在特会のヘイトスピーチはどうすれば「表現」になるか?  朝鮮学校襲撃デモ、二審でも敗訴 大阪からは追放令  カピバラ桜井、また控訴で裁判負けた詐欺


 

あのわけわからんカピバラ、まだ控訴するつもりらしいけど高裁で判決出たらほぼ確定なのわかってんのかな。

ヘイトスピーチの定義ってものを争うとすれば、一応最高裁も棄却せずに審判するかもしれないけど。

今回も裁判負けた詐欺でしょうもないネトウヨがなけなしの金を吸い上げられるかと思うと若干哀れだな。その金で、家族で美味しいものでも食べたほうがなんぼか有意義だろうに。

 

で、この問題で一番厄介というか、他人に迷惑なのが「表現の自由」と言うのが問題に入り込んでいるところで、杓子定規な法律上では一応表現という扱いになってもしょうがない部分があるんだよね。

つまりこれで下手に判決を出してしまうと、なんにも関係がない小説とか雑誌にも一律に適用できるなんとも厄介なものを作ってしまうことになるわけで、ほんとドブネズミは何やっても迷惑な生き物だと思う。

 

俺的には在特会のやってることが表現とか全くありえないと思うわけで、冗談もほどほどにしろよと思うけど、↓に埋め込んだ動画の通りこいつら自分の立ち回りのためには加害者にでも被害者にでもなる狡猾な部分があって、溺れるものはなんとやら、で「表現」という。

(むしろこいつらの行動そのものが、忌避してるはずの朝鮮や同和の反差別活動と酷似している。チンピラそのもののやり口だ。)

 

では、在特会のやってることがどうすれば表現や意見になるのかという話で、それはやらないことを口にしないことから始まるんだよ。

根本的に在特会(しばき隊もその点では同じだ)を世間が馬鹿にしてるのは、「朝鮮人を殺せ」「朝鮮人をレイプしろ」と言い続けながら誰一人それを実行してないことが原因だ。

そして本当にそれを実行した奴が出た時に組織として家族や法廷維持費用を面倒見るかといえばそういう体制も持ってない。

 

多分、他人のふりをして終わりだろう。カンパを募るのも桜井がパクられた時だけなんじゃないか、ぶっちゃけ?

 

つまり、「警察に捕まったりムショに行くのが怖い」くせに他人を煽動するそういったセリフを言ってるから馬鹿にされてるわけで、自分たちが愛国者で国のためにああした言葉を履いているというならまず自分が率先して実行してみろよってことだ。

出来ないならそんなこと口から出すなと言うんだよ。

 

デモの度、あるいは対立団体とぶつかる度に「法律を守れー!」と連呼する在特会。

法律は愛国より大事なのか、だったら人殺しや強姦を他人に勧めてはならない。

 

カピバラのやってることが言論やイデオロギーとして認められるとき、それはカピバラが自分の手で朝鮮人を殺し強姦して、裁判に出て「愛国のためにやったのです」と詭弁を弄さずに正面から立ち向かった時だな。

それまでは、永遠にトッチャンボーヤの愛国ごっこという「愛国アルバイト」の域を抜け出せないし、その行動を重みを持って受け止める奴も出てこないだろう。

 

結論:法を守りたいならその背景にあるコモンセンスも守れ。国を守るのは法に優先するというなら自ら殺せ。

 

ザイトク:キジトラ速報一問一答

 

 

在特会のヘイトスピーチはどうすれば「表現」になるか?  朝鮮学校襲撃デモ、二審でも敗訴 大阪からは追放令  カピバラ桜井、また控訴で裁判負けた詐欺 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e5%88%a4%e6%b1%ba jiken netouyo

 

ホメイニのやり口とかを研究して模倣している傾向が見られるな。
安全圏から人を唆し、決して討論の場に出ていかない。
信者に囲まれた状態でしか他人と対話しない。
そしてそういうプレイスタイルを教えこんだのは誰なのか、と。
きな臭い話だと思わんか?産経新聞だってソ連のスパイだった時代もあるんだぜ。

 

 

在特会のヘイトスピーチはどうすれば「表現」になるか?  朝鮮学校襲撃デモ、二審でも敗訴 大阪からは追放令  カピバラ桜井、また控訴で裁判負けた詐欺 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e5%88%a4%e6%b1%ba jiken netouyo

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

 

 

 「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)と呼ばれる人種差別的な街宣活動で授業を妨害されたとして、朝鮮学校を運営する京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などに損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は八日、約千二百万円の賠償と学校周辺での街宣禁止を命じた一審京都地裁判決を支持し、在特会側の控訴を棄却した。 

 高裁の森宏司裁判長は、「朝鮮学園には、在日朝鮮人の民族教育を行う利益がある」と認定。在特会の活動について「人種差別に当たり、法の保護に値しない」と述べた。原告側によると、マイノリティー(少数派)が民族の言葉で教育を受ける民族教育の重要性について積極的に評価した初の判決という。一審は言及していなかった。

 森裁判長は「在日朝鮮人を嫌悪、蔑視する発言は、差別意識を世間に訴える意図で、公益目的はない。民族教育事業の運営に重大な支障をきたし、社会的評価を低下させた」と指摘。映像をインターネット上に公開したことに触れ「今後も被害が拡散、再生産される可能性がある」とした。

 判決によると、在特会のメンバーら八人は二〇〇九~一〇年、当時京都市南区にあった朝鮮学校近くで三度にわたり、拡声器を用い、大音量で「朝鮮人を保健所で処分しろ」「スパイの子ども」などと連呼し、その様子を撮影した動画をネットで公開した。

 一審判決は、日本も加盟する人種差別撤廃条約を根拠に「差別に当たる。平穏な授業を困難にし、学校の名誉を損なった」と判断。在特会の街宣を人種差別とした初めての判決だった。

 控訴審で在特会側は「国籍による区別を主張するもので集会、表現の自由だ」と主張し、賠償額も高すぎると訴えた。学園側は「街宣の悪質さや被害に基づく妥当な額だ」と一審判断を維持するよう求めていた。

 在特会は在日コリアンの特別永住資格などを「特権」とみなし排斥を掲げる団体で、ホームページによると会員は約一万四千五百人。

 街宣では、四人が威力業務妨害罪などで有罪が確定した。

 <ヘイトスピーチ> 人種、民族、宗教上の少数者に対し敵対意識を持ち、憎しみをあおる差別的な表現。「憎悪表現」「差別扇動」などと訳される。2009年ごろから、在日コリアンが多く住む東京・新大久保や大阪・鶴橋で、保守をうたう団体が「殺せ」「たたき出せ」などと叫びながらデモを繰り返した。「カウンター」と呼ばれる反差別団体との乱闘事件も起きている。人権差別撤廃条約は各国にヘイトスピーチの法規制を求めているが、日本にはない。

via: 東京新聞:ヘイトスピーチ二審も「差別」 在特会、賠償と街宣禁止:社会(TOKYO Web)

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 名無し
    • 2014年 7月 12日

    自分の痛みには敏感なのに、他人の痛みには鈍感。
    人を犯罪者呼ばわりして、自分が犯罪者になっている。救いようがないよね♪
    僕が思う表現の自由は責任がとれるかどうかだと思います。なぜなら責任の無い自由は無いからです。
    人を殺せって自分が殺されても良いんですかね?
    こういう馬鹿は必ず自分の都合の良い解釈をするんでしょうね。恥ずかしい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る