エステたかの友梨系列”不二ビューティ” 労基に内部告発した社員を圧迫 就職前に再チェック「あなたの会社の売り物、何ですか?」


<たかの友梨>通報者に精神的圧迫 女性社員が保護申告

毎日新聞 8月28日(木)21時51分配信

 エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営している「不二ビューティ」(本社・東京都渋谷区)が給料から違法な天引きをしているなどと労働基準監督署に内部通報したところ、長時間の詰問など精神的な圧迫を受けたとして、仙台市内の店に勤務していた宮城県の女性社員が28日、厚生労働省に公益通報者保護の申告をした。加入する「エステ・ユニオン」も宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

 申告書などによると、女性は5月に同社に労組の結成を通知、給与からの制服代の天引きや未払い残業代の支払いなどを求めて団交を重ねたが解決せず、労基署に違法な状況を申告した。仙台労基署は8月5日に違法な給与の減額分の支払いなどを命ずる是正勧告を行った。

 労組がこの経緯を公表しようとすると、店を訪れた高野友梨社長が全従業員を集めて食事会を開き、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたという。

 女性は職場に行けない状況が続いているといい「幹部に囲まれ名指しで非難され、恐怖以外のなにものでもなかった。公益通報者にこうした攻撃は許されない」と話している。

via: <たかの友梨>通報者に精神的圧迫 女性社員が保護申告 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

残業代についての揉め事でたかの友梨がもめているというけど、これをパワハラ、圧迫というのはどうかと思うんだけどね。

ごく普通に何の利害関係もなくブログをやっていてもワケの分からない叩きが出てきてピーだのパーだの言うのと同じことでしょ。

むしろ職場問題の場合、経営者や職場がなくなったら困ると思ってる他の社員と明白な利害関係の対立を生むわけで、この程度のことを圧迫というのはちょっとおかしいと思うね。

 

それが覚悟できないのであれば黙って転職するのがベストだと思う。

 

労組入りました、会社に改善勧告突付けます、俺はそれは間違っていると思う。

とっととやめて転職する、会社が変わるかどうかは経営者が自分で考えて下さい、これが普通じゃないのかね。

残業代請求という個別の請求権が有る一方、会社がどういうあり方で存続するのか、他の社員が職場に何を求めるかは全く別な問題でそれぞれ独立しており、会社の改善は株主と経営者が決めることだ。

 

残業代関係の揉め事は多いけど、二つの種類の残業が有って、それは就職する前に自分の判断で見切っておく必要がある。

 

例えば、エステや飲食店、これはそこにいる奴が仕事をすることが直接収益につながるもので、最低限の職能を得た後は会社へのあなたの売り物は時間以外の何物でもない。

逆にBtoBに特化した事業の場合、あなたの売り物は職能や営業能力であって、用さえ済ませたら残業の必要なんかない。

たくさん売る、必要とされるだけ作る、品質を維持する、これが求められる売り物だ。

 

この二つの間に何の違いが有るかわかるだろうか?

それは能力の差、値段の差だ。

どちらも同じ職業としても、後者の場合は得られる成績と積み重ねてきた努力が違う結果そうなっている。

 

前者はだれでも出来る仕事で、その中で違いをつけようと思えば付加価値として自分の時間を少しでも余分に安く会社に売り渡すしかない。

ワタミでもたかの友梨でもそうだけど、会社へのロイヤリティーとしてそれを譲り渡させることで踏み絵を踏ませる経営方針と言っても過言ではないだろう。

 

残業で問題になるのは後者の場合であって、雰囲気としてそれを強制する無能がはびこった場合速やかに声を上げてもらって無能を叩き伸ばす必要がある。

経営者もとっとと帰って嫁さんの膝枕で居眠りでもしてこいと督励すべきだ。

 

前者の場合は、嫌ならそういうのがない職場に行きなよというしかない。

いやらしいようだけどそれが現実だ。

 

現実にたかの友梨の系列企業の不二ビューティは従業員が反旗を翻す一方赤字らしい。

赤字を打開したけりゃどうするか?

不採算店舗を閉鎖して従業員を放り出し、既存の従業員も出来る範囲でリストラすることだろう。

 

解雇の影響を考えて雇用を維持するという判断であれば皆に少しずつ余分に時間をもらうしかない。

二択問題、さぁどっちにしますかってことだ。

 

「そんなのずるい」と思うかもしれないけどこれは紛れもない現実だ。

他に業績を回復させる方法があるなら自分で提案して採用させれば良い。厳しいようだけどそれしかないから。

 

この場合圧迫という高野社長の言い分も実にもっともなことを言ってるのであって、自分の残業代と皆の職場、天秤にかけているんですよという話はちっともおかしな話でもなければ圧迫でもない。

算数ができるやつならアホでもわかるはずだ。

 

その上でこの告発者の人は「私は皆より私の残業代が大事なのです」と言えばいいだけの話であって、その結果会社が潰れても私には関係ないと言えばいいと思うね。

私は善人で居たいし職場にも今まで通り居たいし、仕事以外のストレスを被るのは御免被ります、と言いたいのであれば残業代を諦めることだ。

 

これといって金銭的な対立が発生しない学生サークルでも空気を読み損ったらハブられるのが世の現実。

少しばかり甘いことを考えすぎだったってのと、そういうリスクを説明せずに煽り立てたユニオンのやつは罪深いと思う。

 

このご時世に何の苦労もなしにエステで儲かるとか、ありえないのは馬鹿でもわかるんだから。

 

 

エステたかの友梨系列”不二ビューティ” 労基に内部告発した社員を圧迫 就職前に再チェック「あなたの会社の売り物、何ですか?」 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7 %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e4%bc%81%e6%a5%ad %e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%96 soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

その職場がなかったら困る人と自分
この両方を考えたらさっさとやめて転職するのが一番だと思うんだよ。
他人の会社を改善させてまでそこで飯を食いたい理由ってなんなの?
本当はどこにも行くアテないだけだったりしない??

 

 

 

 

↓関連記事↓

 

 

 

さらに、残業や休日労働をさせる場合には、労使で書面による協定を事前に結ぶ必要があると定めた36協定(労働基準法第36条)については「みんな各店うやむや」「うかつだった。知らないもん」などと述べた。「法律どおりにやったらサービス業は上昇しない」とも話した。

 録音されたのは仙台市内の飲食店の個室。この女性従業員が働く店舗の管理職やほかの従業員ら計18人が同席したという。高野氏はこの女性従業員の正面に座り、周囲の他の従業員が労組に入ったかどうかを確かめる場面もあった。
 
 女性従業員は記者会見で「(周囲の)全員があたしと院長を見ている中で2時間半、至近距離で名指しされて。恐怖でした」と話した。この従業員は精神的ショックを受け、出社できない状況が続いているという。

 会見に同席したエステ・ユニオン(ブラック企業対策ユニオン エステ支部)の執行委員、青木耕太郎氏は「逃げ出すこともできない場面で、社長が一従業員にパワハラをしている。一従業員に『会社をつぶすのか』というのはあまりにも一方的なやり方だ」と批判した。

via: たかの友梨氏がパワハラ?「あなた会社つぶすの」 録音データ公開 (withnews) – Yahoo!ニュース

高野友梨氏:
 それで、あと全店FAXしたのを。特に、みんなすごく不安に打ち震えてるじゃない。各店員が、なんか高野がおかしいことやってるんじゃないかと。思うので、ちゃんと私は私で、反論を出す、反論というかね、事情説明をしましたんで。それを(※管理職)読める?(管理職)も今初めて読むけど、これは私が書いてきて全店にFAXしました。はい。読める?(略)

管理職による代読:
 たかのファミリーへ。
 最近、サロンに、ユニオンという所からはがきが届いているところがあるかと思います。そのことに対して、経過説明をします。仙台店の社員数名が、「ユニオン」という団体に加入し、「正義」という名を借りて、会社に待遇改善の団交を要求、また、労基署にも訴えたり、マスコミにも過激な文章を流したり、各サロンにも2回も団体への入会勧誘のはがきを出したりしています。
 ユニオンはともかく、働きやすい会社を作りましょうと、正義という名を借りて、自分の要求をしてきます。また、長年勤務してくれていたベテランセラピストが、職場にいながら、会社に矢を向けています。勤勉で、心あると思っていた社員が、いきなり、会社誹謗の反旗を掲げる。創業36年、初めてのことです。(略)

何もできなかったみんなは、給与を得ながら、アカデミーに、エステの基礎を学び、一年間は大切なお客様に、拙い技術で迷惑をかけながら、一歩一歩腕を上げていけた。お客様のクレームや危害は、すべて会社が解決していった。先輩はみんなのために、残って教えてくれた。店長は自腹でごはんをご馳走してくれた。悩んでる時は一緒に泣いてくれた。

 やめた仲間も多々いる中で、頑張ってきたあなたは、ある日お客様のありがとうの言葉でじーんとして、この仕事で頑張ろうと覚悟を決めた。もっと違う仕事もあるし、楽な仕事もあります。でも、エステをやるなら、たかのでやると心に決めたあの日がある。(略)

 新年会や運動会で仲間と盛り上がった。いろんな青春の思い出を泣いたり笑ったりして、大切な仲間がいるから、そして会社は人として女性として、技術はもとより、成長できる自分磨きの場所だった。上質なお客様、すてきなインテリア、最先端の商材、魅力的な先輩。高野ビューティクリニックは60歳を超えても働けます。いま現在、働いてる方もいます。独立して成功してる先輩もたくさんいます。高野には新しい出会いと夢があります。皆さんにいまの職場があるのは、先輩たちは汗と涙で頑張ってくれたから。感謝感謝ですね。

 昨年度よりさらに働きやすい職場にするために、昇級もし、休みが取りやすいように一部サロンでは連休やお盆休みを作ったり、フレックスをとるよう本部で指導したりしていましたが、なかなか中堅社員の皆さんへの負担がかかっている状況は否めません。いままで頑張った人には、報償や賞与で評価してきましたが、今後はより皆さんの働きやすい環境となるよう変えていきます。働きたい人には違う働き方を考えていきます。

 会社を誹謗することは、自分のこれまで頑張ってきた道を汚すことだと私は思います。
 
 昨今、エステ業界は悲惨な状況で閉店を余儀なくされています。原因はお客様の高齢化と少子化による人口減少と消費税の増税等です。当社も例外ではありません。お客様は毎年4万人も減少し、このたびやむなく10店舗がクローズの候補になっています。
 私たちの職場は客商売であるため、暇な時間もあり、工場や公務員のようにいかないことはご存じのことと思います。エステティシャンは手に職をもった職人です。職人が育つためには勉強と訓練の時間も必要です。思い出してください。あの日、人を癒やしたい、人をきれいにしたいと心に決めた自分の決断を。

 とはいえ、会社は古い体質から生まれ変わろうとしています。会社の、そして自分の歴史を汚さないでください。私を好いて、私を信じて、ついてきてください。

 高野友梨

via: たかの友梨氏がパワハラ?「あなた会社つぶすの」 録音データ公開 – withnews

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 29日

    ですよねーw 安倍ピョンの残業代ゼロ円法案で「ただ働きさせられる!」と
    発狂しているのも定時以内に仕事を捌けない無能の被害妄想だものね。
    ようやくグンダリさんも安倍ピョンの正しさに気が付いたとは目出度い事だ。

    労基法を盾に「残業代を寄越せ!」とごねる無能どもを付け上がらせると碌な事になりません。
    労基法なんか守っていたら倒産しますものね。ILOからの度重なる勧告も
    日本企業を破壊しようとする反日の陰謀に違いありません。

    • gundari
    • 2014年 8月 29日

    @迦陵頻伽

    内容を読まずに骨髄反射するとか馬鹿丸出しだよね。
    そんなことだからあんた安月給のままなんだよ。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 29日

    軍荼利さん、なにやらお怒りのご様子ですな。
    自分が無能なせいで残業する羽目になっただけなのに残業代を請求し、
    「会社を潰す気か」と問われたらパワハラ扱いする被害者気取りの屑を
    のさばらせて何かいい事あるんですか?

  1. ボクも基本的に雇用のほうが労働条件よりも大事だと思っています。
    実際、不採算店を全て閉鎖したら、そこで雇われているスタッフは現地採用で現地勤務の契約なら当然に失職
    本社採用で転勤になったとしても受ける不利益は大きいし、本業が赤字なんだから給与の削減だって行われる可能性が高い
    これと経営者が豪邸に住んでいたり外車に乗っていることを混同する奴もいるけど、株式会社であるなら普通は有限責任だし、儲かった時のストックで何を買おうがそんなのは個人の勝手
    もちろん会社が赤字なのに経営陣への報酬が増えているとかになったらおかしいけど、そうじゃないなら労働条件の切り下げは行われても当然。

    ただ、ゼンショーの第3者委員会が、たとえ雇用を喪失することになっても労働条件を守るべきだ
    とのたまいましたからね。
    そして、どこかの政権は支持率が危ないから、大衆迎合的にブラック企業対策w なんぞを推し進めようっていう噂もあるので
    このままだと本当にスキルが有る一部の人以外はチャンスすらつかめない世の中になるかもしれないと思うんだけどね。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 30日

    前にいた会社でも、役員に「労基法なんか守ってたら会社がつぶれるから仕方がないだろ!」と言われて残業手当を取り上げられた事がある。
    ちなみにその会社(IT関連)では、どう考えても定時内では終わらない量の仕事を、強制的にやらせていた。
    まぁ、この手合いはどこにでもいるんで、しょうがないっちゃしょうがないんだが、こいつらの理屈からすれば、取引先が「民法なんか守ってたら会社が潰れるから仕方がないだろ!」と言って支払いを拒否したら黙って諦めなきゃいけないわけだが、実際には自分たちの無能を従業員に押し付けたいだけの口実であって、本当にそれだけの覚悟があって違法行為をやってる奴は居ないんだろうなぁ。

    • ルイー痔
    • 2014年 8月 31日

    自分が働いてる業種の構造を理解するのが大事。
    それができれば身の振り方もわかってくる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る