「東京のための悪夢が始まった」イスラム国からテロ予告 宣戦布告・多発テロに日本は耐えられるか?


 

早速イスラム国から東京でテロ予告が来たらしいけど、自衛隊がどうとかじゃなくてこんなもん、今の日本政府に対処するのなんか至難の業だと思うけどね。

早い段階で邦人の人質報道で警察は準備していたらしく、各地の宿泊施設で外国人宿泊客をローラーしていた。

 

実際問題、テロの取り締まりで何が厳しいかというのが、通信の傍受関係の部分になるんだろう。

欧米・中国・ロシアでは標準的になにもかも傍受してるらしく、フィルターにかけて危ない情報を洗っている。

これは周知の話だ。

 

実際、フランスの出版社襲撃でも、”どこでいつ”は特定できなかったけど、オーストラリア政府が警告を出していた。

 

ところが日本の場合、傍受して、その次に発信元を特定するというステップに物凄くハードルがある。

それはそういう国で開業したら違法として逮捕されるような業種が普通に存在していて、テロリストが通信する時にほぼ完全に匿名化された通信を確保できるからだ。

少なくとも複数のステップでそれを利用することで二度手間三度手間のひどい状況になる。

 

別に警察の肩を持つわけではないんだけど、外国人宿泊客のローラーレベルで、東京ならいくら警察官が多いと言ってももうお手上げ状態じゃないんだろうか?

それと同じような件数の仕事に、今度は匿名性とシステム的なロジックがのしかかってきて本当に対応できるとは到底思えない。

 

今回の後藤さん殺害で無能さをさらけ出した日本政府だけど、彼らの予告はハッタリでは終わらないだろう。

なぜかというと、早い話が欧米の空爆などの報復を日本に対して行うことで連合側の結束を揺さぶることができるし、日本に対して行うテロは欧米でするそれより難易度が低いことが露呈されてしまったからだ。

 

そして、今の日本の風潮は一度、二度とテロが重なった場合関東大震災の朝鮮人虐殺のイスラム版みたいな事件が再来しかねないし、そこまで行かなかったとしても簡単にイスラム系の差別に直結する。

(世界中でそうなっているし。)

 

そしたら今度はホームグロウン・テロリズムの土壌が生まれることになって悲惨なテロはより激化するだろう。

危険性のリトマス試験紙は、ジャーナリストの常岡氏やハサーン中田氏にネット民がどう反応するかという部分に集約されるだろう。

 

彼らが口数を減らし、ネットでの嫌がらせが相次ぐようになったその時に、ホームグロウン・テロリズムの土壌が完成していると見るべきだ。

理性的な言動しかしないああいう人々が槍玉に挙げられるとき、その影で陰湿な嫌がらせを受けるイスラム教徒は星の数になってるはずだ。

 

人通りの多い地域では、ビルの爆発に気をつけるべきだろう。割れた窓ガラスで大量に殺傷出来る。

地下鉄もあまりおすすめしない。できればちょっと歩くことになっても、JRの地上線のほうが安全だろう。(JRは地下部分ってそんなになかったよね?)

 

予告されてない京都も危険指数が高い街だ。

単純にハードルが低い。

山ほどの文化財、大量の木造住宅と悪夢の温床になっている。

 

 

「東京のための悪夢が始まった」イスラム国からテロ予告 宣戦布告・多発テロに日本は耐えられるか? defence health saigai domestic %e4%bd%8f%e5%b1%85

 

でも、東京や京都に住んでる人の自己責任なんだよね?
まさか国に泣きついたりしないはず。

 

 

「東京のための悪夢が始まった」イスラム国からテロ予告 宣戦布告・多発テロに日本は耐えられるか? defence health saigai domestic %e4%bd%8f%e5%b1%85

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

【アクチャカレ(トルコ南部)=内藤泰朗】「日本人記者を誘拐し別の捕虜交換に利用しろ」-。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の支持者らが29日、後藤健二さん(47)ら人質事件を取材する日本人記者を標的にした書き込みをツイッター上でしていることが明らかになった。過激派支配地域では、人質を売買する誘拐ビジネスが横行、記者活動は厳しい状況に置かれている。

 地元トルコや日本、欧米の報道陣数十人は29日、後藤さん解放の可能性があるとみて、シリアのイスラム国支配地域の「正面玄関」で、過去に人質交換が行われたアクチャカレ検問所の前に集結した。

 しかし、ツイッター上では、イスラム国支持者とみられるユーザーらが検問所前で待機する日本の報道陣の写真を掲載。中には記者の顔がはっきりと判別できる写真もあり、ユーザーらからは「このうちの誰かを誘拐して、別の捕虜交換に利用しろ」といった書き込みが相次いだ。

 欧米メディアの記者たちによると、シリア北部では昨年以降、通訳やガイドを装って外国人に近づき、数万ドル(数百万円)でイスラム国に売り渡す誘拐ビジネスが横行。イスラム国が敵視する米英など欧米を中心とした記者たちが最大の標的になっている。

 

via: イスラム国支持者「日本人記者を誘拐しろ」 横行する人質売買:イザ!

