ベトナムで市民が蜂起、日本人も含めアジア人襲撃  中国軍、「3級戦闘準備態勢」に  この動乱はACSA・安保条約の試金石


”火中の栗”拾えるか 暴動で「被害者」にまんまと収まった中国政府

ベトナム国境に中国軍、「3級戦闘準備態勢」に

2014.5.15 14:26
中国

 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは15日、ベトナムとの国境を警備する広西チワン族自治区と雲南省の一部の中国軍部隊が同日早朝から「3級戦闘準備態勢」に入ったと伝えた。

 同態勢は、4段階ある警戒態勢のうちの下から2番目のレベルで、将兵の休暇を取り消して随時出動できる態勢を整える。南シナ海での中国とベトナムの艦船衝突によって、両国間の緊張が高まっていることを受けた措置とみられる。(共同)

via: ベトナム国境に中国軍、「3級戦闘準備態勢」に – MSN産経ニュース

 

歴史上、中国はベトナムと戦って勝ったことがないんだけど、今回はどうなるかというお話だな。

今回の過去の歴史との違いを言えば、中国が珍しく「被害者」を主張できる大義名分があるってことで、ベトナムで中国人の死者が出たら「在ベトナムの同胞の救出」という大義名分が立つことになってしまう。

ラオカイとソンラへ進軍させて、海南島からハイフォンとハノイに圧力をかけたらベトナムですら失地する可能性もある。

 

今回の戦闘態勢については、早い話がそういった軍事オプションもあるという恫喝であって、ベトナムのロシアナイズされた軍事体制でどこまでしのげるかということだな。

そうして国を運営してきた過去と違って、今回はロシアと中国が手を結んでいる。

昔みたいにジャングルで腐らせた軍隊のハラを食い破る、なんてことはなかなか実現できないだろう。

 

それに、今はかつての名将ヴォー・グェン・ザップも既にいなくなっていて、ベトナム現役世代なんか軍にほとんど居ないだろう。

ホーチミンを超えるカリスマ指導者も現れずで、苦境そのものだ。

 

今回の動乱は、他にも日米安保条約や集団的自衛権、ACSAの実効性の試金石にもなる。

つまり在外米人の救出義務を負っている自衛隊と、在外邦人の救出を条文化せずに口約束で助けると言っている米軍のその姿勢がはっきりわかる事例になるわけで、そういう点からも非常に歴史的な動乱といえる。

 

以前、南ベトナム政府が敗北して、サイゴンが陥落したあと空港に殺到する外国人の中で、日本人はアメリカ軍に救出してもらえなかった。

なぜか。

アジア人ルックスの見分けがつかないから、事故の元になるという理由で切り捨てられた。

ところがつい最近、ハイチでの被災者アメリカ人を自衛隊は救出している。

 

ベトナムにとっては悪夢的な悩みの種なわけだけど、日本はこの問題が本当に軍事衝突にまでなったらどうなるかという観点で目を離さないほうがいいだろう。

 

 

ベトナムで市民が蜂起、日本人も含めアジア人襲撃  中国軍、「3級戦闘準備態勢」に  この動乱はACSA・安保条約の試金石 defence ajia international

 

海南島が有効な軍事圧力になってからの中越戦争って実は初めてじゃないのかね?
さすがのベトナム軍も今回は楽できないかもしれない。

 

 

ベトナムで市民が蜂起、日本人も含めアジア人襲撃  中国軍、「3級戦闘準備態勢」に  この動乱はACSA・安保条約の試金石 defence ajia international

 

↓関連記事↓

 

 

 

ベトナムで市民が蜂起、日本人も含めアジア人襲撃  中国軍、「3級戦闘準備態勢」に  この動乱はACSA・安保条約の試金石 defence ajia international

 

反中暴動、2人死亡=台湾の製鉄所など襲撃―ベトナム

時事通信 5月15日(木)19時59分配信

 【北京、ハノイ時事】中国による南シナ海での石油掘削を受け、ベトナムで抗議行動が激化している問題で、中国国営新華社通信は15日、南部ビンズオン省と中部ハティン省で合わせて少なくとも2人の中国人が死亡、100人以上が負傷し病院に運ばれたと報じた。

 これに関連して、台湾の複合企業「台湾プラスチック・グループ」は15日、ハティン省で建設中の製鉄所がデモ隊に襲撃され、中国人従業員1人が死亡、90人が負傷したと発表していた。新華社電によれば、ビンズオン省で死者が出たのは台湾系の工場という。

 ベトナムでは中国系企業を標的にした抗議行動が暴徒化し、中国だけでなく台湾系や香港系の工場にも被害が出ている。日本企業も窓ガラスが割られるなど損害が発生、南部ホーチミンの日本人学校では児童・生徒の安全確保のため15、16の両日を休校とした。

 カンボジアの首都プノンペンからの報道によると、ホーチミンとプノンペンを結ぶ道路の国境にある出入国管理局を通り、ベトナムに住む600人以上の中国人がカンボジアに避難した。

 一方、ロイター通信は先に、ハティン省の暴動で21人が死亡したと報道。しかし、ベトナム外務報道官はこの情報を否定した。 

via: 反中暴動、2人死亡=台湾の製鉄所など襲撃―ベトナム (時事通信) – Yahoo!ニュース

 

中国外相がベトナムに抗議

時事通信 5月16日(金)0時57分配信

 【北京時事】中国の王毅外相は15日、ベトナムの反中デモで中国人が死傷したことを受け、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相に電話し、強く抗議した。王外相は「ベトナム側の責任は回避できない」と述べ、暴力を阻止し、中国人の生命、財産、安全を守るよう求めた。 

via: 中国外相がベトナムに抗議 (時事通信) – Yahoo!ニュース

 

【ハノイ時事】ベトナム漁業監視隊の幹部は15日までに、南シナ海の西沙(ベトナム名ホアンサ、英語名パラセル)諸島海域に、中国が対空ミサイルを搭載したフリゲート艦を配備したことが確認されたと述べた。ベトナム紙トイチェ(電子版)が報じた。

via: 時事ドットコム:中国がミサイル艦配備=南シナ海

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る