鹿角市タクシー運転手田中義次さん殺害事件 計画的なタクシー強盗だった事がドライブレコーダーで判明 配車場所や経路なども指示


5日夜遅く、秋田県鹿角市の「道の駅かづの」で、タクシーのそばに運転手が血だらけで倒れており、その後、死亡が確認された事件で、車内の防犯カメラにマスクをつけた男が「金を出せ」と刃物を突きつけ、襲う様子が写っていることが分かりました。

 亡くなった田中義次さん(66)の腹部には複数の刺し傷があり、警察は強盗殺人の疑いもあるとみて捜査しています。(06日11:34)

via: タクシー運転手死亡、車内カメラに刃物で襲う男(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

 

秋田でタクシー強盗と言うんだけど、タクシー強盗が起きるってのは経済的にかなり末期的な状況に地域全体がなってるって証拠なんじゃなかろうか。

イメージ的には、少年非行がひどいエリアや、店を襲っても現金がないエリアで発生する事件というものがある。

 

秋田にかぎらず、青森や岩手山形とあんまり景気がいいイメージもなく、秋田と青森はその中でも相当ひどい印象がある。

 

行ったことはないけど(寒そうだったから)、青森と秋田は自然観察で旅行を計画したことがあったけど、GoogleMapでなんとなく眺めていて、気が重くなりそうな印象があって取りやめにした。

ニュースで見る限りでも死んでいく商店街、巨大な廃墟化する空きテナントとロクな話を聞いてないせいかもしれない。

 

多分、この犯人は防犯カメラを避けるためにわざわざ配車場所や経由地点を選んだんだろうけど、最近のタクシーは交通事故の時の事故解決のためにドライブレコーダーを搭載してるものが多いし、そもそも配車依頼の電話の時点で足がつくきっかけはできちゃってるわけで。

 

早晩、電話から足がついて突き止められて終わりだと思う。

防犯カメラまで知恵が回ったのは良かったけど、誰も居ないところで公衆電話を使ったのでもなけりゃ電話から足がつくのは普通頭が回るわけで。

 

せいぜい数万円しか現金が積まれてないタクシーを襲って強盗しようと言う残念な頭ではそこら辺まで知恵が回らなかったんだろう。

 

なぜ不景気な地方でタクシー強盗が起きるのか全く理解できないけど、好景気なところのタクシーでも10万円も現金が載ってないに決まってるのに、不景気な地域のタクシー襲ったところで上がりは3万4万の話なんじゃなかろうか。

それならコンビニでも公共料金の支払日にでも襲ったほうが遥かにマシに決まってるわけで、そこら辺にこの犯人の知能の限界が現れている気がする。

 

気の毒だけどかなり頭が悪い人だったんだろうと予断してしまう。

 

その数万円の金のことで人殺しまでして、何が解決するのか考えたらお先真っ暗。

だったら通行人に喧嘩ふっかけて、止めに来たおまわりさんでもぶん殴って平和裏に刑務所に入ったほうがマシな気がするんだが・・・

 

ところで、こういう事件というのは不景気の明示的な狼煙だったりする。

今まではニュースの上の好景気になんとなく心の余裕があったものが、それが崩壊した今後、ニュースと乖離した実態があった地方で似たような貧困事件は相次ぐだろう。

 

小売店や個人事業者、不動産業や銀行など、金庫が危ない業種は要注意の時代の到来を告げている。

従業員の安全、金の安全に注意を徹底した方がいい。

僅かな経費を惜しまずに夜間金庫を契約して、二人三人で入金しに行くのが一番だと思う。

 

あるいは最後まで居てくれた従業員さんに、サービスの買い食いと雑誌でもおまけするつもりでコンビニATMでも良いだろうし。

 

 

鹿角市タクシー運転手田中義次さん殺害事件 計画的なタクシー強盗だった事がドライブレコーダーで判明 配車場所や経路なども指示 economy jiken soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

まあ、追い詰められた人って頭回らないからな。
一回だけ経済的に追い込まれて郵便局を強盗した事件の発端から結末まで生々しく観察したけど、
追いつめられた人がどれだけ頭が鈍くなるかこれ以上ないくらい勉強になった。
ちなみに、↓の釣りキチ三平に出てくる呪いの釣具は実在します。

 

 

鹿角市タクシー運転手田中義次さん殺害事件 計画的なタクシー強盗だった事がドライブレコーダーで判明 配車場所や経路なども指示 economy jiken soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

5日夜、秋田・鹿角市にある道の駅の駐車場で、タクシー運転手の男性が殺害された事件。事件が起きた10分ほど前に、道の駅から、およそ700メートル離れたスーパーマーケットで、客を乗せていたことがわかった。予約の電話で、乗客は、行き先を告げる際に、「道の駅を経由したい」と話していたという。
秋田県警・加藤久夫刑事部長は、「本日、鹿角警察署に、本職を長とする捜査本部を設置いたしました」と話した。
この事件は、5日午後10時すぎ、鹿角市花輪の「道の駅かづの」の駐車場で、止まっているタクシーの近くで、血だらけで倒れている男性が見つかり、病院で死亡が確認されたもの。
死亡したのは、近くに住むタクシー運転手・田中義次さん(66)で、腹部に、複数の刺し傷があったという。
タクシー会社によると、5日夜、男の声で、JR鹿角花輪駅近くのスーパーに、配車を依頼する電話があった。
午後9時ごろ、スーパーの入り口に配車してほしいという連絡が、タクシー会社に入った。
男は、乗り込んだあと、「道の駅経由で目的地に向かってほしい」と言い、その道の駅で犯行に及んだ。
車内に設置されたカメラには、マスクをした男が、「金を出せ」と田中さんを刃物で脅し、もみ合いになって、タクシーの外に出た様子が映っていたという。
捜査本部のこれまでの調べで、事件が発生したのは、男がタクシーに乗ってから、わずか10分後とみられていて、男は、当初から強盗目的だった疑いが持たれている。
捜査本部では、カメラに映っていた男の特定などを急いでいる。

via: 秋田・鹿角市タクシー運転手殺害 「道の駅経由で」と配車依頼(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る