弁護士.comの存在感拡大と比例して幅を利かせ始めたバカ理論

 

 

いよいよ大晦日を迎えた2017年。

今年の締めくくりになって思うのは、今年の漢字って瞞だったなぁと。

瞞着、欺瞞の瞞。嘘でも良いかもしれないけど、悪質さの形容に嘘の一般性がなじまない気がして違和感を感じる。

 

嘘というのはそもそも、3mのミドリガメがあそこの川に居たんだとか、IKEAは池屋というもともと兵庫県の家具屋で、バブルの終わりに社運をかけて北欧に進出した日本企業だとか、そういう虚偽の発言を指すもので、割にライトなものを指している気がしない?

 

瞞着や欺瞞の代表例は冒頭の動画に現れているもので、人間の脳内の認識にダイレクトにタッチしてそれを動かしてしまう相当に悪質なものを意味している。

(ちなみに、IKEAの話をこの間若い人にして、30分位信じ込ませることに成功した。)

 

こうした欺瞞を振りまく弁護士が登場していることと、弁護士.comの台頭が連動し国会には弁護士上がりが増え続けているていることは見逃せない要素だろう。

この八代とかいう奴がこういうことを言わずにいられない性格をしているのか、それが仕事なのかは知らないけど、確信犯として相当悪質だし、違法かどうかしか判断基準がなくなったどうしょうもない社会の劣化を指し示している。

 

仮に悪意なしにこれをやっているのだとしたら、権威が不在の社会で法の権威を自分の権威付けに利用しようとしているおっさん病にかかっているのだろう。

セカンドオピニオンや患者の勉強を許さない医者、依頼人の理想のゴールより自分が決めた結果が大事な弁護士、俺たち万能論に毒された経営者に多く見られる。

 

 

法律と道徳のおはなし 教養と知識のはなし %e8%b6%a3%e5%91%b3 %e8%b2%a7%e5%9b%b0 geinou %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 economy health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc politics god budah %e5%a3%ab%e6%a5%ad domestic yakunin %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b your life %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo %e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%82%8e%e4%b8%8a %e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc %e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e9%81%94 %e3%82%aa%e3%82%bf%e3%82%af

 

 

そもそも違法性の審査は裁判所の担当 欺瞞に疑問を感じられない白痴爆増中

 

この八代の話が何を指し示しているか話す前に、違法性がないからどうしたんだよという話がどこからも出てこないことが相当まずいということを指摘しておかねばなるまい。

そもそも違法かどうかの判断は裁判所が一義的にやるもので、国会では違法性の話を別にして問題性のあることを解決していくのがミッションだということを誰一人指摘していなかった。

 

違法性がなかったら国会で話す価値がない世界てどういう世界なのか?

それって巧妙なスキームで自分の罪を逃れられる殺人方法を見出した犯罪者の手口や、法の目をかいくぐった詐欺商法などに国会が懸念を示せない社会ってことでしょ。

 

つまり猪野詩織さんが殺された事件(桶川ストーカー殺人)について、殺人事件として裁判所が裁くだけでストーカー規制法の発想は違法性がないからという理由で生まれてこない社会ってことだ。

この弁護士が相当悪質な三百代言か、2017年NO1クラスの馬鹿だってことが疑う余地がなく理解できる比喩じゃないだろうか。

 

国会で話していることは違法性があるかどうかではなくて、社会をどう変えていくかの話であって、そこにこいつの言う「イホーセイ」なるものが入る余地は全くない。

現実に、加計学園や森友の問題は表面上法に違反しないように特区関係の法と委員会を使って実行してきたわけで、擬制の上で逸脱しないように工夫されている。

 

それがシステム的に問題があって、結果的に汚職に繋がってる可能性が高いから追求されているのであって、そもそも違法性があるかどうかなんか全然関係ないってことだ。

一体何を考えているのだろうか?

頭の中がマチズモでいっぱいなのか、そういう事を言ってたらテレビでよく見かける弁護士やまだらボケの弁護士代議士みたいに顧問先が増えていくのか、なのだろう。

 

恥ずかしいとか思わないのだろうか、宇都宮弁護士や中坊公平の足跡と自分の言動を比較して。

違法性がなかったら文部科学予算をしゃぶり尽くして子分とすき焼き食ってて良いのか、貧困率はほったらかしで?

政治システムの日本の先輩アメリカでも、大概の落ち目の自治体でまず教育予算が汚職に食われて行った。

 

FBの創業者たちがなぜ教育関係の資金には巨額、即決で寄付を決めてきたかの理由はそれだった。

国会でこの話が出て当り前。

政府も文部科学省も委員会も、加計孝太郎や篭池夫妻の話、夢が獣医の韓国人より、貧困層の国民や現に教育を受けている親子の話を聞くべきだからだ。

 

イホーセイがない、これでなんでもOKか。

じゃぁ捕まってない詐欺師ってやっぱり社会的に金儲けの巧い英雄なのか、昔の与沢翼みたいに。

山口敬之はいい女をうまく食っちゃったナイスミドルってわけか。

 

 

なぜ道徳と法律の境目がなくなったのか?神様の次に日本人が失いつつあるもの

 

