おすすめアーカイブ

カテゴリー

論破プロジェクト・次世代の党が村山談話を検証した結果→自民党が主導していたことが発覚。憤死するネトウヨ達

  1. 政治
  2. 46 view

検証もクソも村山内閣の閣僚だった自民党の人に聞けば終わりですが・・・

 

20年前の8月15日、当時の村山富市首相が戦後50年の節目に発表した「村山談話」の作成経緯を検証するプロジェクトが立ち上がった。歴代内閣が踏襲している談話だが、「謝罪ありきで、理論的裏付けもなく、秘密裏につくられた」という批判も多い。プロジェクトチームを率いる、次世代の党の和田政宗参院議員(40)に聞いた。

via: 秘密裏に作られた村山談話の「闇」に迫る 作成経緯を検証するPT発足 (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

 

村山談話を検証するとか言う奴が出てきているという昨今、村山内閣が社会党政権だったと本気で思い込んでる奴が増えてるあたり、老人ボケと若者のモノ知らずに共通した恐ろしさを感じちゃうね。

 

そもそも論、当時の村山内閣は、自民党が連立を持ちかけた自社政権で、閣僚も大半が自民党だったってことをすっかり忘れて社会党だの左翼だのと騒ぎまくっている。

いやいや、あれ自民党政権だから。

羽田内閣が瓦解した時点で単独で自民党より勢力がある政党なんかなかったし、他全部が敵に回った場合、自民は自民で単独で首班指名を乗り切れないという算段があっただけで、連立以降自民党が主導的に政権を運営していたのなんか公然の事実だったんじゃないのかね。

 

  • 1994年(平成6年)6月、前の羽田内閣が少数与党内閣となって総辞職した後、政権復帰を目指した自由民主党(河野洋平総裁)は、日本社会党(村山富市委員長)・新党さきがけ(武村正義代表)と連立政権を組むことに合意した(自社さ連立政権)。そこで、村山富市社会党委員長を内閣総理大臣として成立したのが、村山内閣である。1947年(昭和22年)5月から1948年(昭和23年)3月まで続いた片山内閣以来、46年ぶりの社会党委員長を首班とする内閣である。
  • このときの内閣総理大臣指名選挙では、中曽根康弘・渡辺美智雄ら、一部議員を除く自由民主党議員の大半と日本社会党、新党さきがけの全議員が村山に投票し、新生党・公明党など、羽田内閣の与党側が推した海部俊樹を破った。
  • この「自社さ」の枠組は、第2次橋本内閣改造内閣が終了する1998年(平成10年)半ばまで引き継がれる。

 

via: 村山内閣 – Wikipedia

 

つまり、検証とか色々バカなこと言ってる奴が多いけど、与謝野元議員みたいに存命の自民党政治家に聞けば事実は全部わかるわけだ。

この和田とか言う宮城にとって何の役に立ってるのか全くわからない議員も、わざわざ次世代の負け犬党の平沼に聞く意味もわからない。

当時は平沼氏は閣僚でもなんでもなく、閣議決定に参加してるはずないだろ。つまり平沼氏に聞くよりは当時閣僚だった与謝野氏に聞いてくれば終わりの話なんだよ。

(運輸大臣就任は発表1週間前、ミーティングに参加できるはずがなかった。)

 

よく、今の時代のこの手の論調で、「有識者会議がなかったのに談話を作った」とか言うけど、こういうのも現代的時代錯誤の象徴なんだよね。

 

当時の政界なんか今みたいに戦争に行ってない世代の政治家なんか殆どおらず、自分で従軍経験のある議員が大半だったわけだよ。

つまり有識者なんかいなくても従軍慰安婦問題の真偽なんか多くの代議士が知っていたんだろうし、その結果中曽根氏や元産経新聞オーナーの鹿内氏みたいに、軍隊の任務として慰安婦狩りをやったとか、土人女が大学で寮生活していたのを監禁して慰み者にしたとか普通に書籍に残している。

 

従軍慰安婦問題は韓国が政治問題化して国際社会に訴えるまで、戦争につきものの面白い余録として普通に語られていた。

日本人のアメリカ軍向け慰安婦「パンパン」「特殊慰安施設協会」も笑い話として語られていた時代で、「新橋の立ちんぼやってたパンパンは月給1万の時代で500円だった」なんて言ってる人は沢山いたし今でもいる。

有識者なんか別に呼ぶ必要なかったんだよ。

 

よくネトウヨとかネトサポが「当時を生きていたわけでもないのに現代の常識で語るな」と言ってるけど、それは村山内閣の人々がネトウヨに向かって言いたいセリフだろうと思うね。

お前ら戦争行ったのかよと。70年前の真偽語る前に20年前の事実くらいまじめに記憶しとけよ。

 

