会社は移民と補助金、経営陣は鎮痛剤 オーバードーズTOYOTA、女性役員麻薬密輸事件続報


まさかのまさかで本当に密輸だった模様・・・・

 

ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていません」と述べ、容疑を否認しているという。

 組織犯罪対策5課によると、ハンプ容疑者が住む東京・六本木のホテル宛てに送られた紙箱の小包(縦7センチ、横10センチ、高さ5センチ)は「ネックレス」と輸入申告していた。中には小箱に入ったおもちゃのペンダントと、ポリ袋に入ったおもちゃのネックレス、それに紙袋が入っていた。麻薬オキシコドンを含む錠剤57錠のうち39錠は、それらの下に敷き詰められた状態だった。他にペンダントの小箱に13錠、紙袋に5錠入っていて、いずれも小包を開けても見えない状態だった。

 オキシコドンは鎮痛作用があり、がん患者の痛みを抑えるためなどに使われるが、警視庁は、ハンプ容疑者がオキシコドンの服用が必要な健康状態ではなかったとみている。

via: ネックレスに偽装? 麻薬密輸容疑のトヨタ女性役員 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

まさかそんなアホな・・・と思ったら、かなり意図的に隠した密輸で本当に確信犯でやってた模様のジュリーハンプ容疑者。

会社は補助金と移民で鎮痛剤、役員はストレス対策で鎮痛剤。逮捕されたら言い訳。議会で追求されたら泣く。

会社ぐるみでオーバードーズ過ぎてびっくりのTOYOTAだけど、白人を雇用する基本的なリスクで薬物は切り離せないのかもしれない。

 

白人のアナルセックスと薬物へのハードルの低さは、正直日本人の想像をはるかに超えている。

 

東南アジアの旅行なんか、ハーブやきのこ、マリファナとそこら中に溢れている。

日本人でそういうのにどっぷり浸ってる奴は見かけないし、中国人や韓国人、要するに黄色人種系はあんまりその手のものに手を出さないわけで。

 

20年位前だと今じゃ想像もつかないだろうけど、タイとかインドネシアなんて、普通にマジックマッシュルームのオムレツ屋さんとかがその辺に店を出していたし、道端にビニール袋に詰めたマリファナを販売していて、何かの葉っぱで巻いてそのへんでしゃがみこんで吸っている白人だらけだった。

 

近頃じゃ変な錠剤みたいなのをやるのが流行ってるらしくて、アメリカのおねーちゃんに試してみないか誘われたりして、あの所得や教養の高低とは全く別なカジュアルな意識には驚かされる。

 

黄色人種だと体格や肝臓の能力なんかの関係で、デトックス出来る天井が白人より低いから敬遠するんだろうけど、そこの認識の違いは国際的に人を入れていく上で認識せざるを得ないリスクになるはずだ。

ちょっと前まで白人が役員になるとかあんまり考えられなかったものが、今後はそうも行かない。

 

ハーバード出の秀才(が来るかはわからないけどw)が、ホームパーティーでヘロインを吸い込んでいたり、会議の前に気合を入れようとガラスパイプでメス(覚せい剤)を吸い込むスタンフォード卒のCTOなんて無い話じゃないってことだからね。

 

TOYOTAの低所得者を完璧に馬鹿にしたドラえもんCMも、ヘロインや鎮痛剤を粘膜から吸収したジュリーハンプ容疑者が、朦朧とした視界の中で見た映像を具体化したものかもしれない。

広告制作は、スーパーフリーの電通。起案者はオーバードーズのアメリカ女。

 

素晴らしい国際化と、ブラジル人の酷使に支えられたTOYOTAのカイゼン経営は素晴らしいと思う。

そこのシャッチョさん、仕事の時は注射器をお忘れなくw

 

 

会社は移民と補助金、経営陣は鎮痛剤 オーバードーズTOYOTA、女性役員麻薬密輸事件続報 economy gaijin crime international %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7

 

アメリカ人と夜酒を飲んでいて、男だけのシモネタの話しになった時に、
大半のやつがアナルセックスに踏み込んで話すのを聞いて衝撃をうけたな。
どうしてあいつらはああなるんだ・・・・
TOYOTAが政治に口出しを強めるのも、刺激に飢えてのアナルや麻薬の中毒と一緒なんだろな。

 

 

会社は移民と補助金、経営陣は鎮痛剤 オーバードーズTOYOTA、女性役員麻薬密輸事件続報 economy gaijin crime international %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7
ジェネオン エンタテインメント (2002-02-22)
売り上げランキング: 44,669

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

トヨタは昨年7月、約100人だった女性管理職を2020年に3倍の約300人に、30年に約500人に増やす計画を発表。女性初の常務役員に抜擢(ばってき)した人事は、他社に比べて遅れていた女性や外国人の経営幹部への登用を、今後積極的に進めていく方針の象徴の一つだった。

 今年4月の就任直後のインタビューでは、「光栄で責任を感じている。女性の活躍を促す役割が求められている」などと話していた。関係者によると、就任後は、日々の発表資料を事前にチェックするとともに、ソーシャルメディアを通じた情報発信を強化するなど新たな広報戦略を、部下と議論していたという。

 逮捕前日の17日には、愛知県豊田市のトヨタ本社で、トヨタ初の外国人副社長に就いたディディエ・ルロワ氏(57)の記者会見に同席。報道陣にルロワ氏の担当業務や経歴などを紹介し、「さまざまな背景、経験を持つ人たちを国内外から幹部に登用することで、トヨタのイノベーションを強化したい」などと語っていた。

 本人が容疑を否認するなかで、トヨタ社内では「無実だと信じたい」との声も出る。トヨタ幹部は18日夜、朝日新聞などの取材に対し、「行き違いがあると思うので、それは今後明らかになるだろう」と慎重な口ぶりで話した。

 

via: トヨタ初の女性常務抜擢の矢先 社内「無実と信じたい」:朝日新聞デジタル

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る