おすすめアーカイブ

  1. 書を燃やすものより書を萌やすやつが人を燃やしてる現実

カテゴリー

朝三暮四、インチキ福祉国家日本  癌は税金を払わない国民と金のかかる年寄り  卵と鶏どちらが大切か  いい加減で政治家は八方美人やめるべき

モデル年収は465万2000円となる計算だ。霞ケ関のある省庁の職員は「給与削減で生活は苦しく、カツカツだった。やっと終わってホッとした」と表情を緩ませた。  さらに、給与アップは国家公務員にとどまらない。地方公務員(約231万人)の給与も国家公務員にならってアップする。このため、国と地方を合わせた公務員の人件…

10年もの国債、13年ぶり売買不成立  …

東京債券市場で14日、満期10年の国債(333回債)の売買が成立せずに値がつかず、市場価格をもとに算出される長期金利が決まらなかった。2000年12月以来約13年…

  • 173 view

MADE  IN  …

BMW クリーン・ディーゼル「燃費チャレンジ」で、計1,365.9kmを無給油で走破。パワーと高い環境性能を両立するBMWクリーン・ディーゼルで、東京から福岡まで…

  • 192 view

MRIインターナショナル詐欺事件  提訴…

本職の詐欺師の典型的手口”著名経営者の顧問登用””ネットステマ”MRIからコンサル報酬 中原元金融庁顧問日本銀行審議委員や金融庁顧問を歴任した中原伸之氏(…

  • 527 view

4月9日  小保方女史記者会見 …

STAP細胞の行方を調べたいのか、小保方女史に謝罪させたいのかまずはっきりさせるべき原因解明や科学的正当性の調査にヒステリーも叩きも必要なし捏造うんぬんは生物…

  • 102 view

摘発相次ぐ管理売春  悪いのはスカウトだ…

「お兄ちゃん、寄ってってえ」。年配の女性が客を呼び込む傍らで、座椅子に座った美女が妖艶な笑みを浮かべ、ひらりひらりと手を振った。旧遊郭として知られる大阪市西区の繁華街…

  • 881 view

水泡に帰すアベノミクス  文字通りただの…

4月1日から税率8%に引き上げられる消費税増税は、「三本の矢」による経済再生を最優先課題としてきた安倍晋三首相にとって試練といえる。年末には10%引き上げの判断を…

  • 477 view

線量隠し・作業失敗 不祥事隠蔽相次ぐ  …

大手電力10社とガス4社は28日、5月の電気・ガス料金を発表した。消費増税や、燃料価格が高くなった影響で大幅値上げとなり、全14社が今の料金算定の仕組みを始めた200…

  • 178 view