相模原墓地 遺体は不明の阿部由香利さんと判明 不明長男も秋山智咲・佐藤一麿に殺害されている模様


新宿区によりますと、阿部由香利さん(当時25)と当時7歳の長男については、平成22年、長男が4歳だったときに新宿区に転入届が出されました。
その後、新宿区は、平成24年に小学校に入学する前に受ける「就学時健康診断」の案内を送りましたが、長男は受診せず、保護者説明会にも阿部さんは現れませんでした。
このため区の担当者などが自宅を5回ほど訪問したり、手紙を送ったりしました。しかし、阿部さんや長男には会えず、入学式にも姿を見せなかったということです。
その後も区の担当者や小学校の担任などが、1か月に1回ほどのペースで自宅を訪問し続けたものの、一度も接触することはできず、小学校にも通うことはなかったということです。
そして、去年夏ごろに阿部さんの両親に連絡を取り、2人について行方不明の届け出を警視庁に提出するよう求めたということです。

via: 墓地の遺体 行方不明の母親と確認 NHKニュース

 

子供が不明だ、とまだ遺体が見つかってないらしいけど、これは可哀想だけど探したところでほぼ確実に死んでると思うんだよね。

親なしで小学校に入る前の子が生きていけるはずもなく、生きていたら必ず保護施設で保護されているはずなわけで。

それがちっとも見つからないってことは多分そういうことなんだろう。

 

ぶっちゃけ、子供も秋山智咲が男を使っていびり殺したんじゃないかと思うんだよね。

死体遺棄の直前に秋山智咲のマンションに死体を安置していて、異臭騒ぎが起きている。

 捜査関係者によると、秋山容疑者は、佐藤容疑者から「(遺体の)運搬を手伝うように言われた」と供述している。

 2年前に遺体が埋められる直前に、秋山容疑者が住んでいた世田谷区内のマンションで異臭騒ぎがあり、警察官が現場に駆けつけていたことも判明。関係者によると、秋山容疑者と佐藤容疑者は当時、「ベランダで犬が死んでしまった」などと説明していたという。

 

via: 【母子不明事件】「犬だと思った」 遺棄容疑で逮捕の23歳女 異臭騒ぎでも「ベランダで犬が死んだ」 – 産経ニュース

 

普通に考えたら、付き合いの浅い男に自宅になにか異様な臭いがする動物の死骸を家に持ち込まれて、はいそーですかと置かせるわけがない。

つまり、その時点で付き合いは相当親密だったし、殺害事件に秋山容疑者が関わっていたからその場しのぎで自宅に隠していたわけだ。

(異臭騒ぎは平成25年=2013年の夏場)

 

ということは、事件発覚のきっかけになった小学校の就学時健康診断の時には既に加害者らは付き合いがあった。

(平成24年=2012年の秋)

そしてその少し前の平成22年(=2010年)に被害者母子は新宿区に親子で転入届を出しているわけで、その時点ではほぼ確実に母子で暮らしていたってことだ。

相模原市の相模湖近くで東京都新宿区の阿部由香利さん(当時25歳)の遺体が見つかった事件で、2007年9月から所在不明になっていた長男について、阿部さんが死亡する前、周囲に「知人に預けている」と話していたことが捜査関係者への取材でわかった。

via: 不明長男「預けている」…被害の女性が周囲に – BIGLOBEニュース

 

それが殺される(2012夏-2013春)直前には「知り合いに預けている」と言うようになった。

その知り合いってのは加害者カップルじゃないのかね。

 

佐藤一麿の方は疑う余地なく阿部由香利さんのヒモだったわけで、生活の糧としてあてにしていたはず。

それを「ギョーカイへの扉」として、低学歴のシンママから奪取しようとした秋山容疑者が犯行を主導したというのは相当妥当な予想なはず。

 

人殺しといてベランダに仮置きして腐敗させて、それをその後墓地を下見して埋めに行くくらい根性が据わった女からしたら、佐藤一麿みたいな甲斐性無しをしばりつけて操り人形にするくらい朝飯前だったはずだ。

多分、被害者の家に乗り込んで母子を締めあげて、佐藤に手伝わせて共犯者にして、「最後までやるしかない」とこまで追い込んだろう。

そういうサディスティックな女は立場が弱い相手にはどこまでも冷酷なことを平気でできるのが通り相場で、イビリ殺したのは多分こいつだろうと思うなぁ。

 

白百合大卒のお嬢様とかネットでワーワー言ってる奴がいるけど、人殺して墓地に埋めて、それをすっかり忘れて東大出の昔の同級生と即効で婚約するとか、この事件の中で一番異常なのは間違いなくこの女だ。

シングルマザー・水商売の被害者が相手だったら同じ人間だとも思わずにどんな無茶苦茶でも平然とやっただろうと思うね。

 

どう考えたって、人殺してそんな何年も経ってない状況で、婚約者と腕組みして笑顔の写真をとってSNSに投稿できない。

100%まともな神経の人間じゃないわけで、事情聴取が進んで佐藤一麿が口割ったらすさまじい全貌が明らかになるような気がする。

 

佐藤のほうが使われていたという推測の根拠に、仮に佐藤一麿のほうが秋山智咲に執着していて、秋山が従犯だったのなら今縁が切れているはずがないという現実がある。

本当にそれが犬の死体だと思い込んでいたのなら、「あれは死体だった、お前も共犯だ」の一言で竦み上がって何でも言う事を聞くはず。

死体を埋めたあとホラ吹きのお荷物として捨てられた一麿の方がホッとしてたんじゃないかと思うね。

 

 

相模原墓地 遺体は不明の阿部由香利さんと判明 不明長男も秋山智咲・佐藤一麿に殺害されている模様 health crime %e6%a0%b8%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%8c%96 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 jiken

 

女版の北九州事件的なやつじゃないかと思うけどねぇ。
行動が異常すぎるよ。

 

 

相模原墓地 遺体は不明の阿部由香利さんと判明 不明長男も秋山智咲・佐藤一麿に殺害されている模様 health crime %e6%a0%b8%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%8c%96 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

2年前、東京・新宿区に住む当時、25歳の母親と7歳の長男の行方が分からなくなり、神奈川県内の墓地で遺体が見つかった事件で、警視庁が調べた結果、遺体は行方不明になっていた母親と確認されました。警視庁は引き続き長男の行方を捜査しています。
この事件は2年前、東京・新宿区に住む当時、25歳の母親と7歳の長男の行方が分からなくなり、24日、相模原市緑区の墓地からシートに包まれた遺体が見つかったものです。
警視庁は、母親と交際していた佐藤一麿容疑者(29)と、知り合いの秋山智咲容疑者(23)が遺体を遺棄したとして死体遺棄の疑いで逮捕し、26日、身柄を検察庁に送りました。
警視庁は25日、相模原市の墓地を改めて捜索し、見つかった遺体を都内の警察署に移して詳しく調べていました。その結果、遺体は、行方が分からなくなっていた新宿区の阿部由香利さん(当時25)と確認されました。
これまでの調べで、阿部さんの遺体は平成25年の7月に、当時、秋山容疑者が住んでいた世田谷区内のマンションから運び出されて墓地に遺棄されたとみられています。
警視庁によりますと、佐藤容疑者は阿部さんと同じ時期に秋山容疑者とも交際していたということで、警視庁は阿部さんの死因や死亡したいきさつを調べるとともに、引き続き長男の行方を捜査しています。

via: 墓地の遺体 行方不明の母親と確認 NHKニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 6月 30日

    この被害者が子供を殺害した加害者でないことを願う

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る