家鋪さくらさん「金庫の金、1億8千万は私の物だったことにして」タカジンの遺言執行人解任審判で吉村洋文弁護士に暴露される


遺言関係でも最悪の面倒臭さの審判が発生したことが発覚、さくら未亡人、ほんとに「浪速の天使」?

 

家鋪さくらさん「金庫の金、1億8千万は私の物だったことにして」タカジンの遺言執行人解任審判で吉村洋文弁護士に暴露される %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab geinou %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%a3%ab%e6%a5%ad domestic %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90

まるでもぐらたたきのように次々に発覚する新事実

 

「新潮」によれば、遺産総額にはたかじんさんの自宅にあった『さくらさん用』金庫の1億8000万円は含まれていないという。さらに、B弁護士の解任審判(大阪地裁)でB弁護士が、さくらさんから「自宅金庫の中の現金は、私のものだったことにして欲しい」との相談を受けた、と証言したという。ちなみに証言内容は陳述書に記載されているが、さくらさんはB弁護士の発言を嘘だと主張している。

 それにしても、なぜこれほどまでに紛争が大きくなっているのだろうか。東京都内の法律事務所に在籍する弁護士は語る。

via: Yahoo!ニュース – たかじんさん自宅金庫の1億8千万、さくら夫人が「私のものにして」と弁護士に相談か (Business Journal)

 

このB弁護士は今は大阪市会議員で、維新の会に所属している吉村洋文弁護士らしいけど、これは弁護士業務、特に遺言関係の中でも一番めんどくさい事態に引きずり込まれてお気の毒だね。

 

一言で言えば、吉村さんは今や市会議員で、しかも関わってる事件がやしきたかじんという浪速の大スターの遺産。

これでさくら未亡人に攻撃されたら選挙で相当のマイナスになるのは疑う余地がないわけで、嘘の証言をする可能性が全くないわけだよね。

(というか厄介払いで逃げるような真似をせずに証言して男らしいと解釈して上げて欲しいと思う。俺だったらめんどくさいから口つぐんでフェードアウトすると思うわ・・・)

 

つまりこの証言が真実である蓋然性は相当高いわけなんだけど、これが本当だったらネットの疑惑が本当だったと疑う奴は増えるんじゃないだろうか。

 

そういえば百田センセーは、「朝日新聞は嘘ばっかり」「ジャーナリズムとか言うなら反証を調べて物証を用意して挙証せんかい」などとほざいていたわけだけど、今回「殉愛」出版でノンフィクション界の巨匠になったセンセ。

取材はやったんだろうか、反証とか。

 

もしかして永遠の0ですか、百田センセ。

「朝日新聞は最初から嘘だと知っていた。でもボクは本当だと思い込んでいただけ、以上!」

ですかね。

 

なんでセンセーは他人に求めるクオリティーを自分で満たすことが一度もないんですかね。

これが巨匠クオリティーなんだろうか・・・

それとも百田尚樹はネトウヨと一緒に海原雄山病に罹患したんだろうか・・・・

 

 

「さくらさんの疑惑が1億8千万なら、タカジンの娘の疑惑は100億万円、以上!」

 

家鋪さくらさん「金庫の金、1億8千万は私の物だったことにして」タカジンの遺言執行人解任審判で吉村洋文弁護士に暴露される %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab geinou %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%a3%ab%e6%a5%ad domestic %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90

筋の悪い取り巻きに囲まれて盛大に燃え盛る疑惑の炎、どす黒いキャンプファイアー

 

今回の疑惑で百田センセーが言うには、本に書かなかったえげつない事実が次々に裁判で出てくるということらしい。

裁判の外では、実は未亡人がアメリカ人とも結婚していた可能性や、1億8千万猫ばばしようとした疑惑が弁護士の証言でまで出てきてるけど、一体どんなそれ以上のえげつない疑惑が出てくるのかね。

 

しかも恐ろしいことにそんなもんがいくら出てきても、出版差し止め訴訟に何の役にも立たないという。

百田センセも戦うのはゼロ戦を使った戦いに絞り込んで、頭を使った戦いをするのはやめといたほうがいいような気がするんだが・・・

すり減って脂光してるような頭でフサフサの弁護士と戦えるのか?

 

 

泥縄になっている大きな理由

 

家鋪さくらさん「金庫の金、1億8千万は私の物だったことにして」タカジンの遺言執行人解任審判で吉村洋文弁護士に暴露される %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab geinou %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%a3%ab%e6%a5%ad domestic %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90

 

今回の騒動で、たかじんの娘さんが可哀想やなーと思うのが、こういう財産と今までよほど無縁の生活をしてきたのか、相手を追い詰めるためのロジックをあまりに知らなさすぎるところにあるんだよね。

普通、この手の疑惑で焦点になるものをあぶり出そうと思ったら金の流れを追わなきゃいけないわけで、重婚がどうとか後回しなのよ。

仮に重婚を証明したとして、婚姻自体が無効だったという訴訟を起こさなきゃいけなくなるよね。

 

多分最高裁まで5年10年かけて争って、ヘタしたら婚姻自体は有効だったと認められる可能性もある博打で、重婚とかそのへんで揉めても仕方ない。

出版差し止めもそういう観点で言えば枝葉の騒動でしかない。

冒頭の吉村弁護士に対して、未亡人側は「金庫から行方不明になっている数千万円の行方に関係しているのではないか?刑事告訴する」とか主張してるらしいんだけど、多分そのへんの流れを洗うほうが効果的なんだよね。

 

