ニュースクリップ@経済  2014/08/08  暴落株価「増税の反動」言い訳がいつまで使えるか、不透明な先行き


日経平均は455円安で前引け、米大統領のイラク空爆承認で下げ幅拡大

 

オバマ大統領の空爆承認より安倍夏休みに株価暴落が連動してることに注目したほうがいいことを誰も言わない本日。

年金の買い支えが外れたから暴落したというのが本当のところで、今までの買い支えに売り浴びせてきた機関投資家のボロ儲け週間の始まり。

「駆け込み需要の反動」この言い訳も無理矢理感満載になってきた昨今。

目薬とか風邪薬、駆け込みで買い置き増やしますか?

常識を無視した嘘がまかり通る市場、いずれは現実に帳尻を合わされる。

 

実態がガタガタなことを直視できない限り根幹からの再生はありえない。
今の株価は円高当時の9千円と同じレベルだ。

ニュースクリップ@経済  2014/08/08  暴落株価「増税の反動」言い訳がいつまで使えるか、不透明な先行き economy economy news
基本的な部分が算数レベルで狂ってるんだよね。もっと高度な嘘をつけよ
日経平均は455円安で前引け
M&A、大型貸出、住宅ローン以外需要が発生しない銀行融資 これが日本の実像
「駆け込み需要」の反動でロート製薬が業績悪化 もっとマシな嘘つけよ
昭和電線は「アベノミクス」で営業赤字に転落。円安で輸出増ってなんだったの?
大本営発表は「東方不敗」キチガイに刃物、安倍に日銀
円安で破壊される楽園ガラパゴス 狙われるロンサムジョージ、円安レバレッジで勢いづいたのは「捕食者」だった

 

ロシア、対外制裁で内閣と密約か、日本は制裁外れる
確実に発生する北朝鮮・中米向け支援・ODA、「食われる」安倍内閣

 

対露経済制裁発動の日本だけがロシアの対外禁輸措置や渡航禁止措置から免れた事実。

これはほぼ確実に政権感で密約があって、それは恐らくロシア傘下の国へのODAや借款、人道支援となって精算することになる。

何事もただではすまないからね。

それは北朝鮮かも知れないし、アルゼンチンかも知れない。

一方でそういった動きは確実にアメリカとの摩擦の激化につながるもので、現在アメリカとの交渉カードをもたない日本がその難局を乗り切れるのか?

非常に不透明な話だ。

ロシアと揉めれば肥料が輸入できなくなり、農産物価格は跳ね上がる。アメリカと揉めれば防衛が微妙に。株価は売り浴びせられる。

前門の虎、後門の狼とはまさにこのことだ。

 

食わねば餓死食えば毒饅頭。世の中良い所どりは難しい

ニュースクリップ@経済  2014/08/08  暴落株価「増税の反動」言い訳がいつまで使えるか、不透明な先行き economy economy news
幸運なのは非凡な為政者に恵まれた国民だけか。
<ロシア>農産品・食料品輸入禁止の報復 負の応酬暗い影
政府:対ロシア追加制裁を発動
0コストで恩を売る狡猾さ、見習うべき
弱り切った財務内容に大打撃を受ける航空各社
アフリカ、中南米、中ロ 新しい冷戦は生産国VS消費国の構図
ウクライナ、陥落目前 中東・北朝鮮・ベトナムで中露に振り回され後手に回る西側諸国 分が悪い「新たな冷戦」 資源消費国VS生産国

 

次のサラディンは誰か?
Unpredictableな第三世界 目論見崩壊する西側諸国

 

中東・北アフリカで何故独裁者が乱立していたかといえば、あの地域は結局サラディンかカリフがいない限り収まりがつかない歴史を誰もが知っているからだ。

そしてサラディンもカリフも選挙で選ばれるものじゃない。

そうした事実を直視せずに民主化した結果どうなったのか。

結果をまざまざと見せつけられる最中、西側の要求する民主化がほんとうに安全かどうか考える必要がある。

例えば極東で言えば中国が民主化したら、どうなるか。当然先軍化して周辺諸国は重大な安全保障上の危機に見舞われることになる。

大切なのは歴史を学ぶことと現実を直視することだ。

「今回は絶対違う」違った例など歴史にはない。

”クズルエルマ”(赤い林檎)を呑み下そうとしたスレイマン一世、十字軍を打ち破りイスラム中興の祖になったアイユーブ朝の始祖サラディン。

これが中東の民衆と国家元首の理想像なのは動かしようもない。

 

 

つまり国力を無視した膨張や現実を無視した宗教革命が起きる土台があることは無視できないってことだ。

ニュースクリップ@経済  2014/08/08  暴落株価「増税の反動」言い訳がいつまで使えるか、不透明な先行き economy economy news
イライラ戦争でホメイニが主張してた停戦条件を聞いたら馬鹿でもわかる。
米大統領、イラク限定空爆承認―地上部隊再派遣せず
リビア権力闘争先鋭化 カダフィ政権崩壊から3年 独裁去って内戦危機
民主化で「幸せ」になりスラム化する中東
連鎖して先鋭化する乱
宗教的自決権が自己の尊厳と一体化した民族に宗教の理を無視した政策、そして最悪の結果に
そしてそれが結局民族間対立に発展し虐殺の種になる
ではイスラエルは悪なのか? どうすればパレスチナ問題が解決するか 現実に口をつぐむ為政者・文化人たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 08日

    カリフも正統カリフ時代は選挙で選ばれてたみたいだから、やろうと思えばイスラムだって民主化できると思うんだけどね(実情は全く違うけど)。
    まぁその辺は日本人とは感覚が違うと思う。
    後これは私見だけど、サラディンだってキリスト教圏や日本人からみたら偉大な英雄かもしれないけど、ムスリム全体からしたら理想とすべき人であると同時に排除すべき人でもあると思う。
    だからやっぱり民主主義社会の常識でモノを判断するのは良くないと思うん。

    • gundari
    • 2014年 8月 08日

    @迦陵頻伽 さん

    内乱が起きた、デモがあったはわかるけどその当事者が機関銃で武装してる世界だからね・・・

    それに、選挙をやるとイスラム世俗派が必ず勝つんで結局は原理主義者のテロは避けられないよね。
    それを抑えこもうとすると武力弾圧しかなくて、結局西欧のいう独裁国家が出来上がるループだと思うんだけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る