デング熱二次感染、三次感染発生中 場合によっては重症化するデング熱、虫除けスプレーの盲信は危険


約70年ぶりのデング熱の国内感染で、男女12人の感染が新たに確認されたと、厚生労働省が8日、発表した。いずれも直近の海外渡航歴がなく、代々木公園やその周辺を訪れていた。容体は安定しているという。岩手県山口県に住む人の感染が初めて確認された。

 これで今回のデング熱の国内感染は14都道府県在住の計80人になった。内訳は代々木公園とその周辺で感染したとされるのが78人で、それ以外が2人。

 80人の住所は東京が49人、埼玉が7人、神奈川が6人、千葉、新潟、大阪が各3人、山梨が2人、北海道、青森、岩手、茨城、群馬、山口、愛媛が各1人。8月12日から9月4日までに発症した。

via: デング熱、岩手や山口にも感染者 計80人に:朝日新聞デジタル

 

デング熱なんかで死ぬはず無いじゃんとか、ホームレスも感染してたって治ったってだけだろって馬鹿がいるけど、デングと言ってもタイプがいろいろあって、何に起因して何を発症するか同じウィルスでも定かじゃないんだよね。

確かなことは、デング出血熱とかデングショック症候群というのが発症した場合、血小板が激減して壊血病みたいに傷の治りが遅くなり出血性障害が起き始める。

 

名前の通り出血するわけで、粘膜、眼や鼻、歯茎から出血するわけだ。

まぁ、普通にデング熱というのでも、ほんとにのた打ち回るくらいの症状になるんで、電解質やビタミンが不足した体でそんなもん発症して、金ないからって水分も補給できない奴が寝てるだけで治るはずもない。

そういう気楽な妄想をしてる奴は部屋の室温を45度位にして、寝転がったまま水もまともに飲まずに1週間生存できるか試してみれば良いよ。

 

デング熱とかの怖いところは、熱症状や疲労で電解質やミネラル、細胞や血液中の糖分が欠乏していくことにある。

塩と砂糖が混じったようなもので、塩分を摂取して体温調整機能を取り戻し、糖分を補給して即席にカロリーを補給しないと足腰が立たなくなる。

塩分とミネラルのバランスが壊れてる場合、ただ水を飲んでも体に吸収されないんで何の意味もないからね、飲まないよりはマシだろけどな。

 

とりあえずではポカリ。ポカリで一息ついたら塩、汗が出始めたらはちみつレモンやりんごジュースくらいの感じがいいだろう。

 

で、そのデング熱の防止で虫除けが飛ぶように売れているというけど、あてにならないんでハーブオイルのきついやつに切り替えたほうが良いよ。

ほんとに蚊やダニが一切寄ってこないほどDEETが強いものは処方箋なしでは入手できないし、そもそもDEETの経皮摂取も過ぎたらめちゃくちゃ健康に悪いからな。

(マラリアやデングの発生地帯で使うのがDEET80とかのやつで、それって確か注意書きに肝臓障害に注意とか書いてあったと思う)

 

という訳で、前の記事でもたしか書いたと思うけど、ジャングルジュースとその仲間を日用に使うのが一番いいよ。

ただし、臭い。ハッカ人間みたいになる。

食事、トイレ、SEXと非常に微妙な気分になるし、局部がヒリヒリします。

 

そばをすすりながらもハッカのかすかな匂い、ちょっと嫌かもしれないな。

耳の後ろからくるぶし・足の甲まで隙間なくしっかり塗りこむように。

虫除けは万能ではない、ソースは俺。汗で流れもするし、強気の蚊にしっかり噛まれるよ。

 

特に乳幼児、お年寄りは発症したらヤバイ。

東南アジアではそのどちらも相当死んでいるらしい。

案外年寄りは危機感ないけど、適当に言いくるめてシュッとやったってくれ。

 

一言:おそらく、衛生当局がもうすぐ三倍体の蚊を培養して大量放流するよ。不妊化して一回殲滅するだろう。一時的に蚊が激増するのと、殲滅まで2サイクルはかかるんで来年の夏が終わるまで油断できないだろう。

 

 

デング熱二次感染、三次感染発生中 場合によっては重症化するデング熱、虫除けスプレーの盲信は危険 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health saigai %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%b1%b1 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a domestic %e5%8c%bb%e7%99%82 %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e4%bd%8f%e5%b1%85 %e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%83%bb%e5%b9%b4%e9%87%91 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

 

という訳でアマゾンでそれっぽいの見つけてきた・・・
と思ったら同じことを既に知ってる奴が買いまくってるな。
虫除けは使い過ぎないように、寝る前にシャワーでしっかり流して使うように。
あと、スプレー式になってるけど伸ばして塗りたくったほうが良いよ。
ついてないところは刺されるで。

 

 

デング熱二次感染、三次感染発生中 場合によっては重症化するデング熱、虫除けスプレーの盲信は危険 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health saigai %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%b1%b1 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a domestic %e5%8c%bb%e7%99%82 %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e4%bd%8f%e5%b1%85 %e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%83%bb%e5%b9%b4%e9%87%91 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9
たかくら新産業 (2010-08-12)
売り上げランキング: 1

 

↓関連記事↓

 

 

 

デングショック症候群やデング出血熱が発症した場合、致死率は最大で2割ほど。

デング熱の国内感染は36人が確認されたが、発症しても発熱、頭痛、関節痛程度で症状は比較的軽く、1週間程度で快方に向かうと解説されているが、重傷になると死亡例もあるという。阿部悦子リポーターは「デング熱は重症化するとデング出血症となり、足の裏まで紫色のアザができて鼻血が出ます。重症化が進めば死にいたる場合もあります」と伝える。

海外感染者「頭の中で血が流れるたびにガンガンという頭痛」

海外でデング熱にかかった経験がある菅原さんは、「デング熱の初期症状は頭に重い痛みを覚えました。やがて、頭の中の血管に血がドクンドクンと流れるような感覚が起こり、血が流れるたびにガンガンという痛みを感じました」と語る。

東京医科大学・濱田篤郎教授はこう解説する。「デング熱は2日から10日までの潜伏期間を経て発症します。でも、発症しない方もいて、その確率は約半分。デング熱に罹った患者さんから罹ってない患者さんへの接触感染などはありません。でも、お互いが感染した経験がある場合は、新たに感染する可能性があります」

過去に感染し発症していなくても、2度目に感染すると重症化する確率が高い。

via: 甘く見たら怖いデング熱―重症化『デング出血熱』では体中から出血して死亡 : J-CASTテレビウォッチ

 

東京・代々木公園とその周辺以外で、デング熱に国内感染した3人目の患者が確認された。千葉市稲毛区に住む60代の男性で、最近の海外渡航歴がなく、東京都内へも訪れていないという。厚生労働省千葉市が9日、発表した。千葉市は、この男性が住む社会福祉施設周辺で感染した可能性があるとして、蚊の駆除を始める。これまで代々木公園周辺以外の2人は、代々木公園から数キロ内にある別の公園で蚊に刺され、感染したとみられるが、都外で感染したとみられるのは初めて。

 男性は8月31日に発熱などの症状が出て、9月2日に市内の医療機関に入院。8日にデング熱と確認された。容体は安定しているという。現在、国立感染症研究所でウイルスの解析を実施中で、厚労省などが感染ルートなどを調べている。

 今のところ、施設のほかの入所者で症状が出ている人はいないという。

 また、厚労省は9日、直近の海外渡航歴がなく、代々木公園やその周辺を訪れていた男女5人がデング熱に新たに感染したことが確認されたと発表した。いずれも容体は安定している。

 これで今回のデング熱の国内感染は15都道府県在住の計86人になった。内訳は代々木公園とその周辺で感染したとされるのが83人で、それ以外が3人。

 86人の住所は東京が52人、埼玉が8人、神奈川が6人、千葉が4人、新潟、大阪が各3人、山梨が2人、北海道、青森、岩手、茨城、群馬、静岡、山口、愛媛が各1人。

via: デング熱、都外で初の感染か 千葉市に住む男性:朝日新聞デジタル

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 9月 10日

    画像のせいでイマイチ危機感湧かないwww

    • gundari
    • 2014年 9月 10日

    @迦陵頻伽

    真面目な話で耳なし芳一にならんようにな。
    足の甲とかくるぶし、足の指って結構やられるよ。
    スプレー式で利用するときも袖と裾は捲って内側にスプレーしてから出かけたほうがええで。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る