証拠がないという話にしたって、名古屋のダッチ・花火爆破事件で警察が立件しないのと同じような話しになるんだろうし、当時の常識を今の常識で語るなと言ったって、金による人身売買は安土桃山時代から洋の東西を問わず倫理に反することだとして禁じられていたんだよ。

ヴェニスの商人は450年前だったかに発行されていたし、豊臣秀吉も奴隷売買は禁止していた。

 

明治以降の常識で語った所で、水戸黄門は大正時代から勧善懲悪の定番だったし、借金のかたで村女を代官に差し出す悪徳商人も、悪代官も黄門様にやっつけられる側だったよ。

 

論破プロジェクトで愛国とか、どう国に役に立つかわからないけどさ、ペラペラわけわからないこと言う暇あったら他人に好かれるような実りのある行動でもやったらどうなのかね。

フランスのまんが祭から追い出されて、世界中からキチガイ扱いされてろくな結果になってない愛国に見えるけどな。

 

せめて戦前を称揚するなら、米食うのやめて芋を食え。

そしてそこら中に芋を植えまくってどれだけ日本が素晴らしかったか体で実感してくれ。

まずい芋と農作業抜きで戦前の素晴らしさは語れないよ。

 

 

論破プロジェクト・次世代の党が村山談話を検証した結果→自民党が主導していたことが発覚。憤死するネトウヨ達 %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%ad%b4%e5%8f%b2 %e5%9c%a8%e6%97%a5%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo %e6%b0%91%e6%97%8f%e5%95%8f%e9%a1%8c health politics

 

論破するのはいいけどこいつらいつ働いてんだろうな。
テキサスおじさんとか、動画に出演するのが仕事なのはわかるけど。
いつ芋を栽培するのか全然わからん。
勤労奉仕する暇ないんじゃね?

 

 

論破プロジェクト・次世代の党が村山談話を検証した結果→自民党が主導していたことが発覚。憤死するネトウヨ達 %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%ad%b4%e5%8f%b2 %e5%9c%a8%e6%97%a5%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo %e6%b0%91%e6%97%8f%e5%95%8f%e9%a1%8c health politics
桜田 武 鹿内 信隆
サンケイ出版
売り上げランキング: 893,500

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

命をかけて国を愛せ→私は議席を失うのが怖かったので署名したby 平沼赳夫

 

村山談話は95年の終戦記念日に、村山氏が「植民地支配」と「侵略」を認めて謝罪した談話。歴史認識問題で、日本政府の公式的立場とされ、現在も中国や韓国に“利用”されている。だが、事前に有識者会議などは開かれていない。

 和田氏は「村山談話はいわば『だまし討ち』だ。私は、村山内閣の運輸相だった、わが党の平沼赳夫代表に、閣議決定時の話を聞いた。平沼氏は『閣議でいきなり談話案が出されて、署名せざるを得なかった。拒否すれば自分のクビどころか、自社さ連立政権自体が吹っ飛ぶかもしれないという恐怖にかられた』と話していた」という。

via: 秘密裏に作られた村山談話の「闇」に迫る 作成経緯を検証するPT発足 (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

 

まず当時平沼氏が閣僚だったかどうか検証したら閣議決定の話の真偽もわかるのでは?

 

和田氏は「いわば『旧社会党的なプロパガンダ』として既成事実を作ったわけだ」と分析し、「今後、談話作成に関わった人々から話を聞き、実態を明らかにしていく。できれば、村山氏にも話を聞きたい。それをまとめて6月ごろに出版したい」と語る。

 政府は昨年6月、慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話(93年)を検証した有識者チームによる報告書を公表し、河野氏が政府の共通認識を踏み外して強制連行を認めたと認定した。

 村山談話の「闇」に、どれだけ迫れるか。 (ジャーナリスト・安積明子)

via: 秘密裏に作られた村山談話の「闇」に迫る 作成経緯を検証するPT発足 (2/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

 

 「今年夏、安倍晋三首相は『戦後70年談話』を発表する。現在、有識者会議で検討が進められているが、70年談話発表の前に村山談話のひどさを明らかにしたい」

 和田氏は語った。慶大卒、NHKアナウンサーを経て、2013年に参院議員(宮城選挙区)に初当選した1回生だ。

 検証チームは、和田氏と田沼隆志前衆院議員、拓殖大学の藤岡信勝客員教授、「論破プロジェクト」の藤井実彦代表らで発足。今後、同志を募っていくという。

 村山談話は95年の終戦記念日に、村山氏が「植民地支配」と「侵略」を認めて謝罪した談話。歴史認識問題で、日本政府の公式的立場とされ、現在も中国や韓国に“利用”されている。だが、事前に有識者会議などは開かれていない。

via: 秘密裏に作られた村山談話の「闇」に迫る 作成経緯を検証するPT発足 (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

 

関連記事

12
人の保守(ホモ)、普通の日本人が図鑑に登録されました。

第二の青葉は早期発見! コメントはログイン必須→ ログイン
12 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
gundari名無しnanashi日本猿考える葦 Recent comment authors
newest oldest most voted
迦陵頻伽
Guest
迦陵頻伽

当時、自民党内に巣食ってた反日議員が主犯なんやろ
後に民主党に行ったような奴らとちゃうんけ?

