安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」


選挙の時は人格者になる政治家達

 

安倍晋三首相は24日昼、長野県北部を震源に22日夜に起きた最大震度6弱の地震の被災地を視察するため、陸上自衛隊のヘリコプターで長野県白馬村に入った。村役場で阿部守一知事らから被害状況の報告を受け、復旧作業などについて意見交換する。その後、避難所や地震の被災現場を視察する。

 被災地に約1時間半滞在した後、自衛隊ヘリで9月末の噴火災害で大きな被害を出した御嶽山(長野・岐阜県)を上空から視察する。そのまま夕方に都内に戻る予定。

 

via: 首相が長野入り、白馬村で地震被災現場を視察  :日本経済新聞

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

批判されにくい「子供」を選挙にフル活用しようと謀る首相

 

さすがに今回は選挙がかかってるだけに速攻で長野まで出かけていたけど、以前からの行動の整合性で言うんだったら、今回も会食をぶつけるべきだったと思うんだよ。

天ぷら、料亭、今回は高級韓国料理とかが良かったんじゃないだろうか?

 

寒さに震える豪雪災害の被災者がヒーヒー言ってる最中に天ぷら。

土砂で生き埋めになった人が50名亡くなってもゴルフ。

 

安倍晋三にとって長野だけが特別という関係が推察できないことから、やっぱり選挙対策の一環として長野入りして、その後被災地巡りをしてるんだろう。

実際、東日本大震災の跡地ではあんまり評判が良くない、自民党は。

都市部では(復旧を再優先で進めたため)あらかた復旧が終わって、案外好意的に迎えられているけど、散漫に人口が散っている田舎ではかなり印象の悪い思いを抱いてる人が多いというね。

 

進まない復旧、これの大きな理由の一つが円安資材高騰で、公共事業の入札が入らないような事態になっているらしい、入札不調ってやつだ。

そこに追い打ちを掛けるように資材と燃料費の高騰、更に米価の下落がのしかかってきて恨まれていると聞くよ。

今回もどうせ被災地巡りは人口50万人以上のところを狙い撃ちにして批判的な田舎からは逃げるだろうけどな。

 

今までの災害対応と、JAとの相克が農村部の票でどう影響するかわからないけど、対立政党としてはそこを焦点にして田舎で活動したほうが活路が開けるかもしれんね。

特に、民主党の場合は郵政民営化凍結の実績があるわけだし。

 

というわけで、過去の災害対策の画像を↓にまとめておくので安倍チョンの本音をみんなで推察してほしいと思う。

 

 

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

在日外国人への理解も満面の笑みでガッチリアピール

 

 

選挙の時だけここまで必死になるんだったら、せっかくだから
大規模災害と戦争の発生時は解散するってことを義務付けたらどうだ?
選挙に勝つために必死になるんだろ、そのほうが結果的にマシだったりしてw

 

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo
ユウキ食品
売り上げランキング: 13,496

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

 

党首遊説本格化へ=安倍首相、被災地でスタート

安倍晋三首相は26日、東日本大震災で被災した岩手県を訪れ、12月14日投開票の衆院選に向けた自民党総裁としての遊説を事実上スタートさせた。衆院解散後、各党党首は既に街宣活動を展開しており、首相の参戦で「アベノミクス」の是非などをめぐり舌戦が激化するのは必至だ。
 首相は盛岡市で街頭演説し、政権奪還後の有効求人倍率の改善に触れつつ、来年の通常国会で安全保障法制の整備を進める方針を改めて示し、「経済においても、外交においても、安全保障においても、この道しかない」と支持を訴えた。これに先立ち、陸前高田市では仮設住宅の住民との対話集会に臨み、「私たちが政権を取ったときには(高台移転の)計画すらなかった」と述べ、安倍政権で復興が進んだと強調した。

via: Yahoo!ニュース – 党首遊説本格化へ=安倍首相、被災地でスタート【14衆院選】 (時事通信)

 

関東甲信と東北地方は14~16日にかけ、記録的大雪に見舞われ、除雪が進まずに多くの地域が孤立状態となった。雪害対応を巡って、怒りが向けられたのは安倍晋三首相(59)だ。16日に支援者とノンキに天ぷらを食べていたことに、ネット上で非難ごうごうとなったのだが…。