なぜこうしたどうしょうもない事ばかりが起きるのか。

それは判断基準が社会全体的に劣化しているから起きているという事実をそろそろ日本人は民族的に受け入れるべきだ。

こうしたことをやっても構わない、八代みたいな事を言っても構わない、闇金ウシジマくんがベストセラーの社会は判断基準が法律しかないからそうなった。

 

普通に考えてみて欲しい。闇金ウシジマくんって平成の頭くらいまで、問題図書と言われるような社会だったでしょ。

こんな八代みたいな発言をするやつが実際居て、それは小林よしのりだったけど、戦中を知ってる世代からは後ろ指をさされていた。

加計学園と類似した事件は沢山あって、両方の立場のやつが責任を取らされて議会や経済界から退場処分をちゃんと受けていた。

 

今はどうだろうか?

その当時ですら処分されてなかっただろう西武の堤さんやホリエモンは追放される一方で、そのものズバリの犯罪行為に手を染めた東芝やリコーはなんの罰も受けなかった。

 

これって判断基準が法律しかなくなったからだし、それ故に解釈を巡って禅問答のように見えなくもない屁理屈を応酬してれば劣化した社会がすぐそれを忘れるからだ。

 

それが今では何故変わり果ててしまったのか?

それはその当時は法律で判断すべきところと道徳や常識で判断すべきところの線引を皆が出来ていたからで、そこに伴うイデオロギーを自分の判断として背負う覚悟があったからだ。

 

今はイホーセイを連呼して人をなじる一方で、必ずと言っていいほどそいつは自らを中立透明な存在であると馬鹿みたいに主張している。

駄目なものは駄目、だって俺にはそうとしか思えないと誰も言わない社会になった。

 

法律と道徳のおはなし 教養と知識のはなし %e8%b6%a3%e5%91%b3 %e8%b2%a7%e5%9b%b0 geinou %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 economy health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc politics god budah %e5%a3%ab%e6%a5%ad domestic yakunin %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b your life %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo %e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%82%8e%e4%b8%8a %e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc %e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e9%81%94 %e3%82%aa%e3%82%bf%e3%82%af

 

最初に私達の社会から神様が消えた。次に道徳が消えて、常識も消えつつある。

それでも何か一つのスタンダードがないと生きていけない、スタンダードを自分で決められない連中は法をスタンダードにし始めた。

 

そしてそいつらは、法のように無色透明な存在をスタンダードにする場合、それを自分の色で染めてはならないという原理を守れるほど殆どの人間が強くないってことをすっかり忘れている。

 

透明とは色がはっきりしたものがそこにあって初めて存在がクローズアップされるもので、無責任という透明な色でそれを染めてしまった時、対比すべき目安を失って無や虚になってしまう。

透明は朱によって染まらない。しかし透明を模倣した虚ろな色には簡単に染まるってことが今目の前で毎日展開している。

 

 

法律と道徳のおはなし 教養と知識のはなし %e8%b6%a3%e5%91%b3 %e8%b2%a7%e5%9b%b0 geinou %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 economy health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc politics god budah %e5%a3%ab%e6%a5%ad domestic yakunin %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b your life %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo %e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%82%8e%e4%b8%8a %e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%bc %e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e9%81%94 %e3%82%aa%e3%82%bf%e3%82%af
(2013-11-26)
売り上げランキング: 71,180

 

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 迦陵頻伽
    • 2018年 1月 09日

    読み応えのある内容でした。

     ソーシャルメディアを大多数の人間が使うようになって
    有象無象の考えていること、知的レベル、倫理観が可視化され、
    それを目の当たりにした10年間でしたが完全に私は絶望し諦めました。
     幸い英語ができるので、ここ2~3年くらいは英語圏のサイトしか見ていませんが
    英語圏のネットコミュニティのあり方に比べて、日本語のネットコミュニティは
    劣化が激しく、完全にその機能を停止しているように私は感じています。
     一見普通の人間が、このような欲望を内に抱え込んでいるのかと思うと
    日本人を信用できなくなってしまったというのは涙が出るほど悲しいことです。
     私自身の人生は、自己の内にあるナルシシズムと偏見、見栄やプライドと言う獣性/being humanと如何に戦い
    better-self/Human beingを創り出していくかということに費やされていたので、世の中が真逆に動いていて
    なんともいえない気分になります。
     恐らくですが、良識のある知識層の人間は完全にこのような社会から撤退して、
    クローズド・サークルの中に引きこもってしまったのでしょう。

     意見にまとまりが全くありませんが、誰かに聞いてほしかった(チラシの裏で申し訳ない)今の私の率直な心情です。

    • 雲知始帝
    • 2018年 1月 10日

    なんだこのブログは…たまげたなあ…
    ネトウヨを批判しながら嫌中嫌韓発言が見受けられるわオタク批判の傍らで過去記事見れば自分の好きな漫画やアニメの記事があるわ

    あーもう滅茶苦茶だよ(呆れ)

    多重人格者かな?

    • gundari
    • 2018年 1月 11日

    @雲知始帝

    普通の人がたまげるのはお前の頭の悪さだよ、オタク

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る