”アベノミクス”新種の焼き畑農法を決算する 出口の部 多重債務時代の再来


上がった日経平均、失墜した企業業績 内実が伴わなかったアベノミクス

 

 

アベノミクスの決算シリーズの最終章ということで、色々結果が出てくるのを待っていた2015年。

大晦日に投稿するならまずこれしかないだろうということで。

 

まず、アベノミクスの構造は金融の刺激を通じて法人決算から日本を刺激するというものだった。

 

で、結果的には東芝の粉飾決算に象徴されるように、これといった成果はでておらず、むしろガタガタの内実を抱えた多重債務者の粉飾決算に手を貸しただけで終わったというのが実情だった。

シャープにせよ東芝にせよ、市場のジャッジメントや司法のジャッジが正常に機能していたら退場は不可避なわけで、それが生きていて、むしろ彼らのようなしょうもない企業をどうやってでも生き残らせることを考えざるをえないのが2016年の特徴になるだろう。

 

欠陥建築問題で火がつき始めた建築業界は、さらにその状況を悪化させるんじゃなかろうか。

今のところ内容を詳細に報じているメディアはないけど、今日本の不動産市場の融資総額は、リーマンショック前のプチバブル時代と並ぶ10兆円超えに突入している。

 

この内15%ほどがチャイナマネーで、これは銀聯の出金規制や、中国当局の規制強化を皮切りに減少し始めるだろう。

※:中国人の話を聞いて驚くけど、彼らはどうも東京オリンピックで不動産が何倍にもなるという勘違いをしているらしい。

チャイナバブル脳の錯覚が解けたら慌てて手を引くのが関の山じゃないんだろうか。

 

この10兆円が損切りを伴って崩落するのだとすれば、物件の改修費用はどんなに富裕な開発企業にとっても致命傷と言わざるをえない大打撃になるんじゃないか。

 

物を作っても売れない重厚長大産業と、派遣社員や下請けの酷使、ごまかしで利益を上げてきたデベロッパーはあたかも小泉政権の当時のように日本のお荷物になるだろう。

 

結局のところ、金融的な刺激だけで物が売れない状況が乗りきれるはずもなく、ドルが上がろうが下がろうがGoogleやAppleが世界を睥睨しているアメリカから学べなかったタイムロスは日本の産業に破壊的なダメージを与えてしまった。

日本でしか通用しなくなった世界的企業は多くの日本人にとっての頭痛の種になる。

 

東芝がまさにその典型例で、彼らが売却する家電事業で、どれだけの失業者が出るか。

複数の城下町の内、買収先の統合と合理化に引っかかって破滅する自治体が出てくるだろう。

万を超える失業者が発生することが確実な現在が、ああいった企業を甘やかしたツケを予言している。

 

”アベノミクス”新種の焼き畑農法を決算する 出口の部 多重債務時代の再来 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 %e8%b5%b7%e6%a5%ad economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 politics %e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%8e%e3%83%9f%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

 

国を挙げての多額の投資が全く功を奏さなかった現実

 

ではその多額の投資ってのはいくらなのか?

証券会社の人や相場好きのざっくりの感覚で、日銀や年金が市場で毎日突っ込んでいる金はだいたい営業日換算で一日300億ほど。

(相場を無視して常に買い続ける手法なので、平均取得単価は上がり続ける。相場のアヤで多額の損を計上してるのはそのせい。)

 

その他にPKOで突っ込む分もあるので、やはりざっくりで年に10兆円くらいの純買い付けってとこじゃないか。

 

その他に日銀の資金供給オペがある。

金融バブル・不動産バブルの根源になっているそれはグラフで見たら一目瞭然、悲惨としか言いようが無い現状を物語っている。

”アベノミクス”新種の焼き畑農法を決算する 出口の部 多重債務時代の再来 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 %e8%b5%b7%e6%a5%ad economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 politics %e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%8e%e3%83%9f%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

日銀マネタリーベース3年史

 

この3年で日銀の資金供給はグラフで見ての通り3倍化している。

アベノミクス、円安、インフレが日本を救うと信じてる人にとって一つ朗報があるとすれば、円安とインフレだけはほとんど確実に起こるって事だ。

トルコがロシア戦闘機を撃墜した時に、円高に振れただろうか。

 

あの時微動だにしなかった為替が今の円の実力を物語っている。

心配しなくてもプラザ合意以前まで円の価値が巻き戻される可能性だってある。

有事の円買いの構図が崩れたのには安保法制の影響だってあるけども、このしばらくのマネタリーベースの増加や円の暴落がそういう意味での信任を崩壊させたという事が起因しているのだろう。

(安保法制成立=中立の法による擬制が崩壊した事を意味している。今後は有事のスイスフランにシフトするだろう。)

 

ところで、こうした金融支出が商品開発や技術的ブレイクスルーにつながらない以上、東芝やシャープみたいな企業に何のポジティブな影響も及ぼさないのは当然だとして、こうした財政支出は消費者(有権者)にどういった影響を及ぼしただろうか。

 

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 四無量心
    • 2015年 12月 31日

    良いお年をお迎え下さい。

    • 萩原
    • 2015年 12月 31日

    国民の不満爆発→一か八かの侵略戦争→第二の敗戦→流浪の民ヤマト民族爆誕

    • 名無し
    • 2016年 1月 01日

    グンダリさん
    明けましておめでとうございます
    いつも為になる記事有難うございます。m(._.)m
    今年も楽しみにしています。\(^o^)/

    • gundari
    • 2016年 1月 01日

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。^^

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る