迦陵頻伽
Guest
迦陵頻伽

↑のゆとり

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/自由民主党を離党した国会議員一覧
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/村山内閣#.E5.9B.BD.E5.8B.99.E5.A4.A7.E8.87.A3.E7.AD.89

見比べてみたら。

都合の悪いことから目を背けるとか
誇り高いやつらがすることか?
あ、埃タカイの間違いか

考える葦
Guest
考える葦

こんにちは。いつも興味深く拝見しています。
さて、平沼氏は村山改造内閣(1995年8月8日~)で確かに運輸大臣でした。村山談話が同年8月15日の閣議決定なので、彼は閣議に参加していたことになりますので一部ご記載の内容に誤りがあるようです。
既にこのことに気づいて鬼の首取ったように突っ込んでくるバカな連中がウヨウヨいるかもしれませんが、念のためお知らせしておきます。
なお、このコメントは公開して頂かなくて結構です。これからも面白い記事楽しみにしています。

日本猿
Guest
日本猿

8/8~だったら談話作成には関与していないことになりますね、大臣としては。

でもいきなり見せられて署名するしかなかったというのもおかしな話で、戦後50年にふさわしい談話を出す動機は十分にあった。それなのに閣僚になってすぐに署名させられるまで何も知らなかったと言うのは、当時からよほど間抜けだったと自慢しているのか記憶障害と告白しているのか、どちらにせよ政治家の言動としてはふさわしくない。

村山談話ほどの中身を簡単に作れるはずもなく、外務省や民間も含めて様々な検討が重ねられている。作成の動き自体は1993年から始まっていて、戦後50年を機に立派な外交文書を作ろうとさきがけの武村正義が司馬遼太郎に執筆を依頼したことが、当時明らかになっていました。それらの動きを知らなかったと臆面もなく言うの爺さんを真に受けるほどに検証力が低い人達の論破なんちゃらは、アホの極み、物知らずの弊害極まれりといったところでしょうか。

nanashi
Guest
nanashi

必死だなwww

慰安婦問題は韓国が日本から金を引き出す為にやってることだろうが。

世間では朝日の件もあって、日本による強制はなかった、ということで決着している。

ま、慰安婦はどこの国でもあったし、韓国もベトナム人女性を慰安婦にしていたわけだし。
韓国人はそれをなかったことにしているけど。

名無し
Guest
名無し

↑ 慰安婦はどこの国でもあったし
ということは日本にもあったんだな。
お前も必死だな。

日本猿
Guest
日本猿

@nanashi

どこの国でもある≠問題ない

殺人なんてどこの国でもあるんだから問題にする方がおかしいんだぜ(´▽`*)アハハ

とか言ってる奴がいたらキチガイだと思うだろ?

迦陵頻伽
Guest
迦陵頻伽

問題が多いのは、談話とこれ
>歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議
決議の内容を見てみれば
これが異常な決議だったことがすぐわかる

衆議院議員502人のうち251人が出席し、230人の賛成(起立採決)により可決された。

迦陵頻伽
Guest
迦陵頻伽

談話に繋がった手始めが、この決議であるということをもう一度考えるべき

1995年(平成7年)は終戦から50年の節目となることから、先の大戦を総括する動きが活発になっていた。この決議もその一連の動きの中で行われたものとされる。
日本社会党が最初に提出した決議草案は、当時連立内閣を組んでいた自由民主党などの反発にあい、表現の大幅な修正を余儀なくされた。修正案は相互に譲歩した表現とされたものの、決議自体に反対する議員も多く、全会一致で可決されることの多いこの種の決議としては異例の大量欠席者を出し、賛否が拮抗する決議となった。
採択当日は「本日は採択しない」という通知があり、多くの議員が退席したが、土井議長は突如議会再開のベルを鳴らした。
結局、与党議員70人を含む241人が欠席するという異例の事態の中、251人が出席し、230人の賛成(起立採決)により可決された。与党の欠席議員70人のうち、50人は「斯様な議決はそもそも不要」とする保守派の自民党議員で、14人は「修正案が譲歩しすぎている」とする社会党議員。野党は、新進党に所属する議員141人が欠席し、日本共産党に所属する議員14人は「より率直に謝罪を表明する表現」を求めて反対した。与党からも欠席者を多数出した。参議院でも同様の決議を提出する機会があったが、参議院自民党の村上正邦らが強硬に抵抗したことで、提出を見送られた