朝日「だけ」をスケープゴートに楽しんでいる血祭りの次の椅子に座るのが誰なのかはわからないということは絶対に忘れてはいけない。

戦時中の竹槍事件に限らず、誰かをスケープゴートにして道筋を作ることで抜けられなくなった泥沼があった。

 

泥沼の中で足を引っ張り合い、不毛な魔女狩りを引き起こしてきた歴史が確かにあった。

 

泥沼じゃない社会の維持に貢献するからこそ許されていることが、泥沼社会になったら許されなくなる。

そして次の歴史で被告人席に座るのは自分たちになる。

 

 

ネトウヨ「ブサヨは言論で返せよ」 元朝日記者、植村氏の弁護団に大量FAXで業務妨害 東京弁護士会が法的措置表明 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e5%95%8f%e9%a1%8c %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc houdouhigai %e5%9c%a8%e6%97%a5%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba jiken netouyo %e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%82%8e%e4%b8%8a %e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc

 

海外と科学技術や経済、文化表現で競争して、
何かを勝ち取ってくるというなら右でも左でも大いにやればいい。
でも結局のところ、イデオロギー論争が生むのは魔女狩りだけ。
金儲かって余裕があった時になぜやらなかったの?
金があるときはバブルに踊って買い物に狂ってた奴が、貧乏になって政治マニアになっただけじゃ?

 

 

ネトウヨ「ブサヨは言論で返せよ」 元朝日記者、植村氏の弁護団に大量FAXで業務妨害 東京弁護士会が法的措置表明 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e5%95%8f%e9%a1%8c %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc houdouhigai %e5%9c%a8%e6%97%a5%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba jiken netouyo %e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%82%8e%e4%b8%8a %e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

2015年02月17日

 

東京弁護士会 会長 高中 正彦

 

従軍慰安婦に関する記事を書いた朝日新聞元記者は現在週刊誌発刊会社等を被告として名誉毀損に基づく損害賠償等を請求する裁判を追行しているが、この裁判の原告弁護団事務局長が所属する法律事務所に、本年2月7日午前5時10分から午後0時27分までの間に延べ9件合計431枚の送信者不明のファクシミリが送りつけられ、過剰送信によりメモリーの容量が限界に達してファクシミリ受信が不能となる事件が起きた。ファクシミリの内容は、朝日新聞元記者に対する中傷、同記者の家族のプライバシーに触れるもの、慰安婦問題に対する揶揄などであった。

 

この朝日新聞元記者に関しては、2014年5月以降その勤務する北星学園大学に対し、学生に危害を加える旨を脅迫して元記者の解雇を迫る事件が起きており、当会ではこのような人権侵害行為を許さない旨の会長声明(2014年10月23日付け)を発出したところである。しかし、その後の本年2月にも再び北星学園大学への脅迫事件は起きている。

 

言うまでもなく、表現の自由は、民主主義の根幹をなすがゆえに憲法上最も重要な基本的人権のひとつとされており、最大限に保障されなければならない。仮に報道内容に問題があったとしても、その是正は健全かつ適正な言論によるべきであり、犯罪的な手段によってはならない。

 

今回の大量のファクシミリ送信は、いまもなお朝日新聞元記者に対する不当な人権侵害とマスメディアの表現の自由に対する不当な攻撃が続いていることを意味するだけではなく、元記者の権利擁護に尽力する弁護士をも標的として、司法への攻撃をしていることにおいて、きわめて悪質、卑劣であり、断じて看過できない。

 

当会は、民主主義の根幹を揺るがせる表現の自由に対する攻撃を直ちに中止させるため、関係機関に一刻も早く厳正な法的措置を求めるとともに、引き続き弁護士業務妨害の根絶のために取り組む決意である。

 

via: 元朝日記者・植村氏の弁護団に「大量ファクス攻撃」 東京弁護士会が非難声明(全文)|弁護士ドットコムニュース

 

元朝日新聞記者で従軍慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆氏(56)が10日、週刊誌などで記事を「捏造」と書かれて名誉を損なったとして、ジャーナリストの櫻井よしこ氏や新潮社など出版社3社に計1650万円の損害賠償や謝罪広告の掲載を求め、札幌地裁に提訴した。

