安倍ぴょん、価値観外交で新たな「友達」  金正恩氏にもお金と支援をプレゼント「竹島は韓国の領土、北朝鮮はいい人なので口約束でお金をあげます」


菅義偉官房長官は、①北朝鮮がすべての日本人に関する調査を包括的かつ全面的に実施し、最終的に、日本人に関する全ての問題を解決する意思を表明したこと、②日本はこれに応じ、日本が独自にとっている北朝鮮に対する措置を最終的に解除する意思を表明したこと、などを説明した。

 今後は北朝鮮側が特別調査委員会を設置し、調査がスタートする。日本側は調査開始を受け、北朝鮮当局者の入国禁止など人的往来の規制、10万円超の現金持ち出しの届け出義務、北朝鮮籍船の入港禁止といった制裁措置を進捗(しんちょく)状況に応じて解除する。拉致問題の解決に向けて一歩前進した形だが、北朝鮮がどこまで真剣に取り組むかは不透明だ。

via: 日本と北朝鮮、拉致再調査で合意 安倍首相発表:朝日新聞デジタル

 

集団的自衛権で朝鮮半島に介入しようと思ってたら、意外と評判が悪かったのでアドバルーン打ち上げたわけか。

ぶっちゃけ、生きて帰ってくる人が出てこない限り支持率になんか影響するはずないんだよな。

 

集団的自衛権の時に、最初は(もちろん口から出任せで)「邦人保護」とバカの一つ覚えを繰り返していたけど、そこまで邦人保護が重要なイッシューだと捉えているんだったら現行憲法内の自衛権で(当然、国民に対する誘拐や攻撃なんか自衛の範囲に決まっている)何か対処できるか普通なら検討している。

ところがそういう様子もなしに、「アメリカから押し付けられた憲法のせいで無理なんだ」と抜かす。

 

おいおい、石橋湛山らは何だったんだ。憲政の大先輩はGHQの使い走りかよっつーの。

もちろん、憲法はアメリカの押し付けを日本人特有の必殺技「のらりくらり」で切り抜けながら日本人が自ら作ったもので、本当に押し付けられたものだったら源田を擁立して防衛族の首魁にしていた自民党が今までにとっくに改正しとると言うんだ。

 

邦人保護は嘘っぱちで、領土防衛も口だけだってことが竹島問題ではっきりしたわけだけど、本当に考えなきゃいけない防衛問題は、この拉致問題のように「事実上国事問題化している」問題に対して日本政府が自前で防衛権を発動する決断能力も仕組みも持ってないことだろ。

本当にそれが政府の検討するべき議題だと思っているならはっきり言って憲法改正の前に武装強化こそが必要なわけで、武器をろくに持ってないのに法律だけタカ派になって国の実態の何が変わるんだと。

 

実際変わらないから、ネトウヨの言う「事実上の破綻国家」にすら好き放題やられっぱなしなわけで、過去には竹島、今後においては北朝鮮から何人が生還するかがその未来を物語るんだろうよ。

 

尖閣にしたって、安保安保とオウムのように繰り返してるけど、初動防衛は自衛隊がやらなくちゃいけない。

これはつまり「奪われたあとの奪還はアメリカは関知しませんよ」ということだ。

それは、最終的には「俺はお前の国の防衛なんて知らない」と言われてるのと同じことであって、こいつらアメリカの傀儡政府が何をヤッても今後も半島の小国にすら振り回される時代は続くだろう。

 

必要なのは紙に書いた法律じゃなくて、武器。

そして引き金を引く覚悟。

そのために腹を切る覚悟の政治家。

 

3点セットが一個もないのに、金で誘拐された国民を「買戻し」、友邦国を「金で買う」。

駄目すぎてなんとも言えないわ・・・・

 

 

安倍ぴょん、価値観外交で新たな「友達」  金正恩氏にもお金と支援をプレゼント「竹島は韓国の領土、北朝鮮はいい人なので口約束でお金をあげます」 defence ajia politics netouyo

 

喧嘩でも何でもそうだけど、一番弱いのは覚悟がないやつなんだよ。
殴られても絶対殴り返す覚悟がある奴はチビでもガリでも馬鹿にされない。

 

 

安倍ぴょん、価値観外交で新たな「友達」  金正恩氏にもお金と支援をプレゼント「竹島は韓国の領土、北朝鮮はいい人なので口約束でお金をあげます」 defence ajia politics netouyo

 

↓関連記事↓

 

 

 

辻元議員が日米首脳会談と日米共同声明に関する質問の中で、尖閣諸島と竹島について質した。政府は「今年4月24日に東京で行われた日米首脳会談後の共同記者会見で、オバマ大統領から日米の相互協力及び安全保障条約第5条は尖閣諸島を含む日本の施政下にあるすべての領域に適用される旨の発言があった」とし、尖閣諸島に対する日本の立場は一貫しており、「米国もこれを十分承知しているものと考える」と答弁した。

 一方、「現在の竹島は、現実に我が国が施政を行い得ない状態にある」と答弁。日米安全保障条約第5条が「日本の施政下にあるすべての領域に適用される」としていることから、現況が施政下にない竹島は除外されることを示した。

via: EconomicNews(エコノミックニュース)

 

本当に残された家族の気持ちに答えるような誠実な動機か?

 

拉致被害者の横田めぐみさんの両親は29日夜、川崎市の自宅前で報道陣の取材に応じた。父滋さん(81)は「これが最後の機会と思う。ぜひ成果をあげてほしい」と語った。

 そのうえで「(日本も)北朝鮮を信頼し、多少遅くなっても誠意がないなどと言わず、見守ってほしい」と求めた。制裁解除については「実際の動きを見てからでないと、相手に利用される恐れがある」と慎重な考えを示した。

 母早紀江さん(78)は「誠実に再調査していただきたい。今回が正念場。ここまで引き延ばしてきたので、これは人間としての誠意の問題だ」。めぐみさんについて「生きていると思っている。早く日本に帰ってきてもらいたい。どうか誠実な回答をしてくださいと願うしかない」と語った。

via: 横田滋さん「誠実に再調査を」 制裁解除には慎重な考え (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 紐付け用ivl
    • 2014年 5月 30日

    >集団的自衛権で朝鮮半島に介入しようと思ってたら、

    おまえマジキチだよな?w

    >集団的自衛権の時に、最初は(もちろん口から出任せで)「邦人保護」とバカの一つ覚えを繰り返していたけど、

    だって平和ボケの国民に一番わかりやすいって話でしょ?
    本当に意味なんてバカは理解できないでしょうから。

    >尖閣にしたって、安保安保とオウムのように繰り返してるけど、初動防衛は自衛隊がやらなくちゃいけない。
    これはつまり「奪われたあとの奪還はアメリカは関知しませんよ」ということだ。

    お前頭ダイジョウブ?w

    >必要なのは紙に書いた法律じゃなくて、武器。
    そして引き金を引く覚悟。
    そのために腹を切る覚悟の政治家。

    武器はある。でも引き金はひけない。今までは政治家が逃げてきた。

    だから紙に書いた法律だし解釈の問題でしょうに。
    それを必死にやってる政府は素晴らしいと思うよ。

    少なくとも平和ボケじゃないからね。
    危機管理はもってる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る