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ブーゲンビリア
    • 2015年 2月 01日

    もうね…開き直りのテロリスト宣言ですわこれ

    今後の予定は朝日(の後ろ楯による)のナリスマシ自作自演テロかな?

    • 愛国左派
    • 2015年 2月 01日

    おまえマジで分裂なんじゃないの??
    大丈夫か?(障碍者を見てる気分なんだが)

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 01日

    平和ボケしてる日本人にはいいかもね。

    >でも、東京や京都に住んでる人の自己責任なんだよね?
    >まさか国に泣きついたりしないはず。
    しかしアホだろ。
    こんなこと言って自分にどんな不幸が被るのか想像も出来ないとは…。

    • gundari
    • 2015年 2月 01日

    @迦陵頻伽

    それがわかるほど繊細な人はまさか自己責任なんて口にしてませんよねぇ?
    あれ??口元が汚れてますよ。

    • 名無し
    • 2015年 2月 01日

    散々危険だといわれている場所に自発的に赴き事件・事故に巻き込まれた←自己責任

    普通に日常を送っていたら、外国の犯罪者が忍び寄り事件・事故に巻き込まれた←国家(治安部門)の責任

    お前の言ってることは、目の前に石があり躓くと分かっていてそこを歩き転んで、それを他人のせいにするぐらい的外れな寝言。動物ですら自分の身が危険だと判断したら、近づかなかったり逃げたりするのに、動物にも劣る奴だよな。

    • gundari
    • 2015年 2月 01日

    @名無し

    >動物ですら自分の身が危険だと判断したら、近づかなかったり逃げたりするのに、動物にも劣る奴だよな。

    国民を守る力がないのがバレて、テロを誘引した安部首相のこと?
    解決できない問題に自分から近づいた点でオカマの湯川と一緒だよね。

    鶏がイタチに喧嘩売ったのとまるっきり一緒だよね^^

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 01日

    @ブーゲンビリア
    あなたみたいな人がネットで意見してしまう。
    日本の崩壊も近いかな?
    嫌なものを直視できない人はどっかに逃げましょう。

    • 名無し
    • 2015年 2月 01日

    グンダリさんの記事を批判してる連中は自分のしている事が分かってんのかね。
    僕はグンダリさんに全て賛成ではないけど、自称保守の人があまりにも言ってる事とやってる事がちぐはぐだから笑ってしまうのよ。
    美しい日本で罵詈雑言。絆しかし自己責任。
    テロに屈しないが今は戦えない。口にしたならなら最後までとことんやれよ。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 01日

    >散々危険だといわれている場所に自発的に赴き事件・事故に巻き込まれた←自己責任

    >普通に日常を送っていたら、外国の犯罪者が忍び寄り事件・事故に巻き込まれた←国家(治安部門)の責任

    これは当たり前だろ
    国家(治安部門)は日本の治安を維持するという責任を負ってるわけで、日本政府の施政下において犯罪や事故から守れなかったなら当然、国家が責任を負うべきだと思うが
    もちろん、日本政府の施政下において、個人レベルでは撤去出来ない躓いて転ぶほどの石ころが放置されてたなら、政府なり自治体なりに撤去を依頼することになる
    対して、シリアは日本政府の施政下じゃないわけで、そういうとこに日本政府が責任を負う必要はない
    正確に言うなら、現地を施政下においてる政府の責任なわけだ
    今のシリアはまともな政府がないから、その責任を負うべき人がいないわけで、もうこんなところに行くのは自己責任としか言いようがない

    まぁしかし、中国漁船の赤珊瑚掴み取り大会を見たあとでは、日本政府の施政下でテロが防げるとはとても思えんけどね
    余計なことに首突っ込んだおかげでアメリカ並の血を流すことになるのは間違いないわな

    • kum@
    • 2015年 2月 01日

    非常に単純な話なんだけど、
    日本国内でテロが起きたら国民の命を守れなかった国と総理大臣の責任を認めるなら、
    あたりまえだけど国と総理大臣が連帯して遺族に対してその人がなくなったことに対する損賠をしてくれるんだよね?

    • gundari
    • 2015年 2月 01日

    @kum@ さん

    親の介護を見捨てて、家を継がなかった放蕩者の自己責任と言われるでしょうね。
    どうせ東京で田舎より高い給料をもらって遊び暮らしていたんだろうとか。
    東京地元の人が死んだ場合は、環境が悪いのにわざわざそんなところで暮らした自己責任と言うんでしょう。

    国に迷惑をかけるなんてとんでもないことですよ。
    テロリストを撃滅する大和魂が足りてなかったとか言われますよ。

    • 在日日本人
    • 2015年 2月 02日

    震災や災害で、「日本人はパニックにならずに秩序だって行動できる」って、日本の民度に「ホルホル」している人たちがいるけど、あれって「誰かが必ず助けに来てくれる」と思っているから、勝手に単独行動するより助けを待った方が「より助かる」からそうしているだけだと思うんですよ。
    今回の「政府は何も出来ない」「国は助けてくれない」「被害は自己責任」で、ピンチの時誰も助けてくれないなら、果たして秩序は維持できるのだろうか。
    いくら有能で高給取りのエリート様でも、テロとかで片端になったら収入も生活も維持できなくなるし、生活保護に対しても厳しいし、あっという間に干上がってしまうよ。
    大体、散々安部チョンがイスラム過激派を挑発した結果、イスラム国に「東京のための悪夢が始まった」と宣戦布告され、今まで普通に歩いていた東京のど真ん中でテロにあって、片端にされても、その人の「自己責任」なのか?

    「誰かが助けてくれる」と言う「安心感」が、どんな危機でも耐えて「秩序」を維持しようと思うのに、「助けてくれる」前提が崩壊したなら、日本の「秩序」は耐えられないと思う。

    • gundari
    • 2015年 2月 02日

    @在日日本人 さん

    秩序維持できないんじゃないですかね。
    自己責任論者って、その一昔前に市場主義を喚いてた連中ですよね、絶対。
    ホリエモンみたいなの。
    そんで、東日本大震災の時に、買い占めが起きてなんでも値上げ方向になりかけたら、「ずるはやめよう」とか言い出しませんでしたか。
    自分たちが田舎者からなんでも買い叩くときにどういうこと言ってんですかね。

    私はあの時、おにぎり一個3000円、豆腐一丁800円とかで買ってたとしたらここまで鬱陶しく思わなかったと思います。
    どいつもこいつも自分の肚が痛まない範囲で適当言ってるだけですよ。

    お前らの市場主義で、大して頭も良くない、小心で真面目なだけが取り柄だった田舎者がどれだけ破滅したんだと。

    •  
    • 2015年 2月 02日

    別にグンダリさんの主義思想が何であれ、これからの未来予測は正しいんじゃないかな。
    原因があって結果があるのだから、現在の状況からから予測される結果を推測しているだけで何も間違ったことを言ってない。
    というかあれだけ勇ましい事言っていたのに、これだけ全世界に向けて日本を名指しされたのに、日本でテロが起こる可能性なんてないと思っているネトウヨさんは救いがたい能無しの上に玉無し君ですな。
    イスラム国の方も損得勘定じゃなく、メンツにかけて行うかもしれないし。

    • ルイー痔
    • 2015年 2月 03日

    俺のまわりでも自己責任だっつう人はままいる。
    私的な感覚なら、危ない場所に自分から行った、とだけ考えればその通り。
    公的な感覚なら、危険だろうがなんだろうが共同体なんだから、救わなければいけない。

    国家が愛国が大事だと言うなら公であるはずで私ではないはず。
    救うのが現実的に無理でもそいつがどんなに馬鹿でも自己責任はありえない。
    なぜなら自己責任は保障の放棄に繋がり、国家の否定に繋がる。

    安倍や多母神やデヴィの国家とは愛好会の意味であり、国民とは愛好家、の意味なんじゃないかと。
    別にこいつらだけが悪いというのではなくて、国民性の違いなんだろな。
    国民の生命という点で考えれば日本人であるよりアメリカ人やイスラエル人、欧米人であるほうがまだ誇りが持てる。それは歴史や文化や宗教の違いになる。民主主義とはなんぞやと。

    しかしご近所が韓国、北朝鮮、中国と考えれば日本の有様に結構納得がいく。
    良くも悪くも日本の国民性は所詮アジアなんだな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る