 訴状によると、植村氏が朝日新聞記者時代の平成3年に韓国の元慰安婦の証言を取り上げた記事を「捏造」「意図的な虚偽報道」などとする櫻井氏の記事が週刊新潮(昨年4月17日号)など3誌や櫻井氏のオフィシャルサイトに掲載された。植村氏は札幌市内で記者会見を開き「私は捏造記者ではない。不当なバッシングには屈しない。事態を変えるには司法の力が必要だ」と訴えた。植村氏は1月にも文芸春秋などを相手取り、同様の訴訟を東京地裁に起こしている。

 

via: 「私は捏造記者ではない」 元朝日記者が櫻井よしこ氏ら提訴 – 産経ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 仏眼仏母
    • 2015年 2月 18日

    大量FAX攻撃ってかつて幸福の科学がやってた手口ですよね

    ところで軍荼利氏は、ネトウヨを踊らせている
    ネトサポとカルト宗教との関係性をどう思われますか?

    なんかネトウヨ君たちの行動を見ているとなんだかね
    過度な終末思考(日本は在日に乗っ取られている等々)
    思考・思惟することの放棄(ソースは2chまとめ)
    選民思想(俺は正真正銘の日本人なんだ!! 在日死ね!!)

    まあカルト信者と同じような言動なので

    • gundari
    • 2015年 2月 18日

    @仏眼仏母 さん

    ボキャブラリー少ない人の言動が可視化されたらカルトっぽく見えるのはしょうがないんじゃないですかね。
    中核にそういう奴が居るのかもしれないと私も思いますけど、ひとつの焦点にピントを絞り込んで耳聾になったら人間あんな反応しかできないんじゃないかと思います。

    多分、紙媒体のまともな本を読んで情緒を育成する環境で育つことができなかったのだろうなと思います。

    • 本屋はショールーム
    • 2015年 2月 18日

    近所に降伏の科学の集会所(?)があるせいか
    割と大きな本屋に降伏の科学出版の本が珍列されているのですが、その中で
    コリャ・アカンターレこと大川隆法氏がありがたき霊言(と主張しているが実態はイタコ芸)を
    書き綴ったと思われる嫌中韓本、ニホンマンセー本が結構な割合を占めているのです。
    これってやはり頭の足りないネトウヨ向けなのでしょうか?

    • gundari
    • 2015年 2月 18日

    @本屋はショールーム さん

    次世代の党・田母神に限らず、ある特殊な思想的背景を持った、一般的認知を得にくい人々が民衆と共有できそうなものは、大きく分けて平和思想とタカ派思想になるわけです。

    平和思想というのは、ネット側から俯瞰した場合、左翼、ブサヨと呼ばれるリスクが無限大の上に、付け焼き刃で参入できる分野ではないので彼らは口に出せない。

    反対に、実務的労苦を伴わないタカ派思想は、ネトウヨ層の支持を得やすいので選挙に使いやすいという判断があるということだと思います。

    選挙の部分をPRと置き換えてくださってもいいと思いますが。

    何しろ、事あるごとにヘタれる安倍を見てもお察しの通り、実際の日本の軍備を進めていく上でハードルが物凄く多いわけで、口に出したことが履行できなかったとしても支持者層のネトウヨと被害者仲間になれるというおまけが付いているわけですしね。

    福祉や平和というのは、失敗と落選が常に裏腹になっていますが、タカ派言動に限ってはそうはなってない現実は限りなく魅力的でしょう。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 19日

    ネトウヨ「韓国には「溺れた犬は棒で叩け」という諺があるwww」(そもそも魯迅の言葉ということは置いといて)

    こういう事を言いながらやってることはその諺の体現という状態に気付かないもんかね
    保守速報とかは未だに民主党ウォッチ続けてるしね
    民主党はもう復活の目なんてほとんど無いだろうに、「溺れた犬は棒で叩け」精神は絶対に欠かさない
    まぁLINEが韓国企業だ、韓国アプリだの言いながら、LINE運営のライブドアブログで毎日愛国してるような連中だから言ってもしょうがないんだろうけど
    嫌儲板にも未だにはちまに粘着して、適当に粗を見つけては「これでとどめだなw」みたいにやってる連中がいるけど、そっくりだよね
    そういう精神疾患なんだと思う

    • バレー
    • 2017年 6月 15日

    @迦陵頻伽
    じゃあ次は共産党ですね(にっこり)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る