 遅々として進まない雪害対応に「山梨近辺はもう3日も孤立状態で死者が出ている緊急事態だというのに、どうして安倍さんはノンビリと天ぷらなど召し上がって居られるのでしょうか?」と怒りのツイートを発したのは、先の都知事選で細川護熙元首相(76)を支援した音楽評論家の湯川れいこ氏(78)だ。

 安倍首相は16日、私邸で過ごし、午後5時過ぎに東京・赤坂のミシュラン2つ星の天ぷら料理店「楽亭」にお出掛け。支援者と約2時間にわたって、会食後、私邸に戻っていた。三宅雪子前衆院議員(48)も「よりによって東京一高いと言われる楽亭。あーあ、という感じ。何も口にできず、寒い中耐えている方々がいるというのに。せめて、会合場所を公邸にできなかったのか」とつぶやいた。

 この2人のツイートが火をつけ、「天ぷら野郎」「これで責任とっての天ぷら辞任だ」などと一時、盛り上がりを見せた。ただこの批判は筋違いとの反論が相次ぎ、収束気配となった。

 自民党関係者は「災害対応は、まず市区町村長や都道府県知事の問題。今回は首長から自衛隊の救助を求める災害派遣要請が出るのが遅かった感は否めません。何でもかんでも安倍首相が首を突っ込む話ではない」と話す。

 

via: 天ぷら食べて非難集中 誤解呼んだ安倍首相の対応のまずさ | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

 

安倍晋三首相は8月20日夜、広島市の豪雨被害で救出活動が続く中、静養のため官邸から山梨県鳴沢村の別荘に戻った。土砂災害発生の一報後もゴルフを続けたことに加え、対応の指揮を執るべき首相が東京を離れ再び静養に入ったことに、民主党の海江田万里代表ら野党幹部らから批判の声が上がっている。47NEWSなどが報じた。

海江田氏は21日午前、兵庫県丹波市で記者団に「こういう時だからこそ官邸や公邸に詰めて情報収集に当たるべきだ」と強調。衆参両院で災害対策特別委員会や予算委員会を開催するよう与党に求める考えを示した。

(47NEWS「野党幹部、首相の別荘静養を批判 首相は午後、帰京へ」より 2014/08/21 14:04)

社民党の又市征治幹事長は記者会見で「行方不明者がいる状況で別荘に戻るのはいかがなものか。とんでもない判断だ」と指摘した

一方、連立を組む公明党の山口那津男代表は「内閣としてしっかり対応している」と首相を擁護した。

首相は夏休み中。20日は土砂災害が発生した後の午前8時ごろから、山梨県富士河口湖町で森喜朗元首相や茂木敏充経済産業相らとゴルフをしていたが、約1時間後に中止。午前11時ごろ官邸に到着した。官邸で被災者救助などに関して情報収集をするなどの対応にあたった。

災害の一報を受けながらもゴルフを始めたことにも、野党から批判が出ている。

森氏は、2001年2月に実習船「えひめ丸」とアメリカの原子力潜水艦の衝突事故が起きた際、一報を受けた後もゴルフを続けたため批判され、その後の退陣につながった。森氏は「あの時は大変なことになった。早く戻った方がいい」と首相に早期帰京を促したという。事故当時、首相は森内閣の官房副長官を務めており、森氏に代わり東京で対応に当たった。

 

via: 安倍首相、広島土砂災害の報告後も1時間ゴルフ 対応後は官邸から別荘に戻る

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

安倍ぴょん、今回は天ぷら中止で必死に長野地震被災地巡り 「選挙がかかった災害は一味違う」 defence saigai politics %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 在日日本人
    • 2014年 11月 27日

    安倍チョン(この記事を書いた軍茶離さんに対して)「(ちっうるせ~な)反省してま~す」

    ・・・ちょっと古すぎますねw
    まあ、安倍チョンは軍茶離blogよりも、保守速報が「おお心の友よ」てぐらいお気に入りですから。

    後、散々コピペやAAになっている

    「俺は嫌な思いしてないから
     それにお前らが嫌な思いをしようが俺の知った事ではないわ
     だって全員どうでもいい人間だし
     大袈裟に言おうがお前らが死んでもなんとも思わん
     それはリアルでの繋がりがないから
     つまりお前らに対しての情などない」

    これは、安倍チョンの「面の皮」並みに鉄板ですわw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る