つまり、公認会計士の受任してくれる人を探して、全部金の流れを追跡させたらいいと思うんだわ。

これが未亡人の言う通り、誰かが盗んだものだったとしても娘がそれに関与していたはずもなく、全く関係がないし、どういう経過で金がなんの為に動いたのかあっさり調べがつく。

 

訴外の活動しか知らない人には意外かもしれないけど、弁護士さんは案外会計とか税務、泥臭い金の流れをつつくのに慣れてない。

だからそれなりにでかい客を持ってる事務所は、必ず会計事務所と共同で事務所を運営したり、下請けでそこそこの規模の税理士事務所や会計事務所を抱えているんだな。

 

多分、帳簿閲覧権とかそういうのを確認する訴訟を起こして、裁判所の承認を得たあと、会計士に走らせて銀行の口座からの流れを全部洗ったらすぐに問題がスムーズになるだろうね。

もちろん、それで困る人がその請求訴訟に激しく抵抗するだろうけど。

 

ちなみに公認会計士の監査業務は、監査人が無限の責任を負う。

つまり気合入れて調べるし、金と会計のプロだから甘い調査では済まない。

 

今まで粉飾事件で騙された監査法人や会計士らは、大抵が本人が共犯だったか、何かで追い込まれて引きずり込まれたか、はじめから会計士も含めた全員をだますためのスキームでやられた感じだったな。

 

一般人向け遺産相続のワンポイントアドバイス

 

家鋪さくらさん「金庫の金、1億8千万は私の物だったことにして」タカジンの遺言執行人解任審判で吉村洋文弁護士に暴露される %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab geinou %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%a3%ab%e6%a5%ad domestic %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90

 

こういう相続のトラブルってのはどこでもあるもんで、大体3000万超えたら、誰かが笑えない騒動を起こすのが相場じゃないのかな。

不思議なもので、家族が死ぬタイミングと身内の誰かが金で行き詰まるタイミングってのが大体一致している。

そしてたかが数千万円の下らない金で、かけがえのない家族の関係を壊してしまう。

 

もちろん、もともと家族じゃなかった異邦人、嫁や子供がそれに煽りをかける。

あんまりきれいな絵図じゃないけど、もともと他人だった人や、そんなに近い関係じゃなかった子供なんか、縄張りの異物としか思えない親戚が出てきて、当然しなきゃいけない金の話をするだけでワーワー言うもんなんだよ。

 

それに輪をかけて困らせるのが、事業性資産・有価証券の扱いと遺族のハンコ集めなわけで、これを統合的に解決してくれるのは弁護士でも会計士でもないってことは覚えといたほうが良い。

 

具体的には最寄りの信託銀行に相談して、その時に備えておくべきだろうね。

死後の不動産売買や、事業用不動産の運営や処分のアドバイス、遺言の執行、必要な業者の斡旋手配、株の名義書換、地道なハンコ集め、これを統合的に解決してくれるのは何を隠そう信託銀行だ。

 

当然、かなりでかいロットの融資にも本業で対応してるんで、不動産の処分も査定から顧客の斡旋・融資の実行までかなりのスピードで進めてくれる。

実は不動産屋に相談するより、銀行に相談したほうが土地の売買は早かったりするんだよね。

(坪単価さえ常識の範囲で手を打つのであれば。)

 

もちろん、日常的に縁の薄いだろう公認会計士や税理士、弁護士や司法書士まで全部一元的に紹介してくれる機能を持っている。

こればっかりは都市銀行の営業部門や、地銀や信金は真似できない部分で、個人的には中央三井信託を吸収した住友信託一押しだな。

中央三井信託はかなりしっかりサービスをやってたんで、吸収した住友ならしっかりやってるだろう。

 

知り合いが死にかけた時も死ぬより困ったのが死んだ後の家族のことで、手術やら抗癌剤やら放射線治療でゲロ吐いてのたうちまわりながら、数十億円はありそうな事業用不動産の処理で汲々としていた。

 

簡単そうに見える賃貸不動産の運営とかでも、主婦やら幼児やら、全くの門外漢が抵当権がついた状態で運営して、嘘の上手な不動産屋に絡まれたらどうなるかわかったもんじゃないしね。

受け渡す方も受け取る方も気が気じゃないってのが本音だろう。

手数料は少々お高いけど、信託銀行で事前に準備しとくのが一番。

 

そんな何億円も資産がなくても、数千万円からしっかり請け負ってくれる。

 

ちなみに、その知り合いは無事に生還して、不動産や事業を全部処分してやることなくなったせいか、まだ若いのにすっかり老けこんでしまった。

ヤングリタイアと思えば、それもありなのかもしれないけど。

禍福は糾える縄の如し、ってやつだな。

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 12月 11日

    個人の資産に帳簿閲覧権?と思いましたけど、まあ1億8千万ものカネはどっかで必ず法人をとおってるから、そこを洗うということですね。うーん、悪いことはできないようになってるんだなあ。

    • gundari
    • 2014年 12月 11日

    @迦陵頻伽 さん

    例えばマネジメント会社と番組の看板料とか、片っ端から仮処分の申し立てして、通ったもので帳簿開示させるとかありだと思うんですよ。
    法人の未公開株や看板料について相続人であるとか、申し立てることはいくらでも出来るわけですし、同種の事業である場合、株主・債権者としての娘さんの同意を得ずに勝手に分社して新会社設立しててもそれを否定する法理もしっかりありますからね。
    一つでも通れば、会社の金を必然的に報酬名目とかで個人口座に分配してるわけですから、紐付けして開示させるってのも出来ない話じゃないと思うんですよ。

    複合コンボの難作業になるけどこっちのほうが実効性あるし、される方も一番困ると思いますけどね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る