下村文科相、風俗経営のヤクザから金を受け取ったことを認める 「女性の有効活用」の上納を受け、国会で虚偽答弁 SHINEする安倍内閣


日本の道徳:恐喝・万引き・賄賂も返せば問題なし 教育勅語に新しい文言追加

 

下村博文・文部科学相が代表の自民党支部が2009年8月、名古屋市の大手進学塾・名進研グループの元代表で、暴力団の資金源とされる風俗業者側への融資が発覚した男性から、10万円の寄付を受けていたことがわかった。下村氏は先月の国会審議で野党側の質問に、そうした寄付は「一切ない」と否定していた。

 下村氏の事務所は2日、朝日新聞の取材に「突然の質問でしたので、入ってきたメモに沿って答弁をしましたが、メモが間違っておりました。返金の手続きをいたします」と回答した。

 

via: 「一切ない」寄付、一転認める 下村文科相代表の党支部:朝日新聞デジタル

 

恐喝しても返せばOKとなったら暴力団新法書き換えなきゃなというお話で、下村ヤクザ事件はネトウヨが思ってるほど簡単な事件じゃなかったりする。

 

なにしろ2010年だったか一斉に暴力団排除条例を発効させて、暴力団の親密交際者まで公共事業の入札排除とかの罰則規定が出来たわけだろ。

それが政治家がヤクザから献金もらった場合には親密交際者ともみなされなけりゃ、返せば無罪の何も罰則ないとかありえないだろ。

 

公共事業の入札排除という背景から言えば、被選挙権が制限されてあたりまえだよ。

それとも暴力団の人権を認めて、彼らの子どもの教育について何か政策でも作ろうと思ってたのか?

だとしたらそれが書いてある公約を証拠として提示しろという話だな。

 

個人的にヤクザが徹底的に排除されるべきだとか思わないけど、政治は徹底排除を謳っているわけで、国民には暴力団を遮断せよといい、ただのトーシローの小心な銀行員なんかに持ちかけられた取引を断るように強要してリスクを背負わせる。

 

ところが政治家は風俗を経営している学習塾兼業のヤクザから寄付を受けていましたとか、教育勅語がどうとか以前に言語道断だという話だね。

常識があったらそんな話が許される余地なんか微塵もないんであって、とっとと辞任しろと。

 

銀行とかの現場でヤクザからの圧力に直面してる人がどんだけ怖い思いして取引断ってるかこいつらわかってんのか?

時々痛い目に遭わされたりしながら一生懸命法と秩序を守ろうとしている国民に、法律を強制する側が献金もらって一緒にパーティーでシャンパン飲んでましたとか話にもならない。

 

日本の道徳や名誉を復活させるというけど、こんな無茶苦茶な行動のやつが制定した道徳なんか子供に教えてもらったら困るよ。

自分はヤクザから献金を受けて、自分が素晴らしいと言って推進する教育は子供に受けさせずにイギリスに留学させて、道徳に満ち溢れた日本人を大量生産したいんだろ?

 

二度と政治なんかやらないでほしいわ。それがどんな素晴らしい道徳か想像したらゾッとするよ。

 

 

下村文科相、風俗経営のヤクザから金を受け取ったことを認める 「女性の有効活用」の上納を受け、国会で虚偽答弁 SHINEする安倍内閣 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e7%99%92%e7%9d%80%e3%83%bb%e6%b1%9a%e8%81%b7 politics %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

献金を問題視しているムキもあるけど、これって芳名帳だから。
つまり支援の意思を表明する帳面に名前を書いたのと同じで、
本当に政治家に金を出すなら色々やり方あって、芳名帳と同じメンツで相当支援してるよ、大体はな。

 

 

下村文科相、風俗経営のヤクザから金を受け取ったことを認める 「女性の有効活用」の上納を受け、国会で虚偽答弁 SHINEする安倍内閣 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e7%99%92%e7%9d%80%e3%83%bb%e6%b1%9a%e8%81%b7 politics %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

下村博文・文部科学相が代表の自民党支部が2009年8月、名古屋市の大手進学塾・名進研グループの元代表で、暴力団の資金源とされる風俗業者側への融資が発覚した男性から、10万円の寄付を受けていたことがわかった。下村氏は先月の国会審議で野党側の質問に、そうした寄付は「一切ない」と否定していた。

 下村氏の事務所は2日、朝日新聞の取材に「突然の質問でしたので、入ってきたメモに沿って答弁をしましたが、メモが間違っておりました。返金の手続きをいたします」と回答した。

 「自民党東京都第11選挙区支部」の政治資金収支報告書によると、男性は09年8月8日に個人名で10万円を寄付。下村氏は先月26~27日の衆院予算委員会で、男性が社長だったことがある塾運営会社から13年3月に4万8千円の寄付を受けたことは認め、「『反社会的勢力と関係があるのでは』との報道を聞き、返金した」とする一方、09年の寄付は否定した。男性の住所とこの会社の所在地は、収支報告書上では同一だった。

 下村氏は予算委などで、男性がかつて、下村氏の支援組織「博友会」の中部地方の初代会長を務めていたと明らかにしている。

 

via: 「一切ない」寄付、一転認める 下村文科相代表の党支部:朝日新聞デジタル

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る