俳優の萩原流行さん バイク事故で死亡 青梅街道で転倒、うつ病などの服薬が関係か?


うつ病で運転はちょっと不味かったのでは・・・・

 

 

俳優の萩原さんが事故死というので、「あれ?最近バイク事故で度々名前見たけど、怪我がひどかったの?」と思ったら、三度目の事故だったようで。

 

しかも、この人はうつ病を患っていたらしく、結構ひどかったみたいだね。

ひょっとしたら周期的にちょっと参ってる時に、人身事故の後処理が物凄くストレスになって、強い薬なんかを服用した状態で、たまらなくなって乗ってしまったのかもしれない。

 

医者じゃないしうつ病を網羅的に知ってるとは言わないけど、あのパニックを起こしやすい状態で運転というのはちょっとまずいんじゃないだろうか。

それと知らずに結構ひどいうつ病のやつの運転に乗ったこともあるけど、10時10分でハンドルを握りしめて硬直する姿を思い浮かべたら、少なくとも自分の命を預けようとは思えない。

 

100回通ってるような高速でも、ICの降り口を間違えたりするようになる感じで、バイクなんか事故起こした時のダメージ考えたら絶対、周りは止めるべきだったんだろう。

 

でも、最後に好きなバイク乗って死ねたのならそれはそれでよかったのかもしれないけどね。

 

直近のバイク事故や、近頃のものらしい写真の表情を見るに、何があったのか萩原さんは大分参ってたんじゃないだろうか。

ドラマに出てきて犯罪を解明したり、味のある一言をサラッとつぶやいたりしていた姿からはうかがい知れない顔つきになっている。

 

気が落ち込んで病気になってしまった人が皆こういう目つきになってたのを思い出すなぁ。

 

最後は大型バイクで、塞ぎこんだ状態から風を感じてリフレッシュしようとしたんだろうか。

春の夜のまだ薄寒い風を感じて、解放されるような気持ちで死んでいったのなら、それはある意味救いだったのかもなぁ。

 

 

俳優の萩原流行さん バイク事故で死亡 青梅街道で転倒、うつ病などの服薬が関係か? geinou

 

夫婦揃ってうつ病ってことは、生活が物凄いストレスだっただろうし、
所属している芸能事務所の人もマネージメントがほんとうに大変だったろうな。
こんなに奥さんが痩せてしまって、かなり重症だったんじゃなかろうか。

 

 

俳優の萩原流行さん バイク事故で死亡 青梅街道で転倒、うつ病などの服薬が関係か? geinou

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

22日夜、東京・杉並区でバイクに乗っていたとみられる男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡し、警視庁は免許証などから俳優の萩原流行さんとみて確認を急いでいます。
22日午後6時ごろ、杉並区高円寺南の青梅街道で男性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡しました。
警視庁は免許証などから俳優の萩原流行さん(62)とみて確認を進めるとともに、そばにバイクが倒れていたことから、バイクに乗っていて転倒したとみて詳しい状況を調べています。

 

via: 俳優の萩原流行さん バイク事故で死亡か NHKニュース

 

直近で繰り返していた事故、異常行動があった可能性

 

俳優の萩原流行(ながれ)さん(61)が車を運転中に歩行者に接触して軽傷を負わせたとして、警視庁が自動車運転死傷処罰法違反(過失運転傷害)などの疑いで3月下旬に書類送検していたことが6日、荻窪署への取材で分かった。

 署によると、萩原さんは東京都杉並区西荻北3丁目で昨年10月25日午後、都内の50代男性に後ろから接触し、約2週間のけがを負わせた疑いがある。現場近くの防犯カメラに当時の様子が映っていたという。

 車はそのまま走り去ったといい、所属事務所は萩原さんが「その時間帯に現場を通ったが、接触した覚えはないし、事故という認識はない」と話したと説明している。

 

via: 萩原流行さんを人身事故の疑いで書類送検 警視庁:朝日新聞デジタル

 

俳優・萩原流行(61)が都内の路上で大型バイクを運転中に転倒し、頭部と右手甲を打撲するけがを負ったことが25日、分かった。

 所属事務所によると、萩原は23日午後、東京・杉並区の自宅近くの路上をバイクで走行中、工事現場の交通整理のために急停車したトラックを避けようとして自ら転倒。路上に頭と右手を打ちつけた。そのまま救急車で都内の病院に搬送。頭部の検査などのために2~3日間、入院する予定だという。

 萩原は2013年1月に、今回の現場付近で乗用車による人身事故を起こし、50代女性に軽傷を負わせていた。所属事務所は「運転に関して、今後は気をつけるように心がけます」とコメントしている。

 

via: 萩原流行、バイクで転倒「今後は気をつける」 : 芸能 : スポーツ報知

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る