「千真と一緒に逝く事をお許し下さい」祖父が帰省中の孫の知的障害を悲観し無理心中図る  祖父伊佐田敏夫さん、千真くん死亡


24日未明、兵庫県宝塚市で、祖父の家に帰省していた6歳の男の子が家の中で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。
警察は庭で首をつってまもなく死亡した祖父が無理心中を図った可能性があるとみて調べています。

24日午前1時半すぎ、宝塚市中山五月台3丁目の住宅の風呂場の脱衣場で、京都市西京区に住む上林千真くん(6)が倒れているのをこの家に住む祖母が見つけました。
また、住宅の庭では祖父の伊佐田敏夫さん(72)が首をつっているのが見つかり、2人は病院に運ばれましたが、それぞれ死亡が確認されました。
警察によりますと、男の子は両親や9歳の姉と共に23日からこの家に帰省していて、男の子と祖父は23日午後11時ごろに同じ部屋で就寝したということです。
男の子の首に絞められたような跡があったほか、祖父が書いたとみられる遺書のようなメモが残されていたということで、警察は、祖父が無理心中を図った可能性があるとみて調べています。

via: 6歳男児と祖父死亡 無理心中か NHKニュース

 

前も記事にしたことがあるんだけど、友達の弟が障害のある子で、そもそも昭和世代は学校の特殊学級があったんで結構障害者時代ポピュラーなんだよね。

今はもう無いんでしょ、義務教育で?

どこへ行っちゃったかわからないけど、もしそうなってるなら馴染みのない事なんだろなぁ。

 

この手の事件が起きると「それでも死ぬなんて卑怯だ」という安い正義感を振り回す奴が出てくるけど、ああいう究極の場面になって暴走や逡巡がない奴って本当に器の大きいすごいやつだと思う。

身内では何らそういう経験はなかったけども、子供の事で何度も何度も頭を下げる親や、逆に障害者の子供でとても苦しい生活をしている同級生なんかを思い出したらとてもじゃないけど安いことを言う気にならないね。

 

どんなに殺したり無理心中したりするつもりがなかったところで、親の前で帰省中に煩悶のあまりあらぬことを口走ってしまうことだってあるだろうし、耳にしてかせずか先回りして悪い方向に年寄りが考えてしまうことだってある。

 

障害者だってお荷物じゃなくてちゃんと家族で、大体の場合はその中で居場所があって生活しているだけに相当に重い問題だよ。

つまり、お荷物だというなら福祉だ予算だ年金だ、何かあってもおら知らね、で終わりなものが、真剣に家族としての愛情をもてば持つほど将来どうするんだとかそういう問題がのしかかってくる。

 

そういうことをきっと考えてたんだろうなと過去通り過ぎるように出会った人を思い出すたびにこの事件は重たいものだって実感しちゃうね。

 

事後の問題としては共同体としての家族がこの後どう立ち直っていくかなんだろう。

それが壊れないように真剣に心配してしまうな。

 

 

「千真と一緒に逝く事をお許し下さい」祖父が帰省中の孫の知的障害を悲観し無理心中図る  祖父伊佐田敏夫さん、千真くん死亡 %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 jiken %e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e9%81%94

 

殺すこと死ぬことが即悪なんていうのは安い判断だからね。
極めつけの状況の煩悶を味わった人間はそんなこととても言えないって知ってるもんだ。

 

 

「千真と一緒に逝く事をお許し下さい」祖父が帰省中の孫の知的障害を悲観し無理心中図る  祖父伊佐田敏夫さん、千真くん死亡 %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 jiken %e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%8b%e8%80%81%e4%ba%ba%e9%81%94

 

↓関連記事↓

 

 

 

24日午前1時15分ごろ、兵庫県宝塚市中山五月台3丁目の伊佐田敏夫さん(72)方で、孫の男児(6)=京都市西京区=が風呂場の脱衣所で倒れているのが見つかり、男児の母が119番通報した。首に絞められたような痕があり、駆けつけた消防隊員がさらに裏庭で首をつっている伊佐田さんを発見した。2人とも搬送先の病院で死亡が確認され、県警は伊佐田さんが無理心中を図ったとみて調べている。

 宝塚署によると、男児は両親と姉の家族4人で、23日から伊佐田さん方に帰省していた。伊佐田さんの自宅内には、伊佐田さんのものと思われる筆跡で「(孫と)一緒に逝きます」と書かれたメモが残されていたという。

via: 無理心中か 祖父と6歳男児、住宅で死亡 兵庫・宝塚:朝日新聞デジタル

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る