バンコクで行方不明になっていた島戸義則さん、運河でバラバラ遺体で発見 230万円預金引き出したタイ人夫妻を身柄拘束、女は邦人専門のプロ犯罪者の模様


身柄拘束の女、カマタリさん預金窃盗事件にも関与、転落死したタナカさんの保険金受取人の模様 夫妻で預金目当てに次々に邦人殺害の可能性

タイ警察当局は17日、バンコクのマンションに住んでいた日本人男性が9月下旬から行方不明になっており、犯罪に巻き込まれた可能性があるとみて、捜査を始めていると発表した。

 フアイクワン署の捜査担当者によると、行方がわからなくなっているのは、愛知県出身の島戸義則さん(79)。長期滞在ビザを取得してバンコク中心部のマンションに住みながら日本語を教える仕事をしていたという。連絡がとれなくなったことから、今月14日に日本から来た家族がマンションを訪ねた。室内にはタイ人の40代の女性がいた。

 その後の捜査で、この女性が島戸さんの銀行口座から計70万バーツ(約230万円)を引き出していた疑いが強まり、警察は女性を窃盗容疑で逮捕し、島戸さんの行方についても事情を聴いている。(クアラルンプール=大野良祐)

via: タイ在住の日本人男性が不明 犯罪に巻き込まれた可能性:朝日新聞デジタル

 

国際結婚ってのは今後も一般的なものになり続けていくんだろうけど、日本人の一部中高年の場合はこういうトラブルも激増するんだろうな、というニュースだね。

この島戸さんという人のタイカノ(タイの彼女)が今身柄を拘束されている女で、どうもこの女は以前も転落死した中高年日本人の保険金の受取人だったり、預金を窃盗していたりという札付きだった可能性があるみたいだ。

島戸さんの生命保険の受取人の可能性もあるらしく、現在調査中らしい。

 

もっとも、タイの警察なんて言うのは、身分が卑しいやつとか、少数民族の弾圧されてるやつを適当に逮捕して、他の罪も全部おっかぶせて拷問して犯人に仕立てあげるなんて当たり前らしいし、鵜呑みにするわけにもイカンのだろうけどね。

 

その拷問ってのも、スタンガンを頭に当ててスパークさせたり、めちゃくちゃするんでやっぱり最後に自白する奴もだいぶ居るんだとか。

 

ぶっちゃけ、外国人の女とうまくやっていくってのは至難の業なんだよね。

日本より貧困な国だと相手をカモだと思って接近してる人も随分居るし、そういう欲得抜きにしても常識が根本的に違う。

その上、中高年の一般日本人の場合、闘争能力が著しく低いため、相手ははじめから内心でなめきっているわけで。

 

その辺の少数民族しょっぴいて、電パチで拷問して自白させる国の男と違って舐められてもしょうがない。

アメリカみたいな先進国でも、筋トレを欠かさないムキムキだったり、射撃が上手いとかだったりオス力は高いわけだ。

 

ところが東南アジアでにわかプレイボーイになる日本人の場合、大抵ブヨブヨこんにゃくで、そらカモにされてもしょうがないよなと思わんでもない。

 

こういう後進国で女をあさってる買春オジサン達に一言言いたいんだけど、自分でプレイボーイのつもりでもキモいだけだよそれ。

ストレートな話だけど買春に使う金や、端金で現地妻囲うんだったらその金で体鍛えたらどうだ?

 

ボクササイズと筋トレでもやって、食われるだけのカモ役を卒業したらもうちょっと違う女にも相手にしてもらえるかもよ?

筋肉のあるなし以前に、戦闘能力なさすぎたら女にもてなくても仕方ないよ。

戦闘力スカウターで0しか出てこなさそうな奴が、ちぐはぐなブランド物を身につけたような女と、これまたちぐはぐな意思疎通をして、休みの日に半ズボンとロングソックスでカフェで座ってんの見たらイタすぎる。

 

何かあった時に一つもあてにならない草食動物の売り物って、金か自分の肉しかないよね。

だから食われるんだよ、色んな意味で。

 

 

バンコクで行方不明になっていた島戸義則さん、運河でバラバラ遺体で発見 230万円預金引き出したタイ人夫妻を身柄拘束、女は邦人専門のプロ犯罪者の模様 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 gaijin crime international jiken

 

東南アジアだと半ズボンとロングソックス、妙なデザインの靴。
東アジアだとチノパンと真新しいスニーカー、セカンドバッグ。
うーーん、このクオリティ・・・・・
オッサン、空手でもやったらどうなん?

 

 

バンコクで行方不明になっていた島戸義則さん、運河でバラバラ遺体で発見 230万円預金引き出したタイ人夫妻を身柄拘束、女は邦人専門のプロ犯罪者の模様 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 gaijin crime international jiken

 

 

 

 

タイのバンコクで島戸義則さん(79)が行方不明になった事件で、タイ警察は、知人の女らの供述に基づき、島戸さんとみられる切断された遺体を発見しました。

 タイ警察は、先月21日から行方が分からない島戸さんについて、島戸さんの預金を引き出していたタイ人の女(47)と、その夫(47)から事情を聴いていました。その結果、夫が「島戸さんを殺害し、遺体を切断したうえで、袋に入れて水路に捨てた」などと供述したことから、警察は21日、夫を現場に立ち会わせて捜索を実施し、供述通り、バンコク郊外の水路で袋に入った島戸さんとみられる遺体を発見しました。女は「所有する家の2階で夫が遺体を切断した」などど話しているということです。警察は遺体の身元の確認を進めるとともに、殺害に至る経緯などについて、引き続き取り調べを行っています。

via: バンコク郊外で遺体発見 不明の日本人男性か(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

 

島戸さんのものと思われるバラバラ遺体画像、現在DNA鑑定中

バンコクで行方不明になっていた島戸義則さん、運河でバラバラ遺体で発見 230万円預金引き出したタイ人夫妻を身柄拘束、女は邦人専門のプロ犯罪者の模様 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 gaijin crime international jiken

 

バンコクで行方不明になっていた島戸義則さん、運河でバラバラ遺体で発見 230万円預金引き出したタイ人夫妻を身柄拘束、女は邦人専門のプロ犯罪者の模様 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 gaijin crime international jiken

 

The Thai female companion of the 79-year-old Japanese teacher Mr Yoshinori Shimata and her taxi driver husband were detained under martial law for questioning after they denied any knowledge of the disappearance of the Japanese teacher since September 21.

Mrs Pornchanok Chaiyapa, 47, and her husband Somchai were arrested by metropolitan police Monday night after the police believed they had knowledge about the disappearance of Mr Yoshinori.

Both were questioned for more than three hours but they remained adamant on knowing nothing.

The missing came to light when the teacher’s son said his father couldn’t be contacted for months and suspected something might go wrong.

Deputy commander of the metropolitan police Pol Maj Gen Suwat Jangyodsuk later decided to send the couple to military authorities for detention under martial law for seven days.

Both were later escorted to the Second Calvary Division of the Royal Guard for detention.

The police believed they had knowledge because the female companion used the ATM card of Mr Yoshinori to withdraw cash from Bangkok Bank’s ATM machines for 14 times amounted to more than 720,000 baht in cash.

Besides the woman had also used the teacher’s mobile phone to call AIA inquiring about life policy of the teacher.

She also had taken the Japanese teacher to a private hospital for check and was advised to admit him at hospital for having problem with blood vessel in the heart.

However she told doctor that she would admit him at state hospital instead because she had no money.

Police strongly believed the Japanese might have been dead because he had chronic sickness that needed regular check and treatment by doctors.

Police also disclosed earlier Mrs Pornchanok had close connection with another Japanese but he later died after misstepping the stairways and fell to the ground from heart problem.

In that case, she received insurance sum from a firm for several million baht.
But in that case there was no unusual death but heart disease, which was also same as that of the missing teacher.

Police searched five targets yesterday which comprise rented house, condominium room, townhouse and rooms which the missing Japanese teacher used to live with his companion. But nothing suspicious was found.

However they collected DNA samples from all five places to check.

The DNA samples will be forwarded to the forensic department for further examination. Police believe that Mrs Pornchanok is involved in the disappearance of the Japanese victim, though more evidences are needed to prove the theory.

Police also drilled a cement ground of one house on suspicion the body of the teacher might be buried but nothing was found after neighbour complained of strong smell of carcass coming out.

Yesterday the son of the missing Japanese teacher Mr Testsuo Shimata, 47, arrived in Thailand in search of his father and to give clues to the police, and offered his DNA to help police investigation.

Accompanied by Japanese embassy staff, he met with Thai police investigators and provided some information to the police.

Mr Tetsuo said he was in last contact with his father via email in March, when his father admitted that he was seeing Mrs Pornchanok, during which his father also gave him the suspect’s contact number.

He said at the beginning of the month, he had called his father, but did not talk to him, as a woman by the name Pen had answered the phone and told him that his father was ill.

He added that he never heard from his father again until he found out that his father had gone missing.

He also said he had met the woman who disguised herself with hat coming to pick up belongings in the rented condominium room at Huey Kwang where his father stayed.

He was told his father was sick and would take him to see his father.

The woman was questioned by the police but released on bail and later disappeared.

Meanwhile a third Japanese man emerged identifying himself to be Mr Kamatari and had close relation with Mrs Pornchanok who earlier called herself Pensri.

He claimed to have fallen in love with the Thai woman six years ago and agreed to live with her at a house in Bang Name.

He thrusted her so much that he decided to give all his pension money to her to take care of.

But after having all his money she fled and disappeared.

He wrote to Pornchanok’s mother asking her to return all his money he kept throughout lifetime so that he could live on.

via: Thai female companion of missing Japanese teacher and Thai husband detained under martial law – Thai PBS English News

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • まる
    • 2014年 10月 22日

    昔、親の関係でタイにすんでましたけど、人種的に人気なのは白人男でしたね。
    しかも、チュラロンコン大・タマサート大あたり出てるエリート女性に限ってしょうもない白人にはまる人が多いのは不思議でした。
    当たり前ですけど、日本人ってだけじゃあんまもてない気がしましたね。
    個人的にはそうでもなかったですがw

    • gundari
    • 2014年 10月 22日

    @まる さん

    親日国ってだいたい媚白人国家ですよね。
    ヒエラルキー的に上下を決めてるだけなんで、国力を逆転されたらどういう対応をしてくるか読めない連中ですよ。

    >個人的にはそうでもなかったですがw

    ・明るくポジティブ
    ・ケチケチしない
    ・行き詰まったら土下座でも金でも何でもあり

    これが大事なんじゃないでしょうかw

    • ななしら
    • 2014年 10月 27日

    タイ人の女に騙されんな。タイ人はどー見てもブサイクだろうがw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る