茨城で通り魔 ボウガンで人間を打ち、右脚ふくらはぎ貫通 取手市民は厳重な警戒必要


映画だと大抵無差別殺人の前兆、冗談抜きで外出を控えたほうがいいのでは・・・

 

15日午前1時50分ごろ、茨城県取手市東2の県道で、自転車で帰宅途中だった同市吉田の男性会社員(47)が、何者かに洋弓のようなもので金属製の矢(長さ約40センチ、直径8ミリ)を放たれ、右脚に刺さった。矢はふくらはぎを貫通しており、2週間のけが。県警取手署が傷害事件として捜査している。

 男性は「激痛を感じた時、後ろから車が通った」と話しているといい、同署は、車から矢が放たれた可能性もあるとみている。

via: <傷害>矢を放たれ、男性けが 茨城・取手 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

数ある通り魔犯罪の中でもありそうで実際はなく、あったら最悪の形のやつだねこれ。

小動物とかを的にして、飽きたから人間とかそういうパターンなんだろうか?

どっちにしてもご当地の人は不要な外出は控えたほうがいいっぽい気がする。

 

ナショジオかなんかで前、弓矢特集で見たことあるんだけど、この手の弓矢とかの威力ってやっぱり凄いね。

戦で人殺しに使ってただけあって、カバンとかそういうものを盾にしても意味がないんだってことを思い知らされる番組内容だった。

 

刺さる時に矢から衝撃が伝わって中の筋肉組織とか内蔵にも深刻なダメージがあるっぽい。

ゼリー状の物を的にして衝撃を撮影していたけど、膵臓とか腎臓とかああいうものにその衝撃が伝わったら・・・・・

 

車でも、高級車の二重窓とかならともかく、エンピで一発で粉々にできるような普通の車の窓だったら多分突き抜いて中の人間に当たると思う。

チャリこいでる時の力が入って硬くなったふくらはぎを貫通するってことは、装甲が薄い車の鉄板なら穴を開けて刺さるだろね。

 

自衛隊にいた奴に聞いたんだけど、こういう時は攻撃されたら右往左往逃げずに、できるだけ広い道を選んで直線かつ最速で距離を離すのが実は最善らしい。

てっきり蛇行しながら逃げるのが一番かとか、とりあえず身を隠すのが先かと思っちゃうけど逆だとか。

 

受け売りにすぎないんだけど(飛び道具との戦いとか格闘技で習わないし)、変なものを遮蔽して亀になったって、追いつかれたら最悪の結果が待ってるだけらしい。

距離を離す、キビキビ動く、立ち止まって考えないが基本だそうです。

 

ちなみにそいつが実演してるのをエアガンで狙ったらピシピシ当たってたけどね。

 

 

茨城で通り魔 ボウガンで人間を打ち、右脚ふくらはぎ貫通 取手市民は厳重な警戒必要 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

犯人像(※イメージ)

 

そのうち、夜中に人を狙うような通り魔になったりするんじゃないだろうか?
学校とかまじで危ないと思うね、これ。

 

 

茨城で通り魔 ボウガンで人間を打ち、右脚ふくらはぎ貫通 取手市民は厳重な警戒必要 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

 

15日午前1時50分ごろ、茨城県取手市東2の県道で、自転車で帰宅途中だった同市吉田の男性会社員(47)が、何者かに洋弓のようなもので金属製の矢(長さ約40センチ、直径8ミリ)を放たれ、右脚に刺さった。矢はふくらはぎを貫通しており、2週間のけが。県警取手署が傷害事件として捜査している。

 男性は「激痛を感じた時、後ろから車が通った」と話しているといい、同署は、車から矢が放たれた可能性もあるとみている。

 取手署によると、男性は矢が刺さったまま約2キロ離れた自宅に自転車で帰った。家族が自家用車で市内の病院に運んだという。妻が同署に「夫が矢を撃たれた」と通報した。男性は傘を差して歩道を自転車で走行していたという。現場は取手駅の南東約1キロ。【安味伸一】

via: <傷害>矢を放たれ、男性けが 茨城・取手 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 仏眼仏母
    • 2015年 4月 16日

    なんかこの事件と関わってそうな、別件での傷害事件の容疑者
    「集団ストーカー(笑)」から攻撃されていたそうです

    どうやらこいつもネトウヨ臭そうです

    どうせ、発狂するネトウヨさんへ
    ここでのネトウヨって精神異常者と同意語ですからね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る