キース・ジャレット  コンサート中断  観客はチケット以上に品格を買え  文化の東西の違い受け入れるべき


来日中の米国の世界的なジャズ・ピアニストのキース・ジャレットさんが、3日夜の大阪市北区フェスティバルホールであったソロコンサートで、演奏を数回にわたり断続的に中断してステージから退場した。聴衆数十人が未明まで会場に残り抗議する一幕もあった。

 フェスティバルホールによると、客席2700席がほぼ埋まり、午後7時から開演。ライブ録音も兼ねていたが、ジャレットさんは演奏中の聴衆のせきやかけ声に「集中力を欠いた」と話しているという。演奏は中断をはさみながらも終演予定の午後9時過ぎまで続けられたという。

 主催したフェスティバルホールとキョードー関西は「コンサートを楽しみにしていたお客様に深くおわび申し上げます」としている。

via: キース・ジャレットさん、コンサート中に演奏数回中断:朝日新聞デジタル

 

キース・ジャレットのコンサートで、これも結構ネットでは意見が分かれてたけど、ほんとに好きで行ってる人からしたら、議論を持ち込む観客は来ないで欲しいんだよね。

俺はジャズとかはわからない、せいぜいCDで聞くくらいで、もっぱら東西古典芸能専門なんだけど、この手の古典芸能でも結構いるんだよこれが。

ゲホゲホゴホゴホ、袋をカサカサ。ひどいのは子連れでやってきて、暗転したら怖がって泣き出したりする。

 

本気で勘弁して欲しい。子供にも本物の文化をと思うんだろうけど、それは家でDVDやCDでやってもらえんかな、とほんとに思うんだな。

 およそそういう観劇に行くときって年に何回かの贅沢だったり、俺みたいな地方在住者からしたら、東京まで結構な交通費と宿泊費使って、一回で10万やそこらの金はかかってるわけで。

そういう場での立ち居振る舞いなんだと察したら、今度はそれを素晴らしい物にするのに協力しようよってほんと思うね。

 

サントリーホールのコンサートって、ロビーでシャンパンを飲んだりできるんで結構遅くに終わるやつをやったりするんだけど、これも子供連れで来て、疲れてぐずる奴がいたりする。

あそこで大きいのやった時は大抵、(帰りの足を探して観客が近所のシティーホテルに殺到する)タクシーが足りなくなってタクシー乗り場がテンパるんだけど、そういうマナーの悪い系の人は、豊かさの象徴の劇を見たあと、すぐに顔を真赤にして余裕のない怒声を上げている。

少し前、アーノンクールがやってきた時も、チケットが手に入らなくて、しまいにはサントリーの幹部にまで手を回すも全ッ然だめで、ヤフオクでめちゃくちゃに高騰したチケットを買い込んでスーツを新調して行ったんだ。

(サントリーはそのへんの倫理規定が非常に厳しいらしい。素晴らしい会社だと思わない?公演も何もかもが素晴らしかったよ。)

 

タクシーが足りてないのを見て、おりからの雨とラウンジのコーヒーででも余韻を楽しもうかという非常にマナーの良さそうな紳士や淑女と、「子供が疲れてるんで早く帰りたいんです」と喚くヒステリックな人々がくっきり分かれていた。

※この手の場にはよく林真理子とかああいう人も来てるけど、いつも取り巻きのおばさんを連れてるけど、林真理子が強いのかマナーは嫌われ度に反してとてもいいように思う。元祖女子会の面目躍如だな。(そんな言うほどブスにも見えないし。)

 

結局、こういうのは不文の掟で維持されるもので、文句をいう人は郷に入りては郷に従えとか、俺は金を払ったというけど、役者や演奏者が空間を選んで別な世界を作る特別な場で、郷に従うのは彼らの世界観に立ち入る者の方だよ。

「千両役者!」「成駒屋!!」「日本一!!!」と声をかけて囃す日本の観劇マナーもそれは牧歌的で楽しいものだけど、キース・ジャレットもアーノンクールも我々の住む世界の中に小さな西洋を作って見せに来てくれている。

そこに東洋を持ち込むのは何かが違っている。

 

結論:演奏者じゃなくても咳や袋ガサガサ、子供連れは迷惑です。咳にはのど飴、袋は持ち込まない、子供には家でDVD。これで丸く収まるだろ?

 

 

キース・ジャレット  コンサート中断  観客はチケット以上に品格を買え  文化の東西の違い受け入れるべき %e9%9f%b3%e6%a5%bd health %e6%98%a0%e7%94%bb domestic

 

最後の来日公演が2010年にあったそうだね。ハイドンはあんまり興味なかったし、
その時は身辺が色々大変でとても行ける状況じゃなかったな。(ホントは行きたかった)
演目や当日の自分の行動を想像して、連れと一緒に服をコーディネートするのも楽しいもんだ。
頑張って貯金して、今日ぞハレの日と楽しんでみて。
歌舞伎や日本の伝統芸能は、気負わずにカジュアルで見に行くもよし。
着物で行くのもいいだろう。
なんだかんだ、座る時間が長いので、俺はカジュアル派だな。

 

 

キース・ジャレット  コンサート中断  観客はチケット以上に品格を買え  文化の東西の違い受け入れるべき %e9%9f%b3%e6%a5%bd health %e6%98%a0%e7%94%bb domestic

キース・ジャレット  コンサート中断  観客はチケット以上に品格を買え  文化の東西の違い受け入れるべき %e9%9f%b3%e6%a5%bd health %e6%98%a0%e7%94%bb domestic

 

↓関連記事↓

 

 

 

観劇のマナーの肝は、場で求められることの受容です。出来ない人は来るなと不文の掟がある

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 5月 08日

    クラシックコンサートで鼻水をすする音とかも気になる。寄席じゃないんだから静かにしろよと思う。
    交通機関なんかで1分ごとに流しているマナー云々のアナウンスに混ぜたら効果あるかも。
    他のお客様のご迷惑になりますので、鼻はすすらずにきちんとかむようにしましょう、とか。
    たぶん携帯と同じで5年あれば直る。

    • こたろう
    • 2014年 5月 08日

    全然対象が違うけど
    中国雑技団の舞台を観た時、入口に「修学前の子供は入場不可」とあって、修学前って園児かなあとか思ってたら理由も書いてあって雑音があったり突然声があがると一瞬で非常事態になるからみたいな注意書きがありました。で、演技が始まると楽しい内容には笑い緊張する時にはシーンとして皆マナーよく観てました。前もって注意されると皆守るのにね、途中や後で注意されると怒る人がいるのはよくわからないし、その場にいないのに怒ってる人はもう何が何だか、ヒジキ